スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

星を追う子ども

 星を追う子ども
 監督/新海誠

 見てきた。
 新海誠監督四年ぶりの新作である。
 前作の秒速5センチメートルは女性的な感性を覚えて好きではなかったのだが、基本的に新海監督の作品は好き。特に彼女と彼女の猫がお気に入り。
 そんなワケで。
 純粋に期待して見ることにする。

 山村で暮らす中学生・アスナ。
 彼女は父親の形見の鉱石ラジオを、秘密の場所で聞くのを楽しみにしていた。
 そんなある日、彼女は見たことのない化物に襲われ、シュンという少年に助けられる。少年との再開を楽しみにするアスナだが、その後少年の遺体の発見の報を聞く…
 その折、新任の教師から死者を蘇らせる地下世界・アガルタの存在を聞き、様々な切欠からアスナはアガルタを目指すことになる。

 というお話。
 今回注目したいところは、主人公が少女であることだろう。
 今までの新海作品では、基本主人公は少年である。
 その少年のナイーブな内面や、鬱屈としたモノローグと共に描かれる、夕焼けや教室、踏切などの美しい描写が、幻想的且つ憧憬的な演出として機能するのが魅力である。
 そして、従来と少し違うメインビジュアル。
 言ってしまえば、ジブリ的というか。
 今までも癖のないキャラクタデザインではあったものの、今回はデザイン、それからトレーラーの段階からジブリ的なものを感じた。良くも悪くも、一般向けを意識したような。
 それだけが不安だったのだが…

 結論として、正直あんま面白くなかったです。
 物語からは、王道のジュブナイル的なものを期待していたのですが…
 そういう少年少女向けの話としては、盛り上がりどころも特に無く、映像的な派手さも、この物語でしか味わえないような特別なもの、を感じることは出来なかった。
 それは俺がいい歳したオッサンだからだろうか…
 それでも、かつての少年時代に思いを馳せる様な内容でもなかった。
 作中における大人の視点である、新任教師・森崎も、少女の視点から見た物語上の舞台装置にしか思えなかった。共感という点では、あまりにも希薄過ぎる。
 物語は、ちゃんとまとまってはいる。
 でも、全体的に小奇麗過ぎて、地味な印象しか残らなかった。
 物語としても、映像としても、演出としても。
 どれも、自分の期待してるものとは違ったものが出てきてしまったようだ。

 兎にも角にも。
 新海作品を期待して見に行ったら、ジブリの成り損ないが出てきた。
 これに尽きる。
 今までの自分の作風とは違うモノを作りたいという気持ちも、一般向けを狙おうという意図も分かるのだが、それで持ち味を殺してしまっては全く意味が無いだろう。
 おかげで、物凄い薄味、それでいて特別を感じない。
 何せ、新海作品で良いところ、好きなところのほとんどを封じられて作られている作品なのだ、この星を追う子どもというものは。一体どこで楽しめは良いのだろうか。
 あまり好きではない秒速だって。
 見た後には、ああ、新海作品を見たなぁ、という充実感はあった。
 だが、今回はそれすらもない。
 相変わらず背景は物凄い綺麗だが、目まぐるしく切り替わるカット割も、延々と続くモノローグも、思春期の少年少女を斜めに捉えたような言動も何も無い。
 アスナは主人公としては良い娘だが。
 物語の地味さもあって、決して面白みのある娘ではなかった。これで物語にも力があるのなら、このキャラクタ造形でいいと思うのだが…いかんせんパッとしない。
 新海作品の主人公にしては、癖が無さ過ぎる。
 キャラクタも、物語も確かに分かりやすいし、見ていて疲れる部分も無かったし、本当に小奇麗でよくまとまっている作品ではあるんだけれどもね。
 それだけだった。
 うん、本当にそれだけ。

 で。
 新海作品を期待した俺には非常に不満な作品でした。
 けど、一般向けをあえて狙った実験作的なものは感じたので、実際に見た一般客、それから少年少女達の評価によって作品の価値は大きく変わるかもしれない。
 本作が、新しい新海作品の幕開けとなるのだろうか。
 確かに、全体的な出来は良いんだけども…
 うーん…と唸らざるを得ない。
 ラーメンを頼んだらカレーが出てきたというか。
 いやね、不味くはないんですよ、でもコレじゃないんですよ。
 そんな映画でしたとさ。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

波多緒理樹

Author:波多緒理樹
アニメ見たりゲームやったり
同人描いたり酒飲んだりする
どこにでもいるような人間

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。