スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

夜の傀儡

 ドレッドノート話

 いよいよ本日発売。
 各地で、恐れ知らず共が動き出す時が来たようです。
 さて。

  150528-01.jpg

 自分が買ってきたのは、スターター一つとパック三つ。
 出来ればシングルで揃えたかったのだけど、残念ながら行きつけのショップはシングル展開をしないそうで…商品の取り扱いと、大会開いてくれるだけでもありがたいけどさ。
 なので、黒青デッキのパーツもいくつかある、青のスターターを購入。
 これで、一応は大会に出れるぞ。
 スターターのままだけどな。

  150528-02.jpg

 パックからはパラレルのゲルダちゃんが出てくれました。
 元々ダミーデッキ組む予定だったのでありがたいね、もう運命だね。
 3パックという数は、確率上一応SRかパラレルが100%出る、ということで試しに買ってみたのだけど、割りと当たりだったかな。でも、SRは出ませんでした、残念。
 他、キャスターカードとしてシャンティちゃんも引く。
 ただ、今のところ黄色に興味は無いんだよなぁ、リツコさん以外。

 現物に触れてみた感想。
 ホロ加工されているのがパラレルのみ、というのは非常に寂しい。
 パック単価高いんだから、R以上はホロ加工くらいして貰いたいもんだ。
 ただ、高年齢層向けのカードゲームだと、加工でキラキラしてあるカードは如何にも玩具っぽい、子供っぽいということで嫌うユーザも一定以上いるとかいないとか、そんな話も聞く。
 個人的には、高いレアリティのカードというのが一目で分かるから、好きなんだけどな。
 で。
 ドレッドノートのホロ加工は、キャスターとSRのカード、それからスターターの一部のカードに施されていて、所謂「全てのカードにパラレルがある」というタイプではない。
 加工は大人しめだが、結構格好いい。
 高級感のある上品な光具合なので、欲しい人は欲しがるかもな、と思う。
 だからこそ、R以上は光らせて欲しかったわ。
 紙質について。
 危惧していたのは、モンスターコレクションと同じ紙質であるかどうか。
 モンコレはTCG初期のゲームなので、物凄い紙質が悪い、もうぺらっぺら。
 とは言え、MTGもそうなんだけど、この頃は特に紙質にこだわる必要も無い時代だったので、今更MTGやモンコレに紙質が云々って言うのはお門違い。
 でも、当然それはTCG黎明期の話。
 今この時代に、新作のTCGとしてモンコレと同じ紙質で出すのはまずありえない。
 ありえない…けど、可能性は0ではないので凄く気になってた。

 そんでもって、ドレッドノートの紙質ですが。
 少なくとも、比べてみてモンスターコレクションよりは随分マシ、な感じ。
 …だけど、あくまでもマシ、って程度な印象。
 結構ペラいです、これは物凄いガッカリだなぁ…
 自分はTCGから長いこと離れて、ヴァンガードで復帰しました。その後、新作TCGとあれば、実際にやるかはともかく、体験会の参加やスターターの購入などをやってきましたけど…
 その中で最も安っぽいかもしれません、これ。
 上述したように加工はスゲェ格好いいんですけど、この紙の薄っぺらさが情けない。
 同じような価格帯で、もっと紙質がしっかりしているTCGなんていくらでもあるのに、何で同じことが出来ないのか、というのがとても気になる。
 勿論、同じである必要もないんだけどね。
 紙質の差、がゲームとしての決定的な差でも無いしな。
 ただ、他のゲームのカードと比べて安っぽいのが残念だった、という話。

 そんなドレッドノート。
 今週末?から公認大会も始まり、展開も本格化していきます。
 勿論自分も参加予定、ただし青スターターそのままだけどな。
 ダミーデッキ組めるのはいつ頃になるかのぅ。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

波多緒理樹

Author:波多緒理樹
アニメ見たりゲームやったり
同人描いたり酒飲んだりする
どこにでもいるような人間

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。