スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

触れえざる者

 ラストクロニクル話

 ラストクロニクルオンライン オープンβテスト開始。
 …まだやってないけど。
 週末は実家帰ったり、色々とイベント申し込み期日が迫ってたりして忙しかったからなのだけど、特に急ぐものでもないのでとりあえず放置しておく。

 でも、オンライン版の発表会の生放送は見ていた。
 てっきり普通のアプリとして展開するものかと思っていたのだが、ニコニコアプリとして発表。
 ニコニコ動画と提携することにより、例えばオフィシャルで生放送の番組を放映したり、プレイヤ同士の対戦を生放送したり、などの展開が可能になる。
 ニコニコ動画に対する嫌悪を持つユーザも決して少ないわけではないが。
 単純に、ラストクロニクルというコンテンツ、もしくはTCG自体の枠内に限って言うなれば、それまで変なことにはなっていないとは思う。ニコ動に悪いイメージがあることは否定しないけど。

 さて。
 このように、オンライン版、それからニコニコ動画との提携でどうなるかと言うと。
 やはり対戦相手を見つけることの安易さや、他プレイヤの対戦を気軽に観戦することが出来る、ということが大きい。アナログだけではこうはいかない。
 個人的には、後者であるところの、ギャラリーに回ることが出来る、のが大きい。
 TCGってのは勿論プレイするのが一番楽しいけど、見るのもやはり楽しい。
 自分では思いもつかないようなデッキの構成や、プレイング、はたまた対戦での熱い読み合いなどは、好きな人にとってはスポーツ観戦のような盛り上がりを見せる。
 ギャラリーとして、すなわち見世物、という点においても、TCGは優秀なワケだ。
 それを気軽に出来るということは、ユーザとしても大きなメリットになる。
 ユーザ主催のオンライン大会の開催や、パック開封の配信も気軽に行えるのも強い。
 ユーザ間の繋がりを強化し、それをコンテンツとして大きな流れにしていく、というコンセプトとしては、ニコニコ動画との提携は決して間違った選択ではないとは思う。
 上手く流れに乗れればいいね。

 そういう意味では、ラストクロニクルというゲームは、ユーザ間との繋がりを強く求めたり、とにかく目立ちたいと思ったりするプレイヤには、柔和性が凄く高い。
 それを行える土壌を、公式が用意してくれるわけだからね。
 これは、所謂スタープレーヤーを生みやすい環境のように思える。
 この辺は凄く上手い。
 作品をリードしていけるプレイヤが生まれれば、コンテンツとしての成長に拍車をかけてくれる。
 それは、MTGのスタープレーヤーでもあった、ラストクロニクルのプロデューサーがよく分かっていることの一つだ。ユーザに作品を先導させる、というところか。
 ラストクロニクルは、それを狙っている…ような、気はする。
 これは、TCGの売り方としては、かなり革新的なんじゃないかなぁ。

 で。
 そんなラストクロニクルが気になって仕方ないのは、現状ラスクロのライバルという位置にいる、コロッサスオーダーのプレイヤー。
 単純に、わたくしのことですが。
 正直に言って、商品、というカテゴリとしては、コロッサスオーダーがラストクロニクルに勝てる道理がないです。今のところ、もうお手上げレベル。
 まず、公式の本気度が違うもの。
 ホビージャパンが社運をかけた、と言っていることもあって、この攻勢っぷりは凄い。とにかく、ユーザにどうすれば売れるか、を考えに考えて、実行されてる。
 かたや、集英社とセガトイズの記念企画。
 集英社にしてみれば、遊戯王があるしコロッサスオーダーが失敗してもそれほど痛手はないし、セガトイズも初のTCGということで、あまり踏ん切れてない印象。
 宣伝媒体もVジャンプしかないし、その癖ゲームは低年齢層向けでもない。
 もうね、この商品を売ろう!って段階で負けてる。
 ゲームそのものの良し悪しは置いておくが、コロッサスオーダーの難点の一つにね、プレイする分には面白いけど、観戦するのがそれほど面白くない、というのがある。
 コロッサスオーダーの魅力は、読み合いや駆け引きなどの、心理戦にある。
 ただ、それがビジュアル面での地味さに拍車をかけてるのも事実。カード単体での派手さや、コンボが薄く、プレイングがどうしてもストイックになってしまう。
 言ってみれば、面白さがプレイヤにしか分からないゲーム、である。
 ルールが分からない、プレイヤではない、けども盤面で派手にクリーチャーが戦ったり、呪文で形勢逆転したり、みたいな展開を見てるだけで楽しめる、ゲームではない。
 それがコロッサスオーダーの欠点の一つ。
 そして、オンライン版という形で、ギャラリーとしての面白さ、も考えられて作られているラストクロニクルが出てきてしまうと…ユーザはそっちに流れるのは必然。
 少なくとも、見てても何やってるか分からないアナログ限定のゲームより、ネットで気軽に観戦出来る分かりやすいゲーム、の方が興味は湧くだろう、普通は。
 これだけでも、ラスクロはCOよりも優っている。
 商品というか、販促という面で、というか。

 ただでさえ、コロッサスオーダーは封入率の悪さや、そのくせグリフィンデッキ以外はSRがないとお話にならないとか言われて、バランスの悪さを指摘されてるのに。
 ここで、それらが改善されるであろう二弾が出る前に、ラスクロが上手く入り込む。
 そうなったら、同じ新規TCGとしては、巻き返すの難しいだろうなぁ。
 …ゲームとしての面白さは別にしてもね、自分はあくまでもラスクロよりもコロッサスオーダー押しってのもね、踏まえた上でもね。この流れは手厳しいと思う。
 さてどうなりますことやら。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

波多緒理樹

Author:波多緒理樹
アニメ見たりゲームやったり
同人描いたり酒飲んだりする
どこにでもいるような人間

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。