スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

うぇるかむ

 ゲームの話

 俺の屍を越えてゆけ2体験版 ゲーム冒頭編
 …が、配信開始したので早速プレイ。
 先んじて配信されたゲームシステム編、とは異なり、こちらはゲーム開始から一年分遊べると共に、製品版への引き継ぎが可能、という代物。プレイしておくことに越したことはない。
 ゲームシステム編をプレイしたユーザから送られた要望などを元に、細部に調整や変更が加えられており、プレイしやすくなっていいるのは大変よろしい。やっぱユーザの声って大切ね。
 設定出来る難易度はあっさりのみだが、十分楽しめる仕様となっている。
 が。
 作中時間で一年分しか遊べないので、序盤の丁度続きが気になるところで終わってしまうのはやはり辛い。製品版の発売は一週間後とは言え、この一週間が長い…
 とは言え、続編として15年待ってた時間と比べれば、些細なものだが。
 俺屍大好きだしね。
 多分一番好きなRPGなんじゃないかとも思う、肩を並べるのはFF5くらいだ。

 さて。
 そんな俺の屍を越えてゆけ2だが。
 当然前作は古いゲームなので知らない人も多いだろうし、イキナリ2と言われてもという話もある。そんな方には、PSPで発売された無印のリメイク版をオススメしたいところ。
 ゲームデザインの秀逸さはともかく、グラフィック回りは当時から古臭いだのPCエンジン並みだの言われていた本作だが、その辺が現代の技術によって蘇っている。
 勿論自分もプレイ済みだが、割りと良いリメイクだと思う。
 で、このPSP版。
 今現在、PSStoreにて期間限定だが、エンディングまで丸々遊べてしまうご新規体験版として配信されている。一部の制限はあるが、普通にソフト一本を無料で手に入れることが出来る。
 なので、この機会に是非プレイして欲しい。
 そして、気に入れば2も手にとって欲しいとも思う。
 …そうして俺屍2が売れてくれれば、ネクストキングの続編が出る可能性も…
 ないな、多分。

 妖怪ウォッチ2を買おうとしたけど、来週に俺屍2が出るのでぐっと我慢する程度。
 ああ、でも妖怪ウォッチ2欲しいな。実は妖怪ウォッチがどんな作品なのか全然知らないんだけども、凄い人気と煽られては、とりあえずどんなものか確認したいミーハー根性。
 まさかこのご時世に妖怪が当たるとは、そうそう思わんだろうな。
 ヨーカイザーと妖逆門は泣いていい。
 ついでに、こんな化け物を相手にしないといけないマジンボーンとヒーローバンクも泣いていい。
 俺はマジンボーンもヒーローバンクも好きだけども。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

波多緒理樹

Author:波多緒理樹
アニメ見たりゲームやったり
同人描いたり酒飲んだりする
どこにでもいるような人間

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。