スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

キズナクロニクル

 ファイアーエムブレム0話

 ゲームルール他、体験会と、公認大会の情報が出ましたね。
 …ちょっと遅い気もしますが。

 ゲームルールは、以前簡易的に公開されていたものと大体同じ。
 でも、サイファではコストになる絆エリアのカードの使い方がようやく理解できた。
 このゲーム、ユニットを場に出すコストとして、絆カードをタップなりして「コストを支払う」、という行為をしないみたいですね。これはちょっと珍しいかも。
 絆エリアにあるカードの枚数分だけ、1ターンにユニットの出撃コスト分出せる。
 …ということらしい。
 なので、絆エリアのカードで出撃コストを支払うというよりは、毎ターン出撃出来るユニットの総コストを一枚づつ増やせる。という解釈の方が分かりやすいだろう。
 ただ、明確にコストを支払う行為、をしないので…
 ちょっと出撃コストを誤魔化したりするイカサマも出来そうな気もしないワケでもない。
 で。
 この絆カードは裏返すことで、リバースコストとして支払うことが可能。
 ユニットのスキル等で、特殊なコストとして支払う。
 これにより裏返った絆カードも、ユニットの総出撃コストに含まれるみたいだが、ユニットを出撃させるには、同じ色の絆カードが1枚以上は無いといけないので注意したい。
 単色なら一枚でも表側ならいい、な解釈で良さそうね。

 大体どんなゲームかは理解しました、あまり癖のないシンプルなゲームっぽいですね。
 しかし、所謂召喚酔い無し、指定攻撃有りと、スピーディな展開になりそうなのは良い感じ。
 そして支援攻撃というある程度の運要素や、必殺攻撃、神速回避などの駆け引きも面白そう。
 これでバランスさえとれていれば、キャラゲーとしては十分楽しめるんじゃないかしら。
 …というのが今のところの印象ですが。
 実際にやってみないと何とも言えないわよね。

 体験会と公認大会。
 体験会はそこそこの地域で開いてくれるみたいですが、それでも少ない…
 ちょっと寂しい。
 参加賞としてPRカードも貰えるのですけど、これ4枚集めるのすら困難そうだ。
 公認大会。
 現在6月分の情報しかないけれど、やはり開催店が少ない…分かってはいた事だけども。
 そして公認大会も参加賞のPRカードがあるのだけど、これがプロモパックタイプなのよね。
 PRカード全6種の内、2枚が入ったパックを参加者全員に1パック。優勝者には追加でもう1パック、優勝以外の最後まで大会に参加した参加者の中からもう1パック。という配布形態。
 この全6種、というのが厳しいなぁ。
 結構な数があるのに、大会を開いてくれている店は少ないという地獄。
 1パックにランダムで2枚入ってる、のは結構嬉しいけど、集めるのは大変そうね。

 …パープル・トラピージストの嫌な思い出が蘇る。

 多分配布期間は3ヶ月くらいあると思うけど、その間に大会開催店が増えるとええな。
 ハンデスデッキ組みたいからPRサーリャは是非4枚欲しい。
 取扱店も公開されてますが、これもまた少なめ。
 仮にも任天堂系列なので、ゲームショップ等でも扱ってくれると思ってたんだけどなぁ。
 大会やシングルは扱わなくても、パックは置いてくれるゲームが多い近所のショップですら取扱店に入ってないや…これは、手に入れるだけども苦労しそうだ。
 まるでドラクエカードゲームみたいだな。

 そんなファイアーエムブレムサイファ。
 FEファンの視点ではなく、TCGプレイヤの視点で言うと、全く売る気無いよねコレ。
 一体どういう経緯で生まれたのやら…
 FEファン向けにしたって、新作のファイアーエムブレムifと同時発売というのがよく分からない。そうなったら、TCGじゃなくてゲームの方やるでしょファンなら。
 ifにはPRカードを付けるだけで、サイファの発売はズラすべきだったんじゃないかなぁ。
 その辺には色々な意図があるんでしょうけど。
 とりあえずスターターは買います、本腰入れるつもりは毛頭ないが。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

波多緒理樹

Author:波多緒理樹
アニメ見たりゲームやったり
同人描いたり酒飲んだりする
どこにでもいるような人間

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。