繋がる肉体

 バディファイト話

 本日、スターター二種発売。
 本編主人公、未門牙王がメインビジュアルの「強ドラ」
 荒神ロウガがメインビジュアルの「フォージングブラッド」
 共に、初回限定で500円。来週発売のブースター一弾に先駆けての発売になる。
 中身はデッキ52枚、説明書やらライフカウンターが付いてくる。
 最近500円スターターは流行りみたいだが、とりあえず触れる分には非常にありがたいよねぇ。

  140124-01.jpg

 フォージングブラッドの方買ってきました。
 最初は我王ちゃんとドラムが可愛いので強ドラにするつもりだったんだけど、店頭で「力とはパワーだ!」の煽り文に惹かれてコッチに。頭悪いの大好き。
 で、初めてバディファイトのカードに触れる。
 紙質は結構良い、それから裏面は特殊な加工がしてあるみたいで手触りも良いね。
 これはスリーブいれて遊ぶのが勿体無い…保護するためにつけるけどさ。
 メインを張っている(と思われる)モンスターカードも四枚封入されていて、ブシロード製品にしてはかなり奮発してる印象。複数買いしなくていいって素晴らしい。
 低年齢層向けを謳ってるだけあって、テキストもかなり砕けた言い回しで素敵。ただし、その代わりというか弊害で、イマイチ能力の処理が分かりづらくなってるところもあるが。
 とにかく。
 あとは実際に遊んでみるだけだが、まだ対戦相手がいない。
 身内も買ってみるみたいなので、対戦はもう少しお預けかな。
 それとも、週末からショップなんかで体験会とか講習会とかやってくれるところも多いみたいなので、そちらに参加してみるのもありかもしれない。人も多いだろうしね。
 小学生が多いとちょっと居場所がなくなるけどな。

 コロッサスオーダー話

 ようやく明日三弾発売。
 公式サイトでは全カードリスト(除シークレット)が公開、期待が高まる。
 三弾は今までが冗談のように強いカードが多いので界隈が賑わってますけど、何だかそれはそれで最後の灯火みたいで凄く危機感を覚える。インフレが早すぎるというかなんというか。
 その辺は、地味なゲームを派手に調整した、と好意的に解釈したいところ。
 それに、先日の公式生放送を見る限り、五弾までは出るみたいだしね。
 鳴動編は四弾までなので、それ以降も続ける体力と気力は公式にはある。
 …二年目の初弾で消えたライブオンという前例も無くはないが。

 個人的な注目カードはヴァルデンのルシアナさん。
 CIPで山札から一枚スケルターを選んで捨て札に置ける上、捨て札にあるスケルターのロカスコストを-1する永続能力を持つ。まさにゲジャジャのために生まれた女。
 ゲジャジャ第二能力のコストを軽減し、さらにデメリット効果であった、コスト分の枚数デッキを破棄するという効果も-1するという、至れり尽くせりな性能。
 そして、トゥルーショットや骸炎に耐えられる耐久3というステータス。
 さらにおっぱいとふとももという、隙が無いフォロアーである。

 …勿体無いと言えば、コロッサスオーダーにはフレーバーテキストがほとんどないので、こういう名前アリのユニークでも、そのキャラクターの背景が全然見えないんだよね。
 それこそ、主人公として設定されている四人でさえ、キャラが全く見えない。
 漫画で登場してるアッシュさんやジェイドさん、レーニャチャンなんかはともかく、一体フェリナとクルードは鳴動編の間なにをしてるの?そのおっぱいはただの飾りか。
 そういう背景ストーリーや、キャラ付けもしっかりした方がいいねCOは。
 折角の主人公やユニークフォロアーも、魅力のあるキャラクターではなく、ただのカードになっちゃう。ユーザが盛り上がる要素としては、これでは流石に寂しい。
 ブースターごとのエピソードなんかもあるといいね。
 マジックザギャザリングみたいな存在になりたい、売り方したいといった意図が透けて見えるクセに、マジックの魅力の一つすら真似出来ないのはちょっと情けないので。
 その辺公式は頑張れ。
 ユーザが離れていってる、ユーザが付かないのは、コロッサスオーダーというゲームがつまらないワケじゃなくて、コロッサスオーダーの公式がつまらないからだと思ってるし。
 そういう作品世界を掘り下げる行為って、大切だと思うんよ。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

波多緒理樹

Author:波多緒理樹
アニメ見たりゲームやったり
同人描いたり酒飲んだりする
どこにでもいるような人間

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる