魔法少女まどか☆マギカ 新編

 劇場版 魔法少女まどか☆マギカ 新編 叛逆の物語
 総監督/新房昭之

 見てきた。
 TVシリーズ、前年度公開された劇場総集編を経て制作された完全新作。
 リメイクではなく、所謂パラレルもの、というワケでもなく、続編という形とのこと。
 正直なところ。
 話としてはTVシリーズの時点で綺麗に完結しているので、その後の話を描くにしても、蛇足になるか、もしくは落とし所をもう一つ別に作るかくらいしか出来そうにないので。
 あまり過度の期待はしないでおくことにする。
 基本的に流行りものにはあまり惹かれない性分だけど、珍しくどかマギは好きなので…
 シャフトアニメも、新房演出も大嫌いなのにね、珍しいね。

 鹿目まどか。かつて、幸せな日々をおくっていた平凡な一人の少女が、その身を賭して
 すべての魔法少女たちを残酷な運命の連鎖から解き放った。
 まどかへの想いを果たせぬままに取り残された魔法少女・暁美ほむらは
 彼女の残した世界でひとり戦い続ける。「懐かしいあの笑顔と再びめぐり合うことを夢見て――」
  【公式サイトIntroductionより】

 そういう話。
 イントロダクションからしても、TVシリーズの続編と分かるような作り。
 最近はTV→劇場版という流れも多くなってきていますが。
 その多くが、総集編に新作シーンをプラスしたものや、本編で描かれなかった空白の部分の映像化など、あまり後日談や続編、として映画化することは少ない印象。
 その中で、こうして公式が正式に続編、TVの続きの話、と掲げるのは珍しい気はする。
 ある程度はぼかした表現にするのも多いしね、パラレル的な扱いみたいな感じに。
 一度完結した話の続きを描く、というのは制作サイドにしても、ファンとしても、ある意味では諸刃の刃ではある。望まれない続編もあれば、賞賛される続編も当然ある。
 本作はその中でどういう風になっていくだろうか。

 個人的に言えば、作品としては非常に満足、でも続編としては不満ってところ。
 満足な部分としては、全体的な話の流れや構成が上手いこと。
 続編としておきながら、TVからは全く繋がらない、ある意味では従来の作風とは全く異なる序盤で視聴者を大きく揺さぶらせておいての、中盤からの畳み掛ける流れには引き込まれる。
 こういう、明確に話の流れを急に切り替える構成は、TVでも使われていた感じよね。
 おかげで、特に中だるみすることなく、最後まで画面に集中することが出来た。
 話そのものも、予想出来た部分と、予想出来なかった部分が程よく混ざり合った脚本だったので、TVシリーズを見ていた身としては、中々に衝撃的な展開が続いて飽きさせない。
 劇場版らしくサービス的な描写も多いのも魅力。
 特に目を引いたのは戦闘シーン、元々ドラマ重視の作品なので戦闘シーンはそこまで派手ではなったのだけど、今作ではその辺も強化されてアクション面でも楽しめるのが良い。
 他、ファンサービス的なキャラクタ同士の絡みなど。
 一本の娯楽映画、としては見どころも多く、自分としてはかなり満足しました。
 …ただ、それもTVシリーズなり、総集編の映画なりを見ていること前提、ではありますけど。

 不満点。
 上述したように、珍しくどかマギはTVシリーズから好きな作品ではあるのだけども。
 TVシリーズが好きな分、今作の話の流れを素直に肯定出来ない部分はある。
 …単純に、TVシリーズで綺麗にオチをつけた部分を否定しちゃってるんだもの。
 制作サイドは、今作を「今後の展開に繋げるため」に、脚本を初期案から大幅に変更したらしいのだけども、正直なところ、ファンとしては今後、なんてのは要らないってのが本音。
 仮に、さらに新作を作るのであれば、キャラクタ総入れ替えで、別の魔法少女達の話を描いてくれた方がいい。終わった物語を、無理矢理拡張するとどうしても破綻が起きる。
 この、叛逆の物語、はまさにそれでもある。
 従来のキャラクタを使った今後の話、を作るために、無理矢理仕上げた物語というのが残念といえば残念ではある。面白いのだけども、別にこういうのを求めてはいなかったというか。
 初期案として提示されていた内容の方が、スッキリ物語も終われて良かったんだけどな。
 どうしてもハッピーエンドが許せないというか、ひねくれた展開にしたいのか、作風と言ってしまえばそうなんだけど、悪趣味な展開ではあったとは思う。
 コンテンツの延命、そのために選択された結末としては、どうにも…ねぇ。
 それが凄い不満。
 俺たちの戦いはまだまだ続くぜ!みたいな釈然としない気持ちが残る。

 そういうワケで。
 単品の作品としてはよく出来てるし面白いと思うけども、それ以上にTVシリーズが好きなので、こういう続編なら無い方がまだ良かった、というのが素直な感想。
 …制作サイドも、映画がダメならTV版だけを愛して下さい、とは言ってるけどね。
 それでも映画自体は面白いのは事実、TVシリーズを見ていることが前提ではあるけども、久しぶりにTVシリーズを事前情報無しで見ていた時の感覚を思い出せたくらい。
 良いジェットコースタームービーです。
 他、週替りで来場者特典があるとのこと。
 自分は初週に見に行ったので、ランダム封入されてるミニ色紙を貰った。ちなみに、中身はほむらでしたとさ。出来ることならマミのが欲しかった…
 特典がフィルムになった頃、もう一回くらい見に行こうかな。
 確かに凄い不満もタップリあるんですけど、面白いことは認めざるを得ないので。
 気になっている方は是非見に行くと良いかもしれない、逆に、いくら話題になっているからと言って、TVシリーズも見ていない状態だと内容がサッパリ分からないのも確かですんで。
 その辺はご注意を。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

波多緒理樹

Author:波多緒理樹
アニメ見たりゲームやったり
同人描いたり酒飲んだりする
どこにでもいるような人間

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる