スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

一人遊び

 ヴァンガード・バディファイト 遊び方教室&プレゼントツアー

 只今全国各地で開催中。
 五年目に突入し、新シリーズになったヴァンガードは改めて新規層を獲得するため、二年目のバディファイトは、勢いを盤石にするための意味もあるんだろう。
 このタイミングで、それぞれの体験会なんかをやっている。
 その上、体験会に参加せず開催店に訪れるだけで、特製デッキケースと、ヴァンガードかバディファイトのPRカードを1枚貰えるという特典もついている。
 既存プレイヤも、カード目当てで行ってみるがよろし。

 …問題は、基本的に開催が平日夕方とか、学生以外には厳しい時間帯ということくらいか。
 何とか二回訪れることが出来、目当てのPRカードも二枚入手。
 当然、貰うのはバディファイトの方である。

 貰えるPRカードは、RDドラグショーベル
 ヒーローワールドのカードで、コールコストに1ゲージ支払う必要はあるものの、相手のサイズ2以下のモンスターを登場時に破壊することが出来る。色々と便利な能力。
 サイズ無視して破壊出来る点では、デッカードラムの方が汎用性が高いんだけどね。
 コスト面ではドラグショーベルの方が優っているので、どっちが強い弱いではないかな。
 ただ、今のところヒーローワールドには打撃力が高いサイズ2がせいぜいクロスバスターくらいなので、相手が高防御力のサイズ3モンスター出してくると、結構厳しい場面がある。
 どうしても連携攻撃をしないといけないしね…
 そうなると、デッカードラムの方が使いやすさはあると思う。
 高コストでもいいから、搭乗出来るサイズ3があればいいんだが…
 Uカードバーンの立場が無くなるけどな。

 ドレッドノート話

 毎日更新のカードプレビューが楽しいですね。
 ここ数日は青のカードが公開。
 青の女主人公のお嬢様が好みなタイプなので心が揺れる、基本バーン好きなので赤スターターを二個買いして赤メインで組もうと思ってたのに…これは青の流れか。
 金髪高飛車お嬢様には弱い、おまけに語尾が「~ですわ」ならディ・モールトベネ。
 メインユニットのアテナも、名前の割りに脳筋なところもいい。
 力こそがパワーって感じですね、青は。
 他TCGのイメージとは正反対だ。
 あと、やはりというか「後攻の時にパンプする」能力を持つカードが出てきたね。
 ということは、先攻/後攻時に能力が発動するカードがあるということなので、スピード値で意図的に先攻後攻を操作するデッキが出てくるということにもなる。
 でも、今回公開された後攻能力持ちのスピードは、B++なんだよねぇ。
 半端に早いじゃねぇか、噛み合ってないよ。
 せめてスピード値がCクラスじゃないと、後攻デッキは組めなさそうだねぇ。
 ただスピードは全部で9段階もあるので、完全に先攻か後攻を狙うデッキは、カードプールが相当充実しないと無理な気もする。面倒臭いパラメータだなおい。
 しかしこのスピード値はドレッドノートの個性の一つでもあるので…
 色々と活かした能力や戦略が出来ればいい、とは思う。

 あとモナカさん可愛いよね。
 お嬢様も好きだけど、眼鏡はこの世のあらゆる真理よりも優先される。
 世間には裸眼狂信者共が多いようですが。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

波多緒理樹

Author:波多緒理樹
アニメ見たりゲームやったり
同人描いたり酒飲んだりする
どこにでもいるような人間

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。