スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

流れ落ちる花

 WIXOSS話

 ルリグがキミの元にやってくる!?キャンペーン
 ウチのところにも届きました。
 ウィクロス発売前のキャンペーンの一つで、公式のアンケートに答えると、先着だか抽選だかでで一万名様にルリグカードが送られてくる、というもの。
 包装は普通の封筒なのだけど、どことなく一昔前の招待状っぽくて良い雰囲気。
 まるで、あなた(プレイヤー、セレクター)の元に、一枚のカードが届いたことにより、物語が始まる…といったような、そんな雰囲気を感じさせるのはとても素敵だ。
 中身は、ウィクロスの宣伝冊子と、描きおろしルリグカードが一枚。
 このルリグカードは4種のウチからランダムで選ばれるみたい。
 ウチの届いたのは、青のルリグであるピルルクでした。
 青組もうかと思ってたから丁度いいや。

 カードゲーマー vol.15
 も買ってきました。
 目当てはウィクロスの巻頭特集と、プロモカード4枚セット。
 …何だかんだでウィクロスにはそこそこ期待はしている、身内でやろうとしているのいないので、結局一人でやることになるんだろうけども。アニメの出来で人増えればいいんだが。
 特集にて、スターター収録カード全てと、ブースターカードをほぼ全て紹介。
 スターターは、見る限りバランスは良さそうだけどバニラ多めで少々残念気味かな。
 最近は500円スターターという安価で攻めていくゲームも多いだけに、この内容でお値段が倍となると、スターターキットとしては手にとってもらいにくいかも。
 シグニカードが各四枚収録というのは美味しいが、アーツは1枚づつというのも厳しい。
 ブースター収録のアーツが少なく、かつスターター収録のアーツはスターター限定のものなので、露骨な売り方にも疑問がある。複数買い前提のようなものである。

 ブースターのカード
 気になったのは、ルリグカードにレアリティによって強さの差があること、一枚あればいいのにも関わらず、収録されるルリグカードが20種類以上あるということ。
 物凄くカードがダブりそうなのと、ルリグの選択の幅が狭くなることに不安が。
 ルリグカードみたいな、外のゲームでいう自分の場に影響を与える一枚あれば十分なカード、ってのに明確な性能の差、があるの嫌いなんだよね。
 使い勝手がそれぞれ違うルリグレベル4のカード、とかなら構築によって変えるとか出来るけど、単純に強い弱いが出てきてしまうのはとてもつまらないんだよな。
 …ただ、リミット数の差とかで調整はしてあるみたいだけど。
 この辺あんまいい思い出ないから気になる。
 外、シグニやスペルのカードにルリグ限定のものが多過ぎるのもアレだね。
 構築の幅を狭めてどーすんの?って思う。
 そうなると、次段ブースターではまた新しいルリグが出てきて、新しいルリグ専用カードが出てきて、の繰り返しになっていくので、ゲンナリするんだよね。
 せめて一部のSRだけとかにしてくんないかな、ゼクス程度のさ。

 そんなわけで、結構テンション下がりました。
 特にルリグ限定カードが多過ぎなのは残念にも程がある。
 折角、「場に出すには色の指定やコストが必要ない」と聞いて混色楽しみにしてたのに、ルリグの色によっての制限ではなく、ルリグそのものを指定した制限とはね。
 属性は白なのに、タマ以外の白のルリグであったら、タマ限定の場合使えないとか。
 SRクラスのものならともかく、レア以上のカードほぼ全てがコレだからなぁ。
 で、ルリグのおかでで枚ブースターごとにルリグは収録しないといけないので。
 ブースターごとに、使用限定カードばかりになっていく。
 …売るためなんだろうけど、これはちょっとなぁ。
 あと、気になるのは封入率かしら。
 ウィクロスにはレアリティが5つあって、ルリグレア、ルリグコモン、コモン、レア、スーパーレアと別れている。従来のTCGにおける、アンコモンに相当する枠はないのね。
 その代わり、用途の違うカードが二種類あるので、それがどういう割合で封入されるのか。
 パックは7枚入りなんだけど、どうなるのかしらね。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

波多緒理樹

Author:波多緒理樹
アニメ見たりゲームやったり
同人描いたり酒飲んだりする
どこにでもいるような人間

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。