スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

エクスペンダブルズ2

 エクスペンダブルズ2
 監督/サイモン・ウェスト

 見てきた。
 2010年に公開されたエクスペンダブルズの続編。
 前作も当然見に行きました、続編製作の報があった時にはもう大興奮。
 往年のアクションスター、それも主演クラスの役者が所狭しと重火器ぶっ放したり、筋肉美あふれるアクションこなしたりと、ハッスルマッチョ何巴な本作は、娯楽性も話題性も抜群だった。
 で、今回はその続編。
 新たに参加した役者陣も魅力タップリで、期待も高まるってもの。
 特に、個人的に好きで好きでしょうがないジャン・クロード・ヴァンダム様の参加は非常に嬉しかった。それに加えて、生きる伝説のチャック・ノリス参加とか、盛り上がらないハズが無い。
 そんでもって、今回は、吹き替え版の方を見てきました。
 普通なら字幕しか見ないんですけど、あまりにも吹き替え版の声優が豪華だったので…
 字幕版も見に行こうかなぁ。

 自らを消耗品と名乗る傭兵軍団/エクスペンダブルズ。依頼を果たしアメリカへ戻った一行に、チャーチから墜落した輸送機から、あるものを回収するという仕事を持ちかけられる。
 やむを得ず依頼を受けた一行は、新たなメンバーを加えアルバニアへと向かうのだが…

 というお話。
 前回同様、正直言ってストーリーと言えるようなものはほとんど無いです。
 ストーリーはあくまでもアクションと役者を際立たせるために用意された添え物であり、軍事機密や冷戦時代の遺物、など少々古臭い単語がさらに往年のアクション映画を彷彿させていく。
 この時代への逆行っぷりがたまらない。
 冒頭数分で、アクションが輝いていたあの頃の映画、に引き込まれる。
 逆に言うなら、その古臭さが駄目な人にはとことん合わないかもしれない。
 しかし、それすらも凌駕する魅力があるとも思う。

 個人的には面白かったです、前作共々大興奮ですわ。
 まさに「ぼくのかんがえたさいきょうのアクション映画」が、さらにパワーアップして帰ってきた。
 錚々たる顔ぶれに加え、アクションのシチュエーションも前作よりも豊富になったため、まさに大好物だけを詰め込んだ寄せ鍋という感じに仕上がっている。
 予想を裏切り期待は裏切らない、そんな展開の連続は、視聴者がこの映画に求めているもの、を制作側も役者も完全に理解している証拠だ。
 今回はそれに加えてお遊びも豊富で、役者をネタにした会話や設定も良い。
 ネタといっても不快なものではなく、ノリス演じる役名がブッカーだったり、シュワルツェネッガー演じる役に「溶鉱炉に沈めるぞ」など、分かるとクスリオと笑えるようなものだ。
 役者の歴史や偉大さを実感できるネタでもある、実際館内でも所々で笑いが起きていた。
 ズルイぜ、これは。

 前作で不満だったことの一つに、筋肉が少ない、というのがあった。
 アクションシーンは確かに派手なのだが、銃を使ったものや、火薬の凄さが目立っており、役者の肉体美溢れる生身の活躍がちょっと物足りなかった。
 今回はそれが解消されており、実に良い感じになっている。
 身体を張ったアクションから、勿論銃火器で暴れまわるシーンまで多彩。戦場のシチュエーションも増えたので、ビジュアル的にもとても楽しめる。
 中盤多少感傷的なシーンが続くが、アクションとのメリハリも必要である。
 難点と言えば。
 編集が雑というか、シーンごとの繋がりが妙な箇所がいくつかあった。
 敵を追っていたハズなのに突然先回りになっていたりとか、片道で7時間もかかるはずの場所に置いてきた輸送機にイキナリ搭乗していたりとか、見ていて?となったシーンも。
 そんな細けぇことはきにするな!と言われれば気にしないし、確かにこういう些細な事を気にしても仕方のない映画でもあるのだが…
 やっぱり気になってしまった。
 そういうのを差し引いても魅力的な映画だとは思うが。

 小難しいこと考えないで、派手で爽快感のある映画が見たい。
 そんな人にはオススメである。
 確かに古臭いし、役者達も今をときめくような方々ではないが、必ず知っている名前とビジュアルは一人はいるはず。そんなスターが集まって作った、壮大なお祭りが本作だ。
 …でも、ちょっと若い子と女性には向かないかもしれない。
 が、全力で男の子している映画なので。
 男のリトマス試験紙として十分機能するだろう、見終わったあと無駄に筋トレしたくなる。
 とにかく俺は、スタローンVSヴァンダム様が実現しただけでも夢の様なので大満足。劇場で本気で泣きそうになった、興奮で金玉が破裂するかと思ったぜ。
 はー、もう、言葉では言い表せないくらい楽しんできた。
 もう一回見てこようかな。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

波多緒理樹

Author:波多緒理樹
アニメ見たりゲームやったり
同人描いたり酒飲んだりする
どこにでもいるような人間

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。