スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

夢の終わり

 ラブライブ話

 μ's 3rd Anniversary LoveLive! in パシフィコ横浜
 行ってきた。
 μ's単独としては3回目となるライブ、今回の会場はパシフィコ横浜。
 徐々に集客数が集まってるみたいね、チケット取れなかった人もヤケに多いらしいし。
 最初の頃を思えば、考えられないことでもある。

 ライブ自体はとても良かった。
 ホールも広くなり、演出も派手になり、進行もテンポよく進む。
 アニメ化以降の新曲をやりつつ、過去曲を挟んでいく。セットリストの構成はアニメでの展開や使われた順番を意識したものになっていて、自然とボルテージも高まる。
 特に新曲関係は派手派手、衣装もダンスもかなりキマっていたな。
 演出ではSTART:DASH!!が素晴らしい、3人ver→9人verとか分かってるじゃないか。
 幕が上がったら誰もいない、も再現出来たら面白かったんだけどな。
 とにかく。
 最後まで十分に盛り上がれた良いライブであった。
 腕振り上げすぎて右手の筋肉痛がまだ酷いけどな。もう歳か。

 難点を上げるとすれば、物販関係が酷かったことくらい?
 俺はグッズには大して興味ないので直接は関わらなかったのだが、物販に集まった人数に対して、スタッフが上手く対応出来てなかったのは確かなようだ。
 列形成や誘導は、ただ突っ立って声張り上げればいいってもんじゃないからなー
 これはこれでちゃんとしたスキルが必要なものだし。
 見通しが甘かったってことなのかしらね。
 他には個人的なことだが、残念なことに隣の席のヤツが厄介系でな。
 こっちの方までガンガン手を振り回してぶつかってくるので、仕方ねぇのでこっちも意図的に小突いて邪魔アピールしてたんだけど、それでもぶん回してくるもんだから。
 ちょっと、いい加減にしろって突っ掛かっちゃったよ。
 正直、あまりいい気分ではないな。
 みんなも、ライブではしゃぐのはいいが、周りの人のことも考えろよ!

 他。
 PS VITAでゲーム化決定。
 次のライブは来年2月、会場はさいたまスーパーアリーナで2days
 春からアニメ二期開始。
 という具合。
 ゲーム化は何となく予想の範囲、スクフェスをもっとごっつくした感じになるのかな。
 ライブもやるだろうというのは想像ついてたけど、SSAと2daysは流石に予想できなかった。次やるなら、武道館かメッセ辺りか、と思ってたので、随分大きく出たな。
 SSAは3万規模のライブが可能な、国内でも最大級のイベントホール。
 けいおんのライブで一度だけ行ったことがあるが、あそこは大きすぎる。正直な話、アニメ二期前のライブで、この会場を満足に埋めることが出来るとは到底思えないのだが…
 大丈夫か?
 ちょっとやり過ぎなんじゃないの。
 アニメ二期…も順当と言えば順当か、どういう話になるのかは難しい感じだけど。
 ただメインスタッフは変わらないみたいなので、その辺は信頼がおけるってところね。
 来年もまだまだ楽しめそうである。

 ライブ中でも、ラブライブがコンテンツとしてここまで大きくなるなんて的なことを、中の人達が言ってくれてましたが、そこそこ初期から応援してる身分としてもそう思う。
 なんでこんなことになってるんだろう。
 なんか、ここまで事が大きくなると、ラブライブじゃないみたいだな。
 自分は、コンテンツってのは5年くらい楽しませてもらったら十分と考えてる人なので。
 ラブライブがどういうことを最終目標としているのかは知りうることは出来ないが、来年アニメ二期を皮切りにまた盛り上がって、再来年で円満終了ってのが一番いいかな。
 こういうのって、ダラダラ続けても意味が無いからね。
 もしくは、何かしらでリフレッシュはして欲しい感じだけど…公式がキャラクタ総入れ替え的なことは絶対にやらないと発言してるので、そこは受け入れるしかないか。
 俺はキャラクタ総入れ替え大好きな人だから、ちょっと残念だけどね。
 キャラクタの総入れ替えが出来ない、するつもりは無い、ってのは、現状のキャラクタに強い思い入れや親しみがある、って書くと凄い良い事に思えるけど。
 それって、作品の魅力がキャラクタに依存するしかない、って言ってるようなもんなので。
 基本的に嫌いなのよね、こういう思想。
 ラブライブの場合、スクールアイドルとして、何の変哲のない女子高生が、夢やら目標やらに向かっていく姿勢なんかが魅力であり、応援したくなるワケなんだけど。
 それは別に、μ'sのみんなじゃなくても、出来ることだからね。
 あの世界には他にもスクールアイドルが沢山存在するし、それこそ、頂点にいるアライズの三人にも、色々と濃厚なストーリーがあるのかもしれない。
 そう考えると、もっと色々と出来る基盤はあるとは思うのだが…
 逆に。
 それをあえてしない、のが、ラブライブのいい所でもあるんだろうな。
 だったら、それこそ幕を引くタイミングを間違えないで欲しいもんだ。
 今の盛り上がりを見ると、なんかそういうところに不安を感じるわな。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

波多緒理樹

Author:波多緒理樹
アニメ見たりゲームやったり
同人描いたり酒飲んだりする
どこにでもいるような人間

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。