スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

風林火山

 戦国大戦TCGの話

 戦国大戦TCG、が発売。
 ブースター一弾と、スターター三種。
 とりあえず前言通りに、紅スターターを購入。織田や徳川はあまり好みじゃないし、豊臣もそこまでではないけど、毛利は好きなので消去法で紅に手を出す。
 三国を初期に一緒にプレイしていた友人は蒼を購入。
 基本的にゲームルールは三国と一緒なので、お互いスターターのまま対戦。

 …うん。
 三国TCG同様、相変わらず頭が痛くなるゲームではある。
 とかく中盤での競り合いが超重要、一手間違えるだけで場が瓦解、もしくは立て直せないほどのアドバンテージを取られ、場合によってはこの時点で「詰み」が見えるレベルに押される。
 なので、序盤から中盤までのプレイングに頭を使う。
 …この胃が痛くなるようなゲーム展開が、三国ないし戦国の醍醐味ではあるのだが。
 疲れる。

 三国TCGも好きだったので、面白いっちゃ面白い。
 でも、三国TCGとわざわざ分ける必要性がよく分からない。
 三国TCGとは全く別のゲームシステムであるなら話は別なのだが、何故ほぼ同一のゲームシステムとして売りだしてしまったのか。せめて三国と完全同一で、対戦が出来る、であればね
 純粋なTCGプレイヤからして見れば、対戦も出来ない同じゲームシステムのゲームが二つ存在する、というのはもう理解不能なレベル。普通こんなことやったら一悶着が起こるもんだが…
 そうはならないのは、元々TCGプレイヤを相手にしてない商品だからだろう。
 単純な話、三国志を知らないor好きじゃない、けど戦国時代は好き。
 もしくは、アーケード版戦国大戦が好き。
 そういう人達をピンポイントで狙ったゲームなんだろうな、当然だろうけど。
 …しかし、やっぱりゲームシステムはもっと大胆に変えて欲しかったな。

 色々と思うことはあるけど、とりあえず適当にデッキを強化。
 三国と同様なら、一部のSR以外はお手軽に手に入れられるハズなので、多少変える。
 紅はドローしたり相手を疲弊(タップ)させたり、貫通(トランプル)などの能力に長けるけど、面白いのは日輪ゲージの存在。これには独自性を感じたので、積極的に使いたい。
 一部のカードは使用すると、墓地に置かれず日輪ゲージに置かれる。
 で、この日輪ゲージを消費することで、能力を発揮する武将がいる、という具合。
 日輪というと豊臣なので、基本豊臣家で固まることになってしまうが。
 不用意な疲弊は死を招くゲームバランスなので、ガラシャの能力は嬉しいし、コストは重いが安価で高い武力を出せる蒲生さんも頼もしい。本当はSR豊臣秀吉が欲しいんだけどね。
 三国もそうだけど、SRはやっぱお高いしな、そこまでのめり込むゲームでもないし。

 武田真田、島津伊達とか好きなので参戦したら組みたい。
 二弾は武田上杉らしいんで、早速組むことになりそうだが…
 その辺だと忍者とかも出てくるかな、どんな能力だろう。

 グランブルーファンタジーTCGの話

 グランブルーファンタジーがTCGになるそうですね。
 グラブルはちょっとやっては止めて、気になるコラボとかの時はまたちょっとやって、止めるのを繰り返しする程度には遊んでます。出来は良いけど、結局単純作業だから飽きるよね。
 この間のスレイヤーズコラボは面白かったな。
 ボクの世代にはスレイヤーズは良く効く。

 さて。
 キャラクターの属性やらスキルやら、PTを組んでの戦闘など、確かに元々のゲームがTCGへのローカライズに上手く噛み合っているとは思う。想像しやすいよね。
 まだ詳しいゲームシステムは分からないが、PVでもその片鱗が良く伺える。
 TCGもグラブルも経験済みのプレイヤなら、PVを見れば「ああ、こういう感じか」と分かる。
 それくらい直感的に、グラブルというゲームはTCGにし易い。
 なので純粋に興味もあるし、期待もする。
 ソシャゲTCGだと、今年はミリオンアーサーもあるんだよな…こっちも気になる。
 でも、ソシャゲで人気ではあっても、TCGで人気になれるとは限らない。
 …パズルアンドドラゴンズTCGは先に逝ってしまったよ。
 スカイガレオンTCGはメーカごと逝ってしまったが。

 こういう、TCGへのローカライズがし易いソシャゲ、は今度TCGが進むかもね。
 個人的には、やっぱり千年戦争アイギスをなんとかTCG化して貰いたい。
 コストやレアリティの概念、覚醒や近距離遠距離等、TCGにし易いと思うんだけどな…
 最近はドラマCDも出たし、認知度が高くなればあるいは…って感じかな。
 問題なのはエロゲーってことだけか。

逆転王

 ラクエンロジックの話

 アニメの雑な脚本が癖になる。
 適当なキャラクタの掘り下げと、全く動かないメインストーリー、この酷さがたまらない。
 …やっぱカードゲームアニメはカードゲームしてナンボだな。
 正直らくろじ部の方が面白いもんなぁ。

 ゲームの方。
 体験会で触った段階では、独自性を感じないイマイチなゲームと思ってはいたのですけど。
 改めて製品版をプレイしたら、これが結構面白い。
 特にどうやって門を守るかの戦略と、適度な運要素があるロジック定義が楽しい。
 ただパワーカードで殴るだけでは勝てないし、今までのブシゲーとは異なる形で、素直に頭を使う盤面が多い。そのためか一戦一戦が結構疲れるし、そこそこ時間もかかる…
 とは言え、相変わらずパワー=正義なゲームバランスではあるので。
 現状はちょっと、バランスが悪い気はする。
 そこを補正するためのパラドクスシステムであり、ロジック定義なんだろうけども。

 ガッツリやりたいほどではないけど、そこそこ楽しみたい。
 けど、プレイは結構疲れる…もう歳かしら。
 ラクエンロジックは、個人的にはそんな立ち位置なゲーム。
 玉姫が好きなので玉姫デッキだけでも持っておいてもいいかな、とは思う。しかし玉姫の必須パーツとも言えるR小玲が妙にお高い…金をかけてまでやりたいゲームではないんだよなぁ。
 そんなことよりオルガデッキ組みたいのが本音だが。

 バディファイトの話

 第三期のスターターデッキ三種発売。
 DDD、ということで、ドラゴン、スターD、ダークネスDのドラゴン揃いになっている。
 …てっきり、ドラゴン、デンジャー、ダンジョンのDDDと思って歓喜してたんだけどな…
 これだからTCGのドラゴン信仰は嫌いなんだ。
 でも、三期のダークネスDはLOと聞いてちょっと組みたい。
 LO大好き。
 ただ、やっぱりダークネスドラゴンワールドってクッソダサい名前が気にいらない。

 新ブースターも出てしばらく経ちましたね。
 自分はデンジャー用にスピアドスを入れたくらい、ついでにバディにもしておく。
 メインアタッカーであるグランガデスのソウルを肥やした上に、貫通も付与してくれる素敵モンスター。おかげで決定力が倍増した感じ、サイズ0なのも嬉しい。
 最後の詰め用にデビルガデスも2枚くらい欲しいんだけどね…まだ入れてないや。
 ダンジョンには欲しいカード無かったので、購入したのはこれだけ、寂しい。
 角王はなー、あんまコンセプト的に好きにはなれないんだよなー
 それと、ドラゴンワールドだけ無駄に角王が多いのも気に入らない。
 これだからTCGのドラゴン信仰は嫌いなんだ。

 他。
 今週は戦国大戦TCGが発売されますね。
 すっかり忘れてて、体験会とかまだ行ってないんだけども…基本ルールは三国志大戦と同じらしいから、元三国プレイヤとしては特に問題はないだろう。
 …でも、体験会参加特典欲しいから一度くらいは行っておきたい。
 戦国もスターターくらいは欲しいしねぇ。
 買うなら紅かな、今回収録されてる武将だけで言うなら浅井が好きだけど、織田嫌いな人だから蒼はスルー。あと、多分だが蒼が一番強くなりそうな気するし…
 三国の時、一弾は意図的に魏を強くした、とか言うスタッフが関わってるしな。
 なら、人気のある織田がのいる蒼が強くなるだろう。
 基本、意図的に強くされたカードは嫌い。つまらん。
 …今の三国も魏がブイブイ言ってるんかなー

百万

 ヴァンガードの話

 テクニカルブースターとかいうのが発売されました。
 収録されているクランは、ぬばたま、たちかぜ、スパイクブラザーズの三勢力。
 ヴァンガードというゲームは、明確にメインクラン、サブクランと待遇が異なる勢力が存在しますが、今回はその中でも最近とみに冷遇されているサブクラン筆頭のお三方が待望の強化。
 テクニカルブースター、ということで、少々上級者向けのカードが多めなのが特徴。
 好きな方にはたまらないブースターとも言えよう。

 自分はスパイクブラザーズを組んでいるので、スパイクの一部カードを購入。
 スパイクには、新能力として【突撃】というものが追加。
 効果でRにコールされると突撃状態になり、様々な効果を発揮した上で、バトル終了時に山札の下に帰っていくというもの。Rを空けてくれるのはスパイクとしてはありがたいね。
 で、今回は勿論この突撃を使うこと前提のカードが多いのだけども…
 折角前回のファイターズコレクションでダッドリージェロニモを4枚揃えてたので、突撃はとりあず一旦無視して、ひとまずダッドリーと噛み合うカードを揃えることに。
 …必要なカードがほとんど無ぇ。
 ジェロニモと相性抜群のジェシカさんと、万能なミザリーさん、遂にメカトレ解雇のメルちゃん、突撃用に念のためリリィさん…何か女性ユニットばかりだな。
 ちょっとスパブラで媚び売るのは正直止めて欲しい気はする…が。
 売上を考えると已む無しか。

 十中八九、強い弱いで言うならライジング軸の方が強いのだろう。
 でも、ダッドリー好きなので個人的にはこれで満足。お安く揃えることも出来たしね。
 組んだデッキで対戦してみると、以前よりかは安定している気はする。
 とは言え、相変わらずコストと手札がカツカツなので、よく考えて展開する必要はある。この辺はいつも通りのスパイクと言えるけども。
 しかしアレだよね。
 テクニカルブースターとして一部のクランを対象にしたブースターを別途販売するということは、通常のブースターにはもう収録しない、と言ってるようなもんだよね。
 実際、もうテクニカルブースター二弾も予定されているらしいし。
 サブクランは専用のブースターでサポートして、メインは今まで通りブースターに収録。正直、サブが目の上のたんこぶのように扱われているのは辛い。
 クランを増やし過ぎて扱いきれなくなってるのは、メーカ側の失策なのになぁ。
 ブシのこういうところは嫌いかな。
 バディファイトの方が如実だけれども。

 ラクエンロジックの話

 アニメは割りと楽しんでるので、このままカードの方もちょっと手を出したい。
 …-そんなワケで、改めて体験会に参加しておこうと思い。
 現在、全国各地で開催中の、ラクエンロジック初心者講習会に行ってきた。
 この初心者講習会は、行くだけでPRカード4種類の内2枚を貰うことが出来、さらに体験会に参加するとカードケースまで貰えるという結構太っ腹なもの。
 TCGに興味ない友人を連れて行き、カードだけ大量に貰う…とかそういうことも出来る、PRカード自体にはイラストアドくらいしか無いけれど。
 で。
 都内某所の体験会に行ってみたのだけども。
 体験会開始前で100人近くの列が出来ていた、これは予想外。
 アニメ効果もあるだろうが、ここまで体験会で人が集まるとは思っていなかった。半数がPRカードのみ目当てだとしても、十分な滑り出しだろう。
 …結局。
 体験会は定員オーバーで参加出来ず、PRカードのみ貰ってきた。
 残念、でもある程度注目されてるのが分かったし、少し安心した。
 正直、あのアニメでカードやりたくなるか?と言われると、NOとしか言えないしな…
 いやアニメ自体は結構面白いので満足はしてるんだけどさ。

 最初はスターターだけ買う予定だったが、オルガデッキ組みたいのでブースターも欲しい。
 …というか、ブースターにオルガは入っているのだろうか。
 ブースター発売まであと数日しかないのに、中身の情報全然出てないよね。
 ブシにしちゃ珍しい…TCGで情報を出し渋っても、あんま利点無いと思うんだよな。

 他。
 なんかミリオンアーサーがTCGになるみたいですね。
 告知だけは去年の内にされてたみたいですけど、発売日等具体的な情報が告知。
 メーカはスクエニ、さてどうなるかな。
 ミリオンアーサーは名前しか知らないけども、体験会には行ってみたいかな。

俺的

 新年明けました。
 去年の後半は全く動けなかったので、今年は多少なりとも色々と動きたい。

 ラクエンロジックの話

 アニメが放送開始、当然視聴する。
 一体どこのラノベアニメだよという感じだったが、割りと良く出来てた気がする。
 程々の専門用語、程々の説明セリフに、分かりやすく配置された主人公に他キャラクター。テンプレートな印象はあるが、作画も良好で、極普通にすんなりと見ることが出来た。
 が、普通、良くも悪くも普通。
 出来は良いのだろうけど、特筆すべき部分が全く無いので、面白くはない。
 そこが残念、もっとはっちゃけてもいいのに。
 ただ、俺のロジックが~、等、作品を象徴するセリフは結構耳に残ったので、そういう言い回しや掛け合いの部分で面白さを出していければいいと思う。今のままでは地味過ぎる。
 何にせよ頑張って欲しい、二話も見るよ。

 ラクエンロジックは、本編の前にミニアニメが用意されている。
 内容は本編とは全く関係ない、「実際のTCGであるラクエンロジックを取り扱った、部活系美少女アニメ」の体裁をとったものだ。つまり、普通にTCGで遊んでるアニメ。
 …正直、こっちのノリでやってくれた方が良かった気はする…
 基本的に、TCGアニメはTCGで実際に遊んでて欲しいんだよね。
 販促アニメとしてはそれが正しい姿だと思うんだよなぁ。
 とにかく。
 宣言通りスターターは買います、一度くらいは改めて体験会にも行きたいな。
 PRカードも貰えるって言うしね。
 あと、アニメ効果でどれだけの人が体験会に来るかも見てみたいし。
 …しかしあのアニメでカードやりたいって思うかなぁ。

 バディファイトの話

 新弾が出たのでデンジャーを強化。
 追加されたサイズ3のデュエルドラゴンであるグランガデスが良いですね、正直今までのデンジャーのサイズ3は使いにくかったが、このカードは採用に値する。
 コストは重くライフリンクもあるが、そんなデメリットも気にならないくらいの性能。
 悩みどころは防御力が低いところ、でもソウルガードあるし問題ない。
 神王降臨の儀を使えば、低コストでデッキからコールすることも出来るし万能。
 他には斬魔招来と超力充填をデッキに入れる、何かもう魔法だらけになりそう。
 以前のデンジャーは、優秀なモンスターに、やや使い難い魔法と必殺技、という感じではあったのだけど、今は魔法も使いやすくなったよねぇ。

 新デッキで早速対戦してみたが、中々良い感じになった。
 自分の今までのデッキはデモンゴドル中心のもので、イマイチ安定感が無いのが難点だったが、グランガデスのおかげで勝ち筋が増えて戦略も広がった。ありがたい。
 グランガデスの上にデモンゴドルアークを重ねると、さらに浪漫が広がる。
 …浪漫しか無いと言えばそうだが。
 最近の流行りは、原初の格闘竜デモンゴドルをAMDゲートを使ってひたすらデモンゴドルアークのソウルに入れるというプレイ。二枚でも入れば十分だけども。
 グランガデスと合わせると、上手くいけば11000/8000、反撃持ちのソウルガード6とか面白いモンスターに成長してくれる。楽しい。
 しかし、こんな手間暇かけてる間に、ドラゴンとかスタードラゴンとかは、お手軽に強モンスターをコールしてくるので嫌い。主人公は卑怯だ。
 でも主人公が強くないとカード売れないもんな…
 ロウガさんは子供に人気あるんだろうか。

幕が下がる

 もう年末。
 今年もそろそろ終わり…下半期は色々と忙しなくて何も出来なかったな。
 カード触りたい。

 今年のTCG
 例年通りと言えば例年通り、生まれるTCGもあれば、消えていくTCGもある。
 その中で一際輝きを放ったのは、間違いなく銀鍵のアルカディアトライブだろう。
 発売して三ヶ月、ブースター一弾のみで展開を終了したTCGを、俺は他に知らない。
 …実際、情報が出てから、これは流行らないだろう、とは思ってたけど。
 流行る流行らないの範疇を超えていた。
 でも、大体TCGってある程度先の展開まで見越して発売するものだから、いくら売れない人気がない、とは言っても早々に撤退することは不可能だと思うんだけど…一体何があったのやら。
 あと、多分来年のTCG福袋には、銀鍵のブースターが大量に入ってそう。
 そんなんだったら一度くらいはプレイしてみたい。

 新作だとドレッドノートとFE0が印象深い。
 もう全然触れてないけど、ドレッドは改めてまたプレイしたいんだよなぁ…
 そういえばベルゼブブの魔風が禁止カードになったそうですね。
 …あれをReで撃てるのは確かに強かった、自分も4枚積んでたしね。でも制限通り越していきなり禁止とは、そうとう環境で暴れたんだろうな。特に青との相性がエグかったか。
 FE0
 キャラものTCGとしてはとても良く出来ている、カジュアルなバランスも良い。
 FE好きなら十分楽しめるだろう、TCG初心者にも優しいシステムだしね。
 覚醒好きなので、四段が出たらデッキ強化したい。
 早く俺のミリエルのCCカード出してくれ。

 来年のTCG
 アニメも始まるラクエンロジックはやはり気になる。
 しかし体験会で実際にプレイしたが、正直ゲームとしてはやや微妙。
 あとはアニメの魅力次第、アニメが面白かったら少なくともスターターは買います。
 戦国大戦TCGも気になる。
 三国TCGも初期はやっていたので、入りやすいというのもある。アーケードの戦国は全く知らないが、戦国時代自体は好きなので、お気に入りの武将で戦ってみたい。
 基本的に武田と島津が好きです。

 今年のアニメ
 これが面白かった、というのは少なかった印象。
 最後まで楽しんだのは、響けユーフォニアムとワンパンマンくらいかしらねー
 原作からのファンだったうしおととらのアニメは今のところ満足、勿論原作の話をカットしまくっている部分は残念だが、ノーカットは流石に無理と言うものだろう。
 映画だと、とにかく劇場版ラブライブ。
 あれ、初期から好きだった人じゃないと楽しめないんじゃないかな…アニメ版から入ったご新規さんには、物足りないものだったかもしれないとは思う。
 あと、心が叫びたがってるんだも面白かったな、凄い地味だったけど。
 BORUTOも良かった…次世代ものとしてはホント教科書的な良さだったね。

 そんな2015、アニメとTCGしか無いんかいという話だが。
 来年は…もう少しちゃんとカードに触れたいな。
 早々にバディファイトの新弾と、ヴァンガのテクニカルブースターが出るしな。
 それに、また新作TCGも生まれるだろうし、それも楽しみだ。
 またコロッサスオーダーみたいなピーキーなTCG出ないかな、売れないだろうけど。
 売れないだろうけど。

 そして年は暮れてゆく。
 年末年始は実家に帰ってゆっくりします、例年通りですが。
 それでは良いお年を。
プロフィール

波多緒理樹

Author:波多緒理樹
アニメ見たりゲームやったり
同人描いたり酒飲んだりする
どこにでもいるような人間

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。