スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ドラゴンボールZ 神と神

 ドラゴンボールZ 神と神
 監督/細田雅弘

 見てきた。
 17年ぶりに公開される、ドラゴンボールの劇場版新作である。
 改が放映していた時ならともかく、何故このタイミングでドラゴンボールを?という疑問もあるのだが、衰えない人気や海外との兼ね合いもあるんだろう、と思うことにした。
 しかし何より、ドラゴンボールの映画がまた見れる、というのは純粋に嬉しい。
 何しろ、東映まんがまつりで育った世代だし。
 幼少期にはかめはめ波を必死で練習した世代でもある。
 つまるところ、リアルタイムでドラゴンボールを体験した大きいお友達にとっては、この新作はやはり気になるところなのである。実際、見に行くか行かないかは、少々迷った。
 だが、結局は見に行ってしまった、仕方ないね。

 魔人ブウとの戦いから数年後、平和な地球に再び危機が訪れようとしていた。
 全てを破壊する神/破壊神ビルスが目を覚まし、フリーザを倒したサイヤ人/悟空に興味を持ち、界王星までやってきたのだが…悟空は、ビルスの圧倒的なパワーに手も足も出なかった!
 そしてビルスは、残るサイヤ人がいる地球へ、ある伝説の戦士を求めてその足を延ばす。

 というような内容。
 時間軸は、魔人ブウ編終了から原作最終話までの空白の時間、に起きたことになる。
 ほぼパラレルで作られている劇場版にしては珍しい構成で、さらに、今回は脚本の段階で原作者でもある鳥山明が初めて参加。脚本家が提示した内容を、ほとんど変えてしまったという。
 しかし、そこのところはむしろ安心できる点ではある。
 自分の漫画以外は滅多に干渉しない鳥山明が参加した、初めてのアニメ版DBである。
 これは、期待も高まるというところだが。

 個人的には面白かった、大満足。
 見どころは沢山あるが、まずはオールスターズといった面々が見れるのは嬉しい。
 流石にサブキャラまでは網羅していないが、メインキャラは総出演で、その絵面はただ懐かしむだけでも楽しい。Zではほぼ出番のないピラフ一味まで出張っていたのも良い。
 他、内容がややコメディタッチなのが良いね。
 そもそも鳥山明自体ギャグテイストが得意な作家なので、その持ち味が珍しく上手く映像で活かされているんじゃないだろうか。その代わり、アニメ版DBとしては少し異端ではあるが。
 そして、このギャグテイストと併せて、破壊神ビルスがとてもいい味を出している。
 ビルスは、いわゆる悪人、ではない。
 破壊神という肩書きを持つが、つまりビルスは破壊するのがお仕事なのだ。強大な力を持つ破壊神であっても、悪人ではないので、そこが上手い具合に機能している。
 むしろ、劇中で戦闘バカ、とまで評されてしまう悟空よりも、よっぽど常識に溢れているのではないだろうか。で、その悟空とビルスの対比もまた面白い。
 3Dで表現されたバトルもクドすぎず少なすぎず、いい割合で挿入されており、ギャグありバトルありの純粋な娯楽作品になっているんじゃないだろうか。
 見ていて純粋に楽しい、と思える映画だった。

 さてそれを踏まえた上で。
 個人的には大満足でした、が、一部で不満の声が上がるのも分かる、ような内容。
 良くも悪くも、劇場版ドラゴンボールZ、とはかなり趣旨が変わってる内容だからです。
 映画DBと言えば、何か悪いヤツが攻めてくる→地球やみんながピンチだ!→頼むぞ悟空!→元気玉でやっつける!→大団円!…な展開がお約束で、それが良いんですが。
 今回は、そういう内容ではないです。
 バトルものとしての最後のカタルシスや、強くてヒーローな孫悟空、を求めている人には、かなり辛い内容だとは思います。これは、確かにいつものDBとは随分ノリが違うので。
 ドラゴンボールの映画で、こんなことをやっちゃうの?
 …というような、掟破りなことも結構してるので、そこを楽しめるか楽しめないか、が本作を面白いか否かと分ける要因だと思います。
 自分は、凄く楽しめました。
 ドラゴンボールでこういうことをする、というより、こういうことをしてもいいのか、という内容が、逆に評価を高めた感じです。感心したというか、驚いたというか。
 でも、いつもの、あの頃のドラゴンボールが見たい!
 その声には、確かに応えてはいない内容ではあります。
 あまり細かく書くのもアレなので避けますが、評価がバッサリ二分する映画だったと思います。ドラゴンボールとして、何を求めているか、にもよりますし。

 そんなワケで。
 自分は面白かったし大満足だったけど、いくらドラゴンボールが好きでも人を選ぶ内容になっている、というのは明言しておきます。
 気になる方は見に行くがよろし、少なくともドラゴンボールオールスター、オールキャストを見るだけでも十分に価値はあると思いますので。
 特にキャスト陣営の好演は流石、全体的に若干の衰えを感じたとはいえ、あの頃と同じ声、を聞くだけでやはりワクワクするものです。
 ドラえもんやルパンは世代交代しましたが、ドラゴンボールの世代交代は…難しいよな、と思う、悟空の声を野沢雅子以外に出来るとは考えられない。
 声優ってのは、スゲェなぁ。
 あ、あと不満と言えば主題歌はちょっと残念。
 FLOW自体は好きですけど、やはりここは影山ヒロノブのCHA-LA HEAD-CHA-LAでキメて欲しかった。映画の幕開けばOPとともにこれを聞かないと盛り上がらない。
 …そんなことだろうか。
 多少次があるようなないような?な終わり方だったので、もしかしたら続く劇場版新作に期待したいと思う。少なくとも、神と神、俺は面白かったし。
 ドラゴンボールの映画、見直したいな…

 どうでもいいですが。
 俺の一番好きなDB劇場版は、激突!!100億パワーの戦士たち。
 これは本当に面白かったなぁ、やっと倒したメタルクウラが大量に出てきたシーンは、劇場で見てて子供ながらに絶望感を味わったものです。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

波多緒理樹

Author:波多緒理樹
アニメ見たりゲームやったり
同人描いたり酒飲んだりする
どこにでもいるような人間

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。