劇場版CFヴァンガード

 劇場版 カードファイト!!ヴァンガード ネオンメサイア/3つのゲーム
 監督/板垣伸/元木隆史

 見てきた、公開初日に。
 その名の通り、カードファイトヴァンガードの劇場版だが、このご時世にホビーアニメとして、カードゲーム作品として映画化するのは割りと凄いかもしれない。あんま前例がないよね。
 映画自体は二部構成になっており、それぞれアニメと実写作品として上映される。
 アニメ版のネオンメサイア。
 実写版の3つのゲーム。
 上映順としては3つのゲーム→ネオンメサイアになる、上映時間は実写版の方がやや短め。
 …確かに、これで実写版の方が上映時間長かったら辛いと言えば辛いかもしれない。

 【3つのゲーム】

 以前にTV特番として放映された、実写ドラマ版をベースにした続編?である。
 ドラマ版同様、主演をヴァンガードイメージキャラクターとして活躍しているDAIGOが担当し、一部の登場人物とキャストがそのまま引き継いで登場している。
 …とは言え、ほぼ関連性はなく、作品の方向性も割りと異なる。

 個人的には、「まぁこんなもんだろう」といった印象。
 思っていたよりかは悪くはないけども、少なくとも劇場で上映するような実写映画のレベルでは全く無い。評価出来るのは、TCGの実写ドラマ、という前例の無さくらいである。
 とにかく全体に漂う安っぽさが辛い、深夜ドラマの方が金かかってるんじゃないだろうか。

 しかし、その作りのチープさや、大雑把な脚本、主演を含めた本来役者ではない出演者の奇妙な演技など、最初から分かっていれば十分楽しめる内容に出来上がってると思う。
 この映画は、純粋な実写映画ではなく。
 あくまで、ヴァンガードを題材にした実写版、ということを理解して欲しい。
 そうして見れば、ヴァンガードというコンテンツそのものを上手く表現しているドラマだということが分かるし、ファンであるなら尚更盛り上がるはずだ。
 特に主演のDAIGOが良い、演技は決して良くないが、ヴァンガードのDAIGOとしては完璧である。ヴァンガードにおけるDAIGOである説得力と、存在感は流石と言っていい。
 脇役としてヴァンガードやブシロードゆかりの人物を配役しているのも良い。
 全体的なチープさも、むしろ画として派手であったり、リアルであったりすると、カードゲームである魅力が薄れてしまう可能性があるので、逆に正しいのかもしれない。
 その代わり、登場人物達を濃い目に演出することで、バランスをとっている印象。
 上映中は笑いも上がり、割りと好評だった模様。

 そんなワケで。
 ヴァンガードをよく分かってるユーザが見るなら十分楽しめる作品。
 ただし、純粋な映画としてはハッキリ言って見てられない…が、果たして、普通の実写映画として見に行く人がいるのか?となるとまずありえないのも事実である。
 こういう、ホビーの実写ドラマとか増えてもいいかな、とも思う。

 【ネオンメサイア】

 こちらはアニメ版の劇場版になる。
 時系列としては、登場人物などを見る限り、恐らく現在TV放映中のレギオンメイト編終了後だと思われる。そうでないと、少々おかしな感じになるので。
 そして制作スタジオや監督はTVとは異なり、ほぼ全く違うスタッフの手によるもの。
 これだけで正直期待は高まる、TV版はお世辞にも良い出来とは言えないしね。

 個人的には十分満足出来る内容、中々楽しかった。
 自分はTVアニメの劇場版となると、劇場版らしい特別感を作品に求めるのだけども、それに関してはもう言うことなしくらいの充実っぷり。
 ヴァンガードは、TVシリーズだけで四期もある長期シリーズなのだけど。
 このネオンメサイアは、タクトによって世界中から強いヴァンガードファイターが16名集められ、トーナメントバトルが開催される、という流れで始まる。
 これこれ、コレですよ。
 過去シリーズ含めた登場キャラクタから、人気/強いキャラが集められて、トーナメントバトルする…実に劇場版らしい展開じゃないですか。
 さらに、劇場版キーキャラクターとして、コミックス版にのみ登場している伊吹コウジが初登場。これもファンとしては嬉しい要素の一つだ。
 この、過去キャラ総登場。
 アニメ版以外でのメディアのキャラクタの参戦。
 それから、劇場用の新しいカードの無双っぷり。
 これらが、ホビーアニメの劇場版、として実に正統派なのが大変よろしい。

 そして、最大の特徴としては作画の向上がある。
 人物はともかく、棒立ちのユニットが謎ビームによって棒立ちのまま倒されるというバトル描写が目立つTV版は、とにかく作画に金がかかってないのが分かる。
 が、この劇場版は予算が増えたのか、もうユニットが動く動く。
 それはもう動き過ぎて何やってるか分からないくらい動くし、動き過ぎてむしろゲップが出てしまうくらい動く。TVで動かない分、ここぞとばかりに動く。
 やや過剰なところもあるが、やっと動くユニット達が見れた、という意味では大変貴重な劇場版。最初からこれくらいやってくれればなぁ…TVもな…
 脚本の方。
 上記した通り、基本はトーナメントを主軸に展開するが、その影でコウジが暗躍し、タクトのトーナメント開催の真の意図とは…と絡んでいく。
 そこまで複雑ではなく、その上で緊張感のある仰々しさもあり、この辺も劇場版として上手くひとまとまりしているんじゃないかと思う。

 悪い点。
 上記したように、作画に力入っててユニットがバトル時も凄い動くのはいいんだけど、後半になると過剰っぷりが目立って少々胃もたれしそう。
 他、バトル描写はいいが、実際のカードバトル描写はかなりおざなり。
 どういう効果で、どういうことが起きているのか、誰が誰を攻撃したのか、そういったカードゲームとしてのバトル描写はむしろTV版よりも酷いかも。
 アニメ要らない、カードゲームの情報が欲しい、って人には厳しいね。

 そんな2つの映画が同時に楽しめる、ヴァンガード劇場版。
 ヴァンガードが好きなら見に行っても良いんじゃないだろうか、上映館がかなり少ないという欠点もあるけど、個人的には十分楽しめるレベルだった。
 来場特典として、PRカードのハーモニクスメサイア、も貰える。
 このカードはネオンメサイアの方に登場し、劇中のキーカードにもなるのだが…
 カードの能力そのものが面白い、現状では実際のヴァンガードのゲームでは使えないカードなので、いずれ使えるようなルールとシステムの改変が行われるんだろう。
 VGもまだまだ続くみたいだし、また映画もやるかな。
 今度はバディファイトと同時上映して欲しい。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

波多緒理樹

Author:波多緒理樹
アニメ見たりゲームやったり
同人描いたり酒飲んだりする
どこにでもいるような人間

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる