スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

北へ

 ドレッドノート話

 いよいよ明日からティーチングツアーが開始。
 体験会の先陣を切るのは北海道のショップ、流石に北海道には行けねぇな。
 本製品発売までは急ぐ必要もないので、近所での開催を素直に待つことにしますか。

 さて。
 それと同時に、公式サイトが色々と更新。
 体験会で配布されるものと同じフリーペーパーのデータと、ルールブック、簡易ルールのクイックリファレンスなど、実際にゲームを遊ぶ上で必要なものが公開されている。
 これで、体験会に参加できなくても、ドレッドノートに触れることが可能。
 …でも、印刷とカットが面倒臭いんで実際に遊ぶのは体験会を待ちたい。
 とにかく早く遊びたいという方はどうぞいう感じだ。

 それでもルールには目を通しておく。
 うん。
 思っていた通り、物凄くややこしいゲームだなコレは。
 とにかく直感で分かりにくいというのが辛い、それだけ特徴的と言えばそうだけども。
 カード一枚一枚の情報にしろ、ゲームとして選択肢が多いってのは、それだけ複雑で高度な対戦が出来るってことで、公式が目指してる本格派、ガチTCGとしては正しいとも思うが。
 既存のライトTCGに満足出来なくなったユーザ向け、ということなので。
 やや新規層にはハードル高め、そもそもTCG初心者はガン無視。
 …なゲームデザインは意図されたものだろう。
 いやホント、こう考えるとかなり攻めてるゲームだな大丈夫か。
 TCGは売れてナンボだぞ。

 カードの方。
 公開されているフリーカードは、右下に記してあるナンバーを見る限り、スターターとブースターに収録されているものが混ぜ込まれているものだろう。
 STはスターター、C/Uなんかは恐らくコモンアンコモンのことだろうし。
 中身は基本的なバニラと、赤青それぞれ分かりやすい火力と強化能力でまとめてある感じ。
 それに加えて、無色のコードカードがいくつか。
 無色のカードはキャスターのクラスタを問わず使用することの出来るカードということで、かなり汎用性の高い能力が割り振られている印象。その代わり、コスト重めってところか。
 多分、それぞれのカテゴリに対応したコストの軽いカードも出るんだろうけど。
 
 そんなドレッドノート。
 不安はあるものの純粋に楽しみではありますね、早く体験会行きたい。
 特製カードローダーも結構格好良かったしな。
 ところでセガの新作TCGってのはまだ発表されないのん?

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

波多緒理樹

Author:波多緒理樹
アニメ見たりゲームやったり
同人描いたり酒飲んだりする
どこにでもいるような人間

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。