スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

羽ばたくイメージ

 週末はプリキュアDX3を堪能した後、引越しした友人の家へ。
 夜も深けるまでヴァンガードをやっていた…
 自分の盛り上がりっぷりと度重なる布教のおかげで、身内の何人かが興味を持ってくれたので、対戦相手には苦労しなさそうだ。
 で、一人2BOX、もう一人が3BOXと。
 合計5BOXほどのブースター開封を目の当たりにしたのだが…
 アマテラスSP×2、RRR×2が一度に出るとか、一体どういうことなの。
 早速戦力に差が出た気配。

 シングルで整えた自分のデッキと。
 即席で作ったオラクルシンクタンクデッキが良い勝負、みたいな勝率。
 オラタンが能力的に強いのは仕方ないとして、俺ももう少し使うカードを厳選して、もっとデッキ内容をスマートにしないと駄目だな。
 ノヴァクラかげろうだから、パンチ力を強化しないと…
 安いからって4枚買ったジャガーノートマキシマムが思いの外弱い、エンド時山札に戻るけど、SB1で+5000の固定砲台としては強いと思ったんだけどなぁ。
 こりゃスパイクブラザーズのカードが揃ってからだな。
 こうなると、やはりアシュラカイザーが欲しくなってきたな…
 でも高いんだよなぁアシュラカイザー。
 今はジェノサイドジャックとドラゴニックオーバーロードでまかなってるけど、やはりパワー11000台のカードは強いわ。
 防御側になると如実に効果が出るよね。
 あとはトリガーのバランスかな…ヒールトリガー無視してスタンドかドローを増やした方がいいかもしれない、守るなら殴れ、なデッキだし。
 バトルライザーをあと3枚…は厳しいけども。

 週末、都内のカードゲームショップを覗いて。
 案外ヴァンガード流行ってるんだな、という印象。
 デュエルスペースではどこでも対戦してる感じだし、シングルカードを品定めしている客も多かった。ブースター開封してる人も見受けられたし。
 新規カードゲームとしては上々なのかな。
 TD2個、ブースター一弾でカードの種類は大体100と、まだまだ種類が少なくて出来ることは少ないが…これからの拡張性に期待するかな。
 これから先の展開でありそうなのは…

 グレード4の登場
 攻撃力を持たないアーティファクトみたいなユニット
 トリガーの種類が増える

 かなぁ。
 現状ヴァンガードには攻撃が可能なユニットしか無いから、ブーストや攻撃手段は持たないけれど、何らかの作用を場に与えるユニットは来ると思う。
 レストして手札を捨てると効果発動、とかね。
 こうなると、リアガード撤退能力や、テージャスみたいに後列のユニットを攻撃出来るという能力がさらに活かされる…はず。
 トリガーの種類も、戦略の幅を考えるとあるだろう。
 スタンドやクリティカルトリガーの恩恵が、防御側だとあまり無いってのもあるしね。16枚をどう分散するかでもっと頭を悩ませたいところだ。
 例えば、グレード1以下のユニットを撤退させるとか。
 ドロップトリガーって感じか、シンボルは退で。これが出ると、ドロップさせて相手のブーストを阻止したり出来るという使い方で。
 …少し強過ぎるな。
 ともかく。
 ルールがシンプルなので、どう拡張するかも楽しみだ。
 ブースター二弾は数BOX買うことにしよう…



 海賊戦隊ゴーカイジャー 5話

 週末は友人宅でヴァンガ→熟睡してたら見過ごした…
 折角のデカレン回だったというのに!
 まぁ、いずれ見る機会もまた来るだろう。

 スイートプリキュア♪ 6話

 初期のパワーアップ、固定武装の販促回。
 奏と弟の奏太、それから一人っ子でもある響の三人で、兄弟に対する思いとかスタンスの違いで一悶着が起こる…というよくあるお話。
 それにしても、本当スイートは喧嘩ばかりである。
 喧嘩というか、意見や個人の意思の衝突みたいな感じなんだろうか。
 そこには、他人を完全には理解出来ないもどかしさと、他人を思うことが出来る信念みたいなのが、奇妙なバランスで混ざり合ってる気がする。
 メデタシメデタシ、で終わってる感じがしないんだよね。
 他人を信じることは自分の意思を信じることで、誰も傷つかずに相手を理解して思いやることは決して出来ない、みたいな。
 そういうのが、喧嘩という形で表現されている。
 そんな気がする。
 俺は面白いと思って見てるけど、幼女はこれどうなんだろう。
 奏とか怒ってばかりだし、人気無さそうだなぁ…
 とにかく、ちょっとだけ今までと違った印象を受けた回ではあった。
 他、新アイテムであるミラクルペルティエ使用のバンクがかなり可愛い、これは玩具で真似したくなるだろう。形はどう見ても極太バイブだが。
 来週は奏の武器でも登場すんのかな。



 拍手レス

>そこら辺は作り手さんの捉え方の違い(単なるプレイヤー)ですかね------------

 自分はそういうのはあんま気にしません、どんな作品にしろキャラクターにしろ、入れ込み過ぎると盲信的になって碌なことにならないので。
 娯楽を娯楽以上に捉えることはないですから。
 そこまで思ってくれるファンがいる、ってのは有難いことなんでしょうけどね。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

波多緒理樹

Author:波多緒理樹
アニメ見たりゲームやったり
同人描いたり酒飲んだりする
どこにでもいるような人間

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。