断捨離

 カードゲーマー vol.13

 買ってきた。
 表紙とグラビアはミルキィホームズフェザーズこと、寺川愛美と伊藤彩沙。
 相変わらず表紙だけ見ると何の雑誌なのかサッパリ分からない仕様だが、元々あいみん好きだから今回はこれでいいや。新しいミルキィは、なんかちょっとアレだったけども。
 あとは、もうちょっとでもトークが上手くなりさえすれば輝くのにな…
 未だにこなれてない感じがあるのは厳しいか、そういうところも好きなところではあるけど。
 それとブシロードはあいみんスリーブを早く一般販売して下さい。

 コロッサスオーダー 鳴動篇 第三弾

 カードはいくつか公開されてた。
 先日発売されたVジャンプの方は見てないので、ほとんどかぶってるのかもしれないけども。
 事前情報としてあったように、それぞれ主に強化されるのはモンク(ピアディン)、ナイトメア(ヴァルデン)、海獣(ファストガル)、デミニン(カオレン)の四種族。
 能力は反面していないが、対応するコロッサスも登場とのこと。

 モンクは、カードの上に置かれたチャクラマークを取り除くことで、能力を発揮する。
 MTGにおけるカウンターのようなものである、というかまんまだが。
 新カードを見る限り、大体はCIPで置かれるが、カードによっては能力で他のカードに上乗せすることが出来たり、恐らくはコロッサスの能力でも乗せることが出来たりするんだろう。
 
 【★武匠ユージン★】白白白白⑥ 3/1/3/5 人間/モンク
 『レイジ2』
 CIP>このフォロアーにチャクラマークを2つ置く
 このフォロアーのチャクラマークを1つ取り除く>このターン、『ソア』を得るか、『攻撃+2』の修正を受ける

 白のSRであるユニークフォロアーのモンク。
 チャクラマークの他、新能力の『レイジ』も搭載。
 レイジとは、相手フォロアーに防御された時の戦闘判定で、相手フォロアーを破壊し、且つ自身が場に残った時、指定された数字分、相手のデッキを破棄するという能力のようだ。
 ユージンの場合、単純に相手フォロアーを戦闘で倒したら、デッキを2枚破棄、という感じ。
 …しかしアレよね。
 重箱の隅をつつくというか、何というかだが、チャクラマークを取り除くことで得られる能力が、一体誰が修正を受けるのか、が書かれていないのが本当にダメだと思うのよね…
 ユージン自身のみなのか、それとも他フォロアーに使えるのか、対象を指定できるゲームで、こういう曖昧なテキストはやってはいけないことなのだけど、三弾になってまでこれじゃなぁ。
 その辺は、ユーザの善意に任せてるんだろう。
 他のフォロアーに使えるのなら、そこそこ強い気もする。コスト重いけども。

 ヴァルデンはナイトメアの強化の他、ジェイドさんをサポートするカードも。

 【仮面の魔将】黒黒黒③ 1/1/3/1 デモーニア/魔神
 あなたの場に『ジェイド』がいる限り、『ソア』を得る
 あなたの場の『ジェイド』は、『攻撃+1』『耐久+1』の修正を受ける
 このフォロアーがあなたのフォロアー能力によって捨て山に置かれた時、このカードを手札に戻す

 これで貧弱だったジェイドさんも戦えるように、使うかどうかはさて置き。
 耐久値の低さがネックだが、ソアを持つことが出来るのでピアディンには良い牽制になるかもしれない。
 他、三番目の能力は色々と汎用性は高そう。剛力のエサにしたり、魔神なので爆炎さんのエサにしたり…そういう意味では、3コストの魔神というだけでも割りと価値はあるかもしれない。
 ナイトメアの連中は、スケルターほどではないけど捨て山を参照しつつ、山札から直接フォロアーを場に出すことが出来るような、絡め手の能力が多い印象。

 ファストガルはなんか重いのが増えた、青でファッティーとか一体どうしろと。
 ただ、レイジやダブルブレイク持ちが増えたようなので、今までとは一転して、攻撃的なデッキも組めるようになった模様。フリート持ちの姿も見える。
 それでも、コスト重すぎて使い物にならないと思うが、どうだろうか。

 カオレンの新種族デミニンは、対応する色によって、能力を発揮する模様。
 デミニン(黄)のように、それぞれのフォロアーには別個の色が指定されており、それに対応した色のデミニンが場にいれば、能力が発動する。という感じか。
 種族で固めればそれほど拘束も強くない割には、能力は強めの印象。
 場に指定色のデミニンがいれば、CIPで2ダメージの2コスフォロアーや、+2/+2の修正を受ける3コスフォロアーなど、低コストでも優秀なフォロアーが多そう。
 …一部の突出したカード以外は微妙だったカオレンにもやっと春がきたか。

 他にも色々と。
 世間的には二弾が不評のようで…個人的には二弾は割りと満足しているのだけど、上を目指すプレイヤには物足りないものだったらしいので、三弾には頑張って欲しい。
 今回発表された新カードのみを見るなら、とにかく、コストが重い。
 現状ゲームがいかに早くジェムコンを決めるか、という流れになってきているので、正直なところコストの重いカードは採用するにも枠がない。そんな印象。
 せいぜい6コストが限界で、それ以上のカードを有効に活用する頃には、相手にジェムコンの可能性が出てきてしまう。もっと早い段階で、乱戦に持ち込まないといけない。
 そうなると、低コストでシナジー強化も増えたカオレンが魅力か。
 あとは、兎にも角にもコロッサス能力次第。
 少なくとも、全てに安定したドロー能力を…とも思うけど、この不具合さというか、手札が枯渇して上手く動けないところもコロッサスの魅力でもあるとは感じる。
 でも、やっぱり自分の意図したプレイが出来ないと辛いよね。
 そういう意味でも、地味なゲームである。

 …しかし、単純にもうコロッサスオーダーのモチベーションが凄い下がってるので。
 三弾の情報見て結構ワクワクはするけど、正直、来年以降手を出すかは微妙なところ。
 周りにやってるプレイヤがいない、ってのはTCGでは何よりの苦痛である。
 来週の東京公式大会、行くだけ行ってそれでおしまいにしようかしらね…

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

波多緒理樹

Author:波多緒理樹
アニメ見たりゲームやったり
同人描いたり酒飲んだりする
どこにでもいるような人間

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる