スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

リアルリアリティ

 フォースオブウィル話

 早速大会に出てきた。
 三弾のカードの使い勝手が、どれくらいなものかと試す感じのデッキを組む。
 今回使用したのは、ルーラーウシュアの炎水速攻バーン。
 いわゆるカミカゼブルー型ではなく、水はドローソースとバウンス、それから肉体活性でパンプとガード不能要員として使う。というか、なんか水がマッチョになってる気がするな…
 炎は追加されたバーンと、2コス帯に増えたリゾネイターをいくつか導入。
 とくにひねりのないストレートな炎水だが、単純な分強さが分かりやすい感じ。
 とにかく殴って焼け、それだけである。

 結果は2-1、準優勝でそこそこ。
 うーん、決勝はもーちょっと頑張れたかも、要らないカードも分かったし組み直すか。
 で、三弾のカード入れた感想。
 兎にも角にも龍炎が使いやすい、1ウィルという安さと詠唱破棄、それからプレイヤを対象に取れるという柔軟性のため、コストが余ってればとりあえず龍炎を直接撃つことが出来る。
 4枚入れてれば、4コスで1600も削れるんですよ凄いですね。
 速攻としては、棘蠍とガロウが良い感じ。
 棘蠍はステータスも標準だし、早い段階で出せれば相手リゾと相打ちをした上で、プレイヤにダメージを叩きつけることが出来る。攻撃を素通しされても400だし普通に美味しい。
 ガロウは2コスで500/400というインフレっぷり、これでブレイクまでついてるんだからどうなのよって感じ。能力は無いけれど十分過ぎる性能だと思う。
 あとは予想通りマンティコアさんがいい仕事をしてくれる。
 CIPで500ダメージ、飛翔/速攻とか至れり尽くせりな性能。単体として見れば、弱いところなぞないって感じ、コストの割には若干ATK/DEFが低いくらいだが問題ない。
 それ以外だと、割りとスパイラルフレアがかゆいところに手が届く。
 DEF600を焼ける、ってのは大きいんだよね。フレイムランスも火力大将軍じゃないと600には届かなかったし、DEF600には嫌なリゾネイターが多いし。紺碧とか紺碧とか歌姫とか。
 他。
 思ったほど肉体活性が使えなかった、というか使ってる場合じゃなかった。
 そんなもの使ってる暇があるなら火力を叩きこめ、って展開が多い。これならCIPでロック能力持ってるリゾネイター出した方がいいな、高波とかメデューサとか。
 2コスで相手リゾ一体をレストする、くらいの軽量がいればありがたいんだけどなぁ。

 そんな印象。
 6月からフレイムランスや特攻兵が制限されるけど、全く問題ないぜ。
 バーンがさらに加速する気配がするけどどうだろうね。
 あと、風の呪文転写とバーンの組み合わせがやばそうだな、と思ってたら先日のヴァルハラ優勝者が転写バーン使ってたね。やっぱりやってみたくなるよなぁ…
 特に、怒りの業火と組み合わせると2000も削れるんですよ。コスト重いけど。
 チェイスすることだけ考えれば、フレイムランスが同じコストで撃てる、とも見ることが出来る。ただでさえ炎と風は相性良いのにね、せめて3コストなら良かったんだが。
 なんかこう、もっと悪さ出来そうな気もするカードだ。
 この手のコピー能力って変なコンボ生み出しやすいから。

 他。
 大量のエラッタとか、スターターもう一つプレゼントキャンペーンとか。
 新弾発売早々、末期臭が加速するFOWですがいつものことでした。
 外野から見てみれば、FOWはとんでもないネタゲーだろうし、実際プレイヤとしてもそう思うのだけど、この世紀末っぷり含めてやっぱりたまらない魅力がある。
 こう、どんどん底なしの沼に沈んでいく感じにゾクゾクする。
 ホント、ルールや運営がもっとしっかりしてて、楽しいTCGなんて他に沢山あるのにね。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

波多緒理樹

Author:波多緒理樹
アニメ見たりゲームやったり
同人描いたり酒飲んだりする
どこにでもいるような人間

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。