スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

切り札

 フォースオブウィル話

 大会出てきた。
 今回は前回大会では使わなかった、水光クロノスを使う。

 結果、一勝一敗。
 二戦目はかなり惜しかった…あともう1ターン凌げれば。
 相手の新たなる流れで、手札のルフ2枚落とされたのが痛かったかな。やはり大型が出張ってくる終盤は、ルフと和平交渉が無いとキツイ。そもそも和平すらブレイクに落ちてたし。
 あとは、正直クロノス使い過ぎて対策練られてた、ってのもあるか。
 あんま同じ店で同じデッキ使うのもアレよね。
 来週は闇風で出よう、相手が光だと即死するけども。

 FOWマガジン vol.2
 公式サイトによると、もう配布が開始されているはずなのだが、見当たらず。
 残念、早く二弾のカード知りたいのに。
 二弾も発売一ヶ月切ったのにね、カードゲーマーには3枚しか紹介されてなかったし…
 何で、こうも情報の公開を絞るのかがわからないんだよね、FOW。
 ブースター二弾を発売一ヶ月後に控えてます、店舗では予約も始まってます、二弾はBOXごとに特製トップローダーが1つ付属してます、今すぐショップで予約だ!
 でも、二弾のカードは紹介しません!
 じゃ、予約が増えるにも増えないでしょう…と思うんだけどね、プレイヤとしては。
 相変わらずよく分からない運営である、ギリギリまでカードの調整してるから公開できない、と好意解釈したいところだが、いやはやどうだろうかね。
 ちなみに。
 発売初期より散々ネタ扱いされてきたフォースオブウィルですが。
 今現在、現役プレイヤとして言うのであれば、かなりルールが制定されてきて、そこまでプレイに不都合を感じることは無くなっています。
 まだちょっと不安なところもあるけども、それはルールがおかしい、というよりもルールと照らし合わせるとカードテキストがおかしい、って感じだろうか。
 少なくとも、二弾以降は変な部分は無いんじゃないかな、多分。
 まぁちょっと覚悟はしておけ。

 CODE OF JOKER

 がちょっと気になる。
 セガが開発した、アーケード用ネットワークTCGである。
 セガでアーケードでネットワークでカードゲーム、というと三国志大戦とかその辺を想像してしまうが、ああいうのではなく、ゲームシステム自体はまんまTCGである。
 早い話が、ゲーセンでTCGをやる、ようなイメージだろうか。
 つい先日までロケテストをしていたみたい、行けばよかったな。
 プレイするにはAimeの登録が必要で、カードやデッキは全て一枚のIDカードを通して記録される。つまり、カード排出型ではなく、全てのカードがデータとして存在することになる。
 デッキやカードの構築はターミナルで行い、トレードも出来るらしい。
 他、プレイ戦績やらランクなどもあるようだ。
 ふーむ。
 やはり、利点としては対戦相手に困らない、ということだろうか。
 アナログTCGの宿命として、周りにプレイする人がいない、ショップで大会をやっていない、となると、どうしてもモチベーションが下がってしまう。
 それが、オンラインゲームだと解消される。
 対戦相手を全国から引っ張ってくるので、対人戦には困らないし、いざとなればCPU戦だって出来るだろう。とにかく、ゲームをプレイする、上での心配が無いのは強い。
 あとは、アナログではなくデジタルである部分の利点か。
 たとえば、シャッフルなどの無作為部分や、イカサマを防げる点などは大きい。
 長考を出来なくする、のもある。時間、という概念はアナログでは曖昧な処理をせざるを得ないからね。ともすれば、時間そのものをコストにすることだって可能だろう。
 これだけ考えるなら、面白そうではある。
 けど、ターゲットをTCGプレイヤに向けるのであるなら、デッキやカードが手元に無い、というのはかなりマイナス。実物がそこにある、ということは重要である。
 実際にカードに触れて、デッキをアレコレ考えるのが楽しいのに。
 そして、デッキが手元にない、ということは、ゲームはゲーセンでしか出来ないということ。当たり前のことなのだけど、でもそれはTCGとしてはとても致命的。
 場所さえあればどこでも対戦できる、手軽さを殺しちゃってるよね。
 勿論、それはアーケードでのオンライン対戦という幅広いフィールドと、どちらが優れているか…と、比較は難しいところなのだけどね。

 その上で。
 オンラインTCG、という点では、PCでも今は優秀なのが多いよね。
 有名なのはカルテとシャドウエラかな、ネットワークを介して、データのカードでTCGをやる、だけなら選択肢は結構ある。ブラウザゲームも増えてきてるしね。
 カードユニットがCGで白熱バトル、というグラフィック面で押すとしても、それだってPCゲームでも十分だし、TCGでそこまで派手にしてもしょうがない部分もある。
 はっきり言って、今のところゲーセンにわざわざ足を運んで、オンラインTCGをやる利点と唯物性、ってのはほとんど無いのよ。
 よっぽど、このCODE OF JOKERがTCGとして面白い、では無い限り。
 ちなみに。
 ロケテストでのレポートを読む限り、カードゲームとしてのシステムはとても地味。
 ライフ制度やアタック/バトルの処理なども、既存TCGの範囲を出ていない。
 折角デジタルゲームなのだから、もっとアナログでは処理しにくいパラメータや概念をシステムとして仕込めばいいのに。と思う、それこそ上述した時間とかね。
 あまりTCGでやっちゃいけないんだけど、確率とか…あとは、コンボや連携とか、ターンを跨いでのチャージとか(詠唱時間の演出みたいなの)、そういうの。
 例えばユニットに敏捷性が設定されていて、アタックを仕掛けても、敏捷が高ければ避けることが出来るとか…そうなってくると、最早TCGでは無い気もするのだけども。
 折角デジタルなんだから、アナログじゃ出来ない様なことで差別化して欲しいな。
 今のところ出てる情報だけだと、ガツン、とくるようなものは無い。

 ただ、試みとしては凄い面白いと思うんだよね。
 やっぱ全国のプレイヤと対戦出来るTCG、ってのは惹かれるよ。
 アナログの良さ、とは違った部分で、オンラインとアーケードで出来る魅力ってのがあればいいね。あとはゲームそのものの面白さとか。
 しかし…
 カードの販売がデータってことで、ソーシャル的な嫌らしさを感じるね。
 あからさまにレアリティの高いカードが強くて、レアカードは高い金支払うと貰えるよ、ってなるともの凄く萎える。ロケテでも、レアカードとの交換券が配られたんだっけ?
 カードの強い弱いはあっても、構築とプレイングでカバー出来るのがTCGよ。
 金と時間さえあれば、誰でも強くなれるようなソーシャルとは一緒にして欲しくない。
 この辺がしっかりしてれば、とりあえずプレイはしてみたいかな。
 正式稼働は夏頃を予定してるみたい、もう一回くらいロケテやるかな?
 とにかく、頭の片隅にでもこのタイトルは置いておこう。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

波多緒理樹

Author:波多緒理樹
アニメ見たりゲームやったり
同人描いたり酒飲んだりする
どこにでもいるような人間

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。