スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

双闘

 TCGの話

 再び久しぶりに。
 新作TCGラッシュが続いた数年前と比べて、ここ一、二年は穏やかなものだとやや寂しくもあった今日このごろですが、そんな中で生まれてくる新作にはより興味を惹かれるワケです。
 そこで今回気になったのは。

  170605-01.jpg

 つい先日発売された「レギオンズ!」
 自分のアンテナが随分低くなったせいもあるんですけど、これ本当につい最近新作TCGとして出るよ、って知った程度だったんですけど、その時すでに発売日まで目と鼻の先。
 …新作発表→発売まで時間空きすぎてヤキモキする、ってのは多かったですけど。
 新作発表→製品版即発売、ってのもこれはこれちょっと驚きますね。
 上述したように、単に自分が情報集めて無かっただけ、ではあるんだけどね。

 で、このレギオンズ。
 開発、発売はFLIPFLOPs/デュオグローブとなっていて。
 ハートオブクラウンで有名なグループが制作しており、多分扱い的にはインディーズみたいなものなんじゃないだろうか、流通も限定されているみたいだしね。
 とは言え作りはしっかりしており、所謂同人ゲームっぽさは無い。
 パッケージにしろ、参加イラストレータにしろ、他TCGに引けは取らないだろう。
 今回手に取ったのは、一弾ブースターに先駆けて発売されたスターターセットである。
 2つのミニデッキが収録されており、これ一つで対戦できる優れもの。
 早速、ルールシートとにらめっこして何度か対戦してみた。

 プレイしてみると結構独特で面白い。
 基本的には、ここ数年流行りの、プレイヤーカード有りの3ライン対面タイプ。
 プレイヤーカードには二つの属性とジョブが割り当てられており、その属性のカードしか使えず(つまり、二色の混色までしかデッキは組めない)、ジョブ専用のカードもある感じ。
 コストはバトスピみたいなコアの概念があり、カードの種類によっては、それこそバトスピのように維持コストとしてカードの上にコアを置くことが要求される。
 で、ミニオンと呼ばれるクリーチャーで殴り合うのが基本のゲームスタイルになる。
 ミニオンには固有のスキルとATK/HPが割り当てられており、バトル時にはHPにそれぞれのATK分のダメージを与え合うタイプ。HPが0になると、ブレイクしてしまう。
 そして、ここからがこのレギオンズ最大の特徴なのだが…
 ブレイクしたカードは墓地…(このゲームにはそもそも墓地が存在せず、所謂墓地行きは除外扱いになる)…にはいかず、カード毎に割り当てられた、タイムラインゾーンに置かれる。
 タイムラインに置かれたカードは、1~4までのウェイトを持ち、エンドフェイズ時にこのウェイトが1つずつ減らされていく。そしてカードのウェイトが0になると…
 スタンバイゾーンという場に置かれ、この状態のカードはノーコストで使用することが出来る。
 スタンバイゾーンに置けるカードは一度に二枚だけだが、こうして一度使ったカードの再利用が行えるため、強力、使い勝手の良いカードをバンバン使用出来る。
 手札の減りも少ないし、非公開領域である手札、それからタイムライン上にあるカードを考えながら戦略を練っていくのが楽しい。
 それは相手も同じで、相手のタイムラインにあるカードを想定しながら戦う必要がある。
 このタイムライン、がレギオンズ一番の個性じゃないかな。

 他にもプレイヤーカードの覚醒や、覚醒状態でないと使うことの出来ないロード/アーツカードなんてのもあるけど、この辺はよくあるシステムなので割愛。
 とにかくタイムラインを踏まえた上での対戦が楽しい、最初パッと見複雑そうと思ったけども、実際にやってみるとそこまで手間でもなかったので。
 ただ、その分タイムラインに干渉する能力が強く感じるかな。
 特に相手のタイムライン上にあるカードのウェイトを延長する能力、単純に相手の戦略予定を狂わせてしまうのだから、これはたまらない。
 そうやってガンガン攻められて負けたり勝ったりする場面が多かった気がする。
 あとは単純に火力が正義な印象、スタックの概念がないので、純粋に火力を叩き込めるスペル(ソーサリーみたいなの)でミニオン焼かれると結構厳しい。
 この辺のバランスは、ブースターが出たら変わるのかな?
 割りと面白かったので、ブースターにも手を出すかちょっと悩む。
 近くで大会なりやってくれてるといいんだけどなー
 こういう運営のサポート、まで考えちゃうとやっぱり大手企業の方が安心感はある。そういう側面で言うなら、ブシロードとか凄い信頼してるしね、自分は。

 他。
 魔法少女ザデュエルは俺の大好きだったFOWが帰ってきた、って感じはある。
 こちらの商品展開はまだしばらく先だが、先日行われた発表会で早速何かエライことになってる噂を聞いた。うーん、それでこそFOWと言ったところだ。
 ドミネイターの方は素直に期待してるけど、魔法少女はどうなるかね。
 素直に美少女TCGにしておけばよかったのに。
 なんでこうズレてるのかな。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

波多緒理樹

Author:波多緒理樹
アニメ見たりゲームやったり
同人描いたり酒飲んだりする
どこにでもいるような人間

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。