スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

御岳山へゆく

 丁度先週のこと、また山に登ってきた。
 さて今回登る山は。

  141019-01.jpg

 東京は奥多摩にある、御岳山であります。
 そろそろ紅葉の季節なので、個人的に行ってみたいなと思っていたのだけども、流れで友人達と行くことに。難易度も低いので、普段山など登らない人達と行くにも丁度いい場所だ。
 通常は青梅線御嶽駅からバスで登山口に行くのだが、今回は車を出すことが出来たので、車で直接登山口近くにある駐車場まで行ってしまうことにする。
 やはり季節柄、そして台風前だけあってか、登山客がエライ多い。
 駐車場も御多分にもれず、一番登山口に近いものは満車になっていたようだ。

  141019-02.jpg

 御岳山にはケーブルカーが設置されており、ほぼ頂上までこれで行ける。
 ケーブルカー滝本駅、登りはこれを使う。

  141019-03.jpg

 ケーブルカーホーム内、傾斜がエライことになってる気はする。
 乗車時間は約6分程で、御岳山駅に到着。
 この辺一帯には、土産物屋やら宿泊施設やらが立ち並び、普通に住宅街な印象を受ける程度には栄えてるような。あまり山に登ってきた、という感じは受けない。
 …実際、足で登ってきたわけではないのだが。

  141019-04.jpg

 しばらく先に進むと、武蔵御嶽神社が社を構える。
 どうやら犬の神様を祀っているらしい、所々に犬関連の看板を見る。
 で、一応ここが御岳山の山頂、になるとのこと。

 さて。
 一緒に来た友人達は、これで御岳山登山完了、と思っていたようだが。
 今回の目当ては、この先にある御岳山ロックガーデンである。
 …流石に、ケーブルカー使って神社お参りして終わり、なんてことはないだろう。

 御岳山ロックガーデン。
 渓流のある森林地帯、という如何にもなイメージを、そのまんま落とし込んだような素敵フィールドである。登山というより、景色を楽しむトレッキングという感じ。
 紅葉はどうかな、と思っていたけど、薄っすらと色づいてる程度だったのは残念か。
 あと一週間くらい待てばよかったかな。

  141019-05.jpg

 山道の途中にある天狗岩。
 崖の縁に盛られたデカイ岩、である。鎖場になっていて、上がることも出来る。
 こういう鎖場のことも考えて、今度からは手袋も用意しておいた方がいいな。

  141019-06.jpg

 綾広の滝、小ぶりながら結構迫力ある。
 なんでも一昔前は修行にも使われてたらしい、山岳信仰の山だしねここ。

 あまり写真を撮らなかったので、使えそうなのがこれくらいしかない。
 全体的にロケーションが素晴らしい場所だったのだけど、上手く伝わらないなこれは。
 渓流の中にゴツゴツとした岩場が続き、山というよりは深い森を散策している感じで、それこそRPGのダンジョンみたいなのを冒険している雰囲気すらあった。
 世代的なイメージで言うと、聖剣伝説2のパッケージみたいな感じ。
 如何にもな登山、ではなく高低差も殆ど無く、歩きやすい平坦な道を進むので、普段運動をしないような人でも大した苦もなく景色が楽しめるんじゃないかしらね。
 ケーブルカーもあるし、交通の便もいい。
 各所で関東圏内の日帰り登山、としてオススメされているのも頷ける場所である。

 帰りはケーブルカーを使わずに、足で下山。
 登山口からは、一部の専用車のみが通ることの出来る車道が伸びていて、登山者はここを使うことが出来る。頂上付近まで車道があるってのも凄いな。
 …それはそれでいいのだが。
 ケーブルカー乗る時も思ったけど、傾斜がキツイ。これは、車道も同じのようで。
 下る時、膝にエライ負荷がかかる。
 さらに、車道ってことで舗装もされているので、これがかなり辛い。
 正直、この下りが一番ハードだった…

 下山後は、近くにある温泉施設で汗を流してサッパリ。
 こういう時、車があると便利よね。ドライバーは辛いが。
 さて。
 何やら友人達が次はもっと登り甲斐のある場所をとヤル気上昇しているので、今度機会がある時は武甲山辺りにでも行こうと思う。
 …というか、日帰りで行きやすい山自体があんまり無いのよね…
 そろそろテント泊も考えるか。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

波多緒理樹

Author:波多緒理樹
アニメ見たりゲームやったり
同人描いたり酒飲んだりする
どこにでもいるような人間

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。