スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

さわやかな日曜

 今日の話題はこちら。

  130126-01.jpg

 牙 -KIBA- 構築済みスターターデッキ。
 ショップの特価コーナーで埃をかぶってたので救出、そのお値段200円。良い買い物をした。

 さて、この牙というTCG、アニメもやっていたので記憶にある人もいるかもしれない。
 しかし、その肝心のアニメはTCGの販促なぞ全く考えていない代物で、劇中で登場人物がカードバトルなぞする気配もなく、そもそもカードゲームのアニメなのかすら分からないような内容。
 牙というカードゲームをするアニメ、ではなく。
 牙というカードゲームの設定だけを使った、普通のアニメだったワケです。
 そういうこともあってか、折角アニメ放映もし、CMではトレーディングカードゲームの広告もしていたのだが、肝心のアニメが販促になっていないので視聴者にイマイチ伝わらない…
 結構大掛かりなプロジェクトのようでもあったが、販促を完全に失敗。
 結局、ゲームはアニメの終了と共に展開を終了。
 それでも、スターター1つ、ブースター5種、と健闘した模様ではあるが。
 名誉を守るために書いておくが、確かにアニメ版はTCG要素なぞカケラもない作品ではあったけど、純粋なアニメ作品としては実に見応えがあって面白い。
 あのストーリーで、ちゃんとカードバトルもしてくれてたらなぁ…
 また、結果も違っていたかもしれない。

 以前も度々TCGの話になると、牙がやりたいと言ってたので、純粋に嬉しい。
 何せ、上述したように、アニメは見てたのだけど、どんなゲームなのかは分からなかったしな。
 おあつらえ向きにスターターは二個あったので、早速これで対戦する。

 基本的なルールはオーソドックスで、クリーチャー(このゲームではスピリットと呼ぶ)などを駆使して、相手のライフ…お互いに初期値25を、0にした方が勝ちとなる。
 バトル方式はMTG型、手番プレイヤが行うスピリットによるバトルは、基本的に相手プレイヤー対象になり、相手プレイヤも攻撃を受けるかアンタップ状態のスピリットで防御するか選べる。
 これを、場にいるスピリット一体ずつで行う。
 で、あらゆる行為は全て即時解決するタイプなため、スタックなどは無い。
 スタックは読み合いなどが面白いけど、処理が複雑化するので個人的には即時解決型の方が好きなのよね…そういう意味では、MTG型な上で即時解決なのには好意的。
 面白いと思ったのは、このゲーム、メインフェイズの前にバトルフェイズがあるのよね。
 バトル出来るのはバトルフェイズのみであり、通常手札からスピリットを召喚出来るのはメインフェイズのみ。なので、召喚酔いはないけど、攻撃するのに1ターンかかってしまう。
 そこで、重要になるのは【速攻】というキーワード能力。
 普通のTCGでは、速攻、というと召喚酔い無効、と思いがちだが牙では仕様が異なる。
 このゲームは、全ての行動はアクションとして処理され、それら全てが即時解決。で、一つのアクションが行われる度に優先権がお互いに移っていくタイプなのだが。
 この速攻という能力を持つカードは、アクションが行えるタイミングで使用が可能。
 早い話が、速攻能力を持っていると、自分のバトルフェイズに場に出せてそのまま攻撃も出来るし、相手のアタックに対して速攻で場に出してブロックも出来る、ということ。
 で、この速攻はスピリットだけではなく、いわゆるスペルカードにも存在する。
 普通のスペルはメインフェイズにしか使えないけど、速攻スペルはインスタントみたいに、どのアクションタイミングで使うことが出来る、という感じ。なるほど。
 こういう風に差別化するのか、とちょっと感心した。
 なるほどなー

 で、このゲームの一番の特徴は、経験値とレベルアップの概念、そしてコスト。
 コストはエネルギーとして、ターン開始時に3つ入ってくる。バトスピのボイドみたいに、ゲームの外から自動的に。で、これには上限がない。
 そんでもって、ターン終了時に、このエネルギーを2つまで、経験値エリアに置くことが出来る。経験値は、手札からカードを使用する度にも、1ずつ手に入る。
 そして、経験値が6に溜まった時、ターン終了時にレベルアップが強制的に行われる。
 レベルアップするとカードをデッキから一枚引き、手札から一枚選んでレベルエリアに一枚置ける。で、レベルエリアに置かれたカードの属性しか、手札から使えない。
 そして、カードには使用が可能なレベル制限と、使用コストがあり。
 プレイヤはカードを使うためには、そのカードを使用することが出来るレベルであること、使用するカードと同じ属性のカードがレベルエリアに存在すること。
 その上で、使用コスト分のエネルギーを払う必要があるワケだ。
 混色もしやすいし、コストを現在のレベルと使用エネルギーと二つに分けたことで、いわゆるマナ管理型とは違った戦略が必要となってくる。
 なるほどなー

 プレイして思ったこと。
 とにかく地味です、システム周りはよく出来てるし、ルールも分かりやすいんだけど、コレといった特徴というか、ここが楽しい!という部分が無い。
 際立った個性を感じない、あともう一味欲しいところ。
 他、思ったことと言えば、このゲームはとにかくレベル上げが重要。ということは、低レベル低エネルギーで出せるスピリットが超強い。
 当時を知らないし、今や当時の環境などを知る術もないのだが、恐らくウィニー最強、もしくは経験値上げられるカードが猛威を振るったんじゃないかな。
 うーん。
 もうちょっと遊んでみたいところ、どこかにブースターが捨て値で売ってないかな。
 あとアニメ版見返して陰鬱な気分になりたい。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

波多緒理樹

Author:波多緒理樹
アニメ見たりゲームやったり
同人描いたり酒飲んだりする
どこにでもいるような人間

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。