スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

門前払い

 週末は、ヱヴァQ見た後大洗に行ってきた。
 茨城県の沿岸沿いにある大洗は、あんこうの漁獲でも有名。
 特にあんこう鍋は、地元の名物料理である。
 そんなワケで。
 大洗で開催された、大洗舞祭&大洗あんこう祭へ足を運ぶ。
 お目当ては、チャリティーとして安価で配布されるあんこう汁、それからあんこうの吊し切り。他にも郷土の特産品や屋台など、期待できるものは多い。
 天気は小雨がぱらつき、かなり肌寒かったが…
 温かいあんこう汁が、冷えた体にとても有難い。ゼラチン質タップリで美味かった。
 会場も、随分とこう、小ぢんまりとしているのを想像していたのだが、比較的大きめで、来場客も多かった。地元民が大多数だろうけど、地方のお祭りってこんな感じよね。
 他、色々と屋台で買い食いする。
 酒が欲しくなる勢い、海沿いの街だけあってか、海産物が美味ぇ。
 で、問題は吊し切りで。
 開始時刻になっても一向に始まらず、あまり時間も無いわ寒いわで、会場を後にすることに。
 その後、地元の有名な海鮮飯屋で昼食をとる。
 少々お高かったが、それに見合う料理で満足。やはり酒が欲しい。

 で。

  121119-01.jpg

 こういうのも買ってきた。
 現在放映中のガールズ&パンツァー、その舞台が大洗ということで。
 この祭の記念として生産された酒らしい。
 街中にはガールズパンツァーのポスターが貼られ、奇妙な馴染み具合をしているのが恐ろしい。花咲くいろはに触発されて石川県まで行った時もそうだが、異常な空間にも思える。
 ちなみに、この酒の名前は聖地巡礼という。まんまやね。
 焼酎のようだが、果実類を多く含んだリキュール類に分類されるみたい。
 味は、何だか複雑だった…
 あんまリキュールは飲まないからなぁ。
 それから、ガールズパンツァー自体は、俺はあんま好きじゃなくてどうでもいい。
 スト魔女の映画ん時にも書いたけど、舞台を設定するためのハッタリが中途半端な作品って嫌いなんですよ。もっと胡散臭い設定でっちあげればいいのに、っていつも思う。
 ガールズパンツは特に、80年代に横行した女子高生がバズーカ持って大暴れ、的なビジュアルイメージを先行させた部分はあれど、突き詰めたナンセンスさが圧倒的に足りない。
 本来咬み合わない要素を整合化するためのハッタリが半端なので、注視する点が曖昧になってる。もしくは、要素を詰め込んだせいで、アンバランスな作品になってるんだろうね。
 女子高生と戦車、がやりたいならそれこそ戦時中にでもしてしまえばいい。
 そういう意味では、まだスト魔女の方がマシだ。
 …身内が言うには、俺は入り口の時点で躓いてる、らしいのだが。
 多分、こういうことが気になってる時点で俺には合わない作品なんだろう。
 しかし何だね、こういう美少女とミリタリーってのは、一定周期で色々と出るけど、売れたり売れなかったりでその落差が激しいよな。ミリタリ色を強くし過ぎるとイカンのかな。
 次は海軍系が流行るかな、バージンフリートという単語が頭を掠めたが多分気のせい。
 もしくは潜水艦。
 潜水艦における潜水や航海のシステムや掛け声なんかは美少女ものによく馴染みそうだしね、戦闘シーンもそこまで派手じゃなくても良さそうだし。画的に凄い地味だが。

 とにかく、小旅行とも言うべき週末は楽しんだ。
 ヱヴァも満たし、美味いもの食ったし、十分。
 しかし。
 本来行くはずだったゲームマーケット2012秋、は週末で予定以上の出費をしてしまったため、大人しく家に引きこもっていた。欲しいゲーム結構あったんだけどね…
 同人誌と違って、この手の個人制作のゲームは手に入れる機会少ないからなぁ。



 フォースオブウィル話

 ボチボチ各色のSRとか公開され、発売まで二週間を切り期待も高まる。
 …が、やはり一部のカードが頭おかしかったり、ルールが制定されてなかったりと、不安な部分も多い。というよりも不安しかないという、素敵なゲームである。
 ヴァルハラからコッチ、盛り上がっていた身内連中も手を出すの止めようか、と言い出す始末。
 正直、俺も止めたい。

 光
 【白き稲妻トール】光光③:1000/1000 SR
 光のSR、攻撃宣言時、手札を一枚破棄して、攻撃対象選択前に相手リゾネイター1体をレスト出来る。
 強制的に指定攻撃が可能でもあるし、ダイレクトアタックを防ぐブロッカーを止めることも出来る。
 今までのSRを考えると、実に健全な能力なカードである。
 健全過ぎてあまり面白みは無いが…単純に5コス1000/1000なら十分かしらねー
 【閃光の騎士団長】 U
 光の追加ルーラー、J条件が、自分の場に4体以上のリゾネイターがいる、と軽めなのが良い。
 レストすることで、対象のリゾネイターに指定攻撃を付与することが出来る。
 現状だとあまり使えないイメージ、Jルーラーの能力次第かしらねー
 【聖跡探索】光①:詠唱 C
 魔石デッキから好きな魔石1枚を選び、レスト状態で魔石エリアに置けるスペル。
 混色なら使い所が…という感じ、現在のルールだとあまり使われることはないだろう。
 ブレイクで魔石デッキの一番上のカードを魔石エリアに置けるので、ライフブレイク狙いで入れるのも一興。手札に来たら何かのコストにでもしてしまえばいい。
 【屈服の威光】光①:詠唱待機 C
 任意発動で、対象のリゾネイターを1体レストすることが出来る。
 使い方はトールの能力と同じような感じ、わざわざ専用のカードを使うかは微妙なとこだが…

 炎
 【バーサーク・ドラゴン】炎炎⑧:2000/400 SR
 飛翔、貫通を持つ大型リゾネイター
 自身の戦闘したバトルフェイズの終了時、全てのリゾネイターと自分に1000のダメージを与える常時能力を持つ。とてもリスキーで大雑把なデメリット持ち。
 ちなみに、バトルフェイズの終了時となっているが、現在のルールだと戦闘を行ったリゾネイターが破壊されるタイミングは終了時ではないので…生き残らないと発動しない。
 非常に使いにくいリゾネイターでもある、重いし。
 怒りの伝播で使うくらいしか用途が思いつかない、それでも重過ぎてどうしようもないが。
 【怒りの業火】炎④:詠唱 C
 相手プレイヤに1000ダメージを与える、直接火力。
 その代わり、相手のライフが1000以下の場合には使用できない。が、火力大将軍だと1100ダメージを与えられるので、上手く調整すれば最後の詰めで使えるかも。
 【火焔術~狐火~】炎①:詠唱待機 C
 リゾネイターの召喚時に、場の全てのリゾネイターに200のダメージを与える。
 対ウィニー用に重宝しそうだが、自分のリゾネイターにもダメージが入るのには注意したい。
 当然、自分のリゾネイター召喚時にも使うことが出来るので、返しのターン用かしらねー
 それにしても炎はホント大雑把だな。

 水
 【潮騒の歌声】水②:200/200 U
 レストすることで、自分の場にいるマーメイドの数分の水ウィルを発生させるマナクリーチャー。自身もマーメイドなので、最低でも水1ウィルを発生出来る。
 一体マナ加速がどの色の得意分野なのか分からなくなるほどマナクリーチャーが多いが、学士やエアなど低コストマーメイドが多い水には、このカードはかなり危険。
 当然、ウィル持ち越しも可能なので…考えるだけで恐ろしい。
 その分ステータスが低いのが難点だが、アントリテ使ったマーメイドの専用デッキでも組めば問題無いだろう。おお、恐い恐い。
 【青海の女戦士】水②:600/600 C
 指定攻撃、及びブレイクで場に召喚することが可能なアタッカー。
 3コス600/600は平均的な能力な上、指定攻撃/ブレイクまで持っていると、コモンとしてはかなり優秀なんじゃないだろうか。これでマーメイドだったらよかったのに。
 水の序盤を支えてくれそうな感じ、あまり攻めにいく属性ではないのだけどね。
 【マジックトリッカー】水①:200/200 C
 参戦時、手札を全てメインデッキの下に戻し、戻した枚数分のカードをメインデッキからドロー出来る能力を持つ。分かりやすい手札交換が可能。
 手札がイマイチな時、狙ったカードがこない時に使用すると良い。コストも軽いし。
 宿営地と組み合わせれば、エライ勢いで回復が可能。遅延デッキのお供にどうぞ。
 【新たなる流れ】水水②:詠唱 R
 全てのプレイヤは、手札を全て墓地に置き、メインデッキから4枚ドローするスペル。
 優秀な手札リセットでもある、相手のハンドアドを無効化出来るし、こちらの手札調整にも使える。
 どちらかというとデッキ破壊に使いたいカードでもある、全部決まれば16枚破壊はロマン。

 風
 【辺境の守護者】U
 風のルーラー、J条件が風風風と軽いのがイカス。
 レストで対象のリゾネイターに+200/0の修正と貫通を付与する、ちょっと地味かも。
 Jルーラー次第かねぇ。
 【精霊騎士ゴットフリート】風風①:400/400 SR
 風二枚目のSR、アディション時に追加で+300/300の修正を受ける常時能力と、指定攻撃を持つ。
 アディション付加が前提になるものの、コストを考えても優秀なアタッカーである。相変わらずバウンスには弱いんだけどね、でも上手く決まればとても強い感じ。
 是非とも、デルピニオスさんと組み合わせたい。
 しかしレアリティがSR…シングル価格はどうなるのか、そもそもシングル扱う店があるのか…

 闇
 【黒の魔導師】U
 闇のルーラー、J条件が闇闇闇、風と同じ低コストルーラーなのかしら。
 常時能力として、闇1ウィル、手札からリゾネイターカードを1枚捨てることによって、メインデッキから1枚ドロー出来る。正直なところ、闇っぽくはない。
 ただレストを使用しないので、条件タイミングでウィルの許す限りドロー出来るのはエライ。そういう意味ではフレイアちゃんのドロー能力よりはフランクよね。
 今はまだ数も少ないが、リアニメイトのお供にも最適。
 もっとドロドロした能力が良かったけどさ。
 【謀略の魔候アモン】闇③:-/- SR
 参戦時に、自分のライフを任意で100単位で支払うと、その総数がATK/DEFと同じになる能力を持つ。
 参戦能力はチェイスでバウンスされても、焼かれても発動するので、バウンスされたら支払ったライフ分が無駄打ちになるという素敵な能力でもある。
 他、参戦能力がどのタイミングで適応されるのかも不鮮明な上、アモンの元々のATK/DEFは0/0扱いなので、チェイスで焼けばルール上常時能力が発動する前に破壊可能。
 そんなわけで、現在のルールではとても使いにくいSRである。
 支払ったライフが即座にATK/DEFになったとしても、バウンスにも滅法弱いしね。
 【ジャック・オ・ランタン】闇闇①:400/400 C
 ブロックされない常時能力と、スペルや能力の対象になった時、全てのプレイヤへ500ダメージを与えて墓地に行く自爆能力も持つ。
 レスト状態の相手リゾへ攻撃しかけるも良し、ダイレクトアタックでちくちくするも良し。攻撃対象になったらそのまま落としてもいいし、対象に選択して自爆しても良い。
 使うデッキは選びそうだが、活躍の場は広そうな感じ。

 無
 【ボンバー・ギミック】③:600/200 C
 爆散持ちの無属性リゾネイター。
 爆散は低コストのリゾで相打ちさせるのが常套手段なので、使いにくい印象。
 【ギミックミミック】④:200/200 U
 場にいる限り、お互いのルーラーはジャッジメント不可能になる機能持ち。
 早々にこちらがJ化して攻めこむのも有りだが、現状J化が求められるのは終盤、それも逆転するかしないかの場面くらいなので…相手の戦法を封じるのに使えるくらい?
 4コスと少々重いのも難点、最速だと3ターンくらいにはJ化しちゃうしね。
 【フライング・ギミック】④:500/500 C
 飛翔持ちだが、4コスでこのステータスは少々厳しいか。
 せめて600/600なら、まだ何とか…いや飛翔自体は強いんだけどさ。

 ここ数日はカードの能力が普通になった印象、今までが頭おかしかっただけなんだが。
 このまま、一部が頭おかしいだけで、至って普通のカードデザインのゲームになって。
 ルールがキチンと制定すればあるいは…
 それでも、宝樹とグレンデルと黒太陽は擁護出来ねぇ。
 あと、メタゲーム前提な感じなのもあんまり印象が良くないかね、このカードにはこのカードが刺さる、を作り手が意図的に盛り込んでる感じはある。
 どうなることやら。
 そろそろ書くのも疲れてきた。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

波多緒理樹

Author:波多緒理樹
アニメ見たりゲームやったり
同人描いたり酒飲んだりする
どこにでもいるような人間

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。