スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

劇場版 とある魔術の禁書目録

 劇場版 とある魔術の禁書目録 エンデュミオンの奇蹟
 監督/錦織博

 見てきた、初日に。もう一週間発っちゃったけど。
 アスキーメディアワークス20週年記念として制作された、とある魔術の禁書目録の劇場版。
 内容はTV版の総集編ということもなく、原作者監修の完全オリジナルになる。時系列としては、原作単行本の8.9巻の間くらいとのことらしい。
 アニメ版終了後から二年経ち、電撃文庫の看板としても後発の作品に譲ったという印象もあるのだが、流石に初日とあれば、各回満席が続くくらいの支持はまだまだあるようだった。
 見たのがアニメ版の舞台の参考にもなっている、立川だったというのもあるとは思うけども。
 自分はTV版見て原作も読む程度には好き、清く正しいライトノベルな感じが良い。

 学園都市に建設された軌道エレベータ/エンデュミオンは、その完成を間近に控えていた。
 そんなある日、主人公/上条当麻とインデックスは、路上ライブをしている少女/鳴護アリサと出逢い、意気投合するが…そんな彼女に、突如魔術師を引き連れたステイルが襲い掛かってくる。
 そして、エンデュミオンを舞台に、アリサを取り巻く物語がはじまる…

 といった話。
 元々独立した短編が作りやすい設定なので、すんなり受け入れられると思う。
 禁書/超電磁砲原作の時系列と照らし合わせると、若干の矛盾があるらしいのだが、劇場版ということでそこは寛容にいきたい。初見の人もいるだろうし。
 劇場版らしいスケールの大きさや、新キャラクタ等、特別感も十分だし。
 完全新作の劇場版、という看板には十分な前振りではある。

 個人的には良かったとは思う、満足。
 ただ、面白かった、と言うよりは久しぶりにアニメの禁書を楽しんだ、という感じか。
 禁書目録/超電磁砲のキャラクタ総出演といったサービスに、お約束の展開も忘れず、いかにも禁書らしい内容を劇場版のクオリティでやってくれたのは純粋に嬉しい。
 作画は中々良好で、特にアクション部分はかなり頑張っていると思う。
 主人公である上条さんの能力がビジュアル的に地味なので、それをカバーするために様々なキャラクタが出し惜しみなく暴れてくれる。能力を勿体ぶらないのはとても爽快だ。
 脚本には少々突っ込みたいところはあるものの、展開そのものは実に王道。
 劇場用の新キャラと出逢い、ちょっと仲が良くなってくる、するとその娘がストーリーの鍵で、その娘を守るor取り返すために奮闘する主人公…なんてのは、笑ってしまうくらいベタベタだ。
 だが、そういう分かりやすさが、かえって単純で気持ち良い流れになっている感じ。
 禁書目録のお約束、と物語の分かりやすさ、が上手く噛み合ってるんじゃないかな。
 見ていて、水戸黄門的な安心感があるのよね。

 展開はともかく、脚本にやや粗があるのは確かか。
 特に終盤はちょっと残念だった、演出の問題もあるだろうけど分かりにくい部分があったり、最終的なオチでも結局何も解決してないんじゃない?という感じだったり。
 最後に色々と詰め込み過ぎた印象、こう、痒いところに手が届かないというか。
 他、恐らく熱心なファンだと、時系列や原作との矛盾点も気になるだろう。
 それ以外は、サービス精神もある良い脚本だとは思うのだけども。
 登場キャラクタに関しては、登場するとは思わなかったサブまで出てくるので、ただでさえ登場キャラクタの多い本作において、こういった面は大変よろしいと思う。
 特に、個人的に大好きな婚后光子にセリフまであったのは大満足。
 ほぼ超電磁砲のキャラクタなので、画面に映ることすら無いだろうと思ってたのに、セリフも貰えて良かった。流石に、活躍といった活躍は全くしないのだけども。
 超電磁砲二期も楽しみですね。

 そんな感じ、少なくとも原作/アニメ版が好きなら楽しめるんじゃないだろうか。
 初見の人は、ちょっと楽しむにはハードルが高め。設定が結構ややこしい作品でもあるので、特にキャラクタの立ち位置が理解出来てないと、言動に付いていけないかも。
 既存作品の劇場版、としては十分な出来だと思います。
 他、劇場に足を運んでくれた方には、特典として原作者書き下ろしの短編小説が貰える。外装も電撃文庫仕様で、内容は劇場版の前日譚になる。
 先着10万三千名限定とのことで、欲しいのなら早めに劇場に行くがよろし。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

波多緒理樹

Author:波多緒理樹
アニメ見たりゲームやったり
同人描いたり酒飲んだりする
どこにでもいるような人間

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。