スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

魂の還る場所

 フォースオブウィル話

 公式サイトのマイページ登録キャンペーン
 で、貰える光水属性のハーフデッキを貰ってきた。

 光属性はほとんど体験会のものと同一だが、戦闘時に相手リゾネイターのATK/DEFをマイナスさせることの出来るヤツが追加。こいつは強いけど、2枚しか入ってないのがちょっと残念。
 水属性は、水らしくドローとバウンスに秀でたカードが数種類。
 特に、墓地行きで1ドロー、CIPで1ドローを持つリゾネイターは超強力。
 ドローの査定甘過ぎるだろ!
 他、チェイスタイミングで自バウンスを持つ大型リゾネイターも中々。
 ハーフルールだとライフが2000なので悠長なことやってられないから採用は難しいが、戦闘時でのATK値がチェイスに乗るらしく、ブロックしてバウンスするとアタックだけ通るという。
 そういうステキな使い方が出来る。
 というか、戦闘時でのアタック値がチェイスに乗るってだけで大歓喜。
 かなりいやらしい戦い方が出来そうだ。
 専用ルーラーはレストすると対象リゾネイターに飛翔を付加することが出来るもので、これも大型が出揃ってくる後半に輝きそうなので、現状ルーラーとしてはそれほどでもないかも。
 ただし、J条件が詠唱待機2枚と比較的安易であり。
 ウィルコストを事実上先払いすることが出来る、といった点で秀でている。
 Jルーラーは参戦時に2体バウンス、対象に飛翔不可、指定攻撃/貫通と中々に優秀。
 特に貫通は強力で、最速4ターン目でJルーラー化が可能な上、1000/1000というステータスは序盤で盤面に出てこられると非情に厄介。現環境では最強に近いんじゃないだろうか。
 しかもイラストが中々にえろい、良い感じだ。
 硬派を気取るのも良いけど、ちょっとはユーザーに媚びないとな。

 他、体験会にも出てきた。二回目。
 これで体験会用のハーフデッキ二個ゲットぜ、色々と構築の幅が広がるな。多分。
 そんでもって、色々と疑問に思ってたことをスタッフの人に聞いてみた。
 特に、光のスペルである一騎打ちについて。
 詠唱待機で、対象のリゾネイターかJルーラーにプラス補正を与えるカードなのだけど、このカード、体験会のデッキと登録キャンペーンで貰えるデッキでは、能力が違うんですよ。
 体験会だと、リゾかJルーラーに+400/+400
 キャンペーンだと、リゾのみに+400/+400
 となり、キャンペーン版だとJルーラーを強化出来ないのよね。
 このことを聞いた時、スタッフの人も驚いていた。どうやらスタッフでもこのことは知らなかったらしく、後日どうなるか公式で発表するとか何とか言ってくれたのだけども。
 早速公式でエラッタかかってました、キャンペーン版の方が優先されるとのこと。
 …確かに、Jルーラーまで強化出来たら強すぎるからなぁ。
 仕方ない。
 他、なるほどと思ったのはドローフェイズとリカバリーフェイズについて。
 通常のカードゲームというのは、自分のターン開始時に、まずはリカバリー(全てのカードを↑状態に)してからドロー、なのだけど、FOWはドローが先でリカバリーが後なのね。
 で、例えばMTGだとアンタップ(↑にする)とドローの間に、アップキープという中間のステップが存在する。つまり、アンタップとドローの間に行動できるタイミングがあるのよ。
 これが、FOWだとドローとリカバリの間に、アップキープが存在するということになる。
 つまり、自分のターン開始時に、レストすることによって効果を発揮することの出来る能力を持ったリゾネイター/ルーラーがいるのなら、その能力をドローとリカバリの間に使えるの。
 例えば、レストすることで[このターン対象のリゾネイターに+400/+400]することの出来るルーラーがいるならば、まずリカバリ状態のままで相手ターンをやり過ごす。
 そうすると、ドローのあとこの能力を対象に付加した上で、リカバリフェイズでリカバリーすることが出来る…と、そういうことだ。
 このゲーム、召喚酔いがあるのでリゾネイターを召喚したターンは攻撃もレスト能力も使えないけど、相手ターンに移った時点で召喚酔いは消えてるので。
 この、ドローとリカバリの間にあるアップキープ、で色々と悪さができそう。
 何でドローが先なんだろう、と思ってたけど、なるほどと思ったわ。

 そして、初の公式イベントであるヴァルハラ前哨戦。
 まずは今週末に名古屋で開催、ああ東京編が待ち遠しい。
 俺は双剣ルーラーの白青で出る予定、双剣の能力でゴリ押しすることしか出来ないけどね。
 あとは、体験会デッキ二個揃ったし、火力デッキでも組んでみようかな。
 楽しみだ…けど、やっぱり気になるのは参加人数かな。
 正直言って、FOW自体は好きだし期待はしている、だが商品として現状成功しているとは言いがたい。だから東京編でも、集まって5.60人程度なんじゃないかな、と思う。
 もしかしたらもっと少ないかもしれない。
 ゼクスの発売前に行われたHSは、そこそこ人がいて逆に驚いたけど、ゼクスはあれだけ広告や販促を行った上での結果だからいいとしても、FOWは果たしてどうだろうか…
 少なくとも、今週末の名古屋編である程度のものは見えるかもね。
 やはりここは、ユーザーとして何とかするしかないか。
 スターター発売されたら対戦/解説動画でも作ってみようかな。

 ヴァルハラ前哨戦東京編は今月21日開催。
 その日は電撃20年祭も行われて、ラブライブのステージイベントも開催なのだが。
 ステージイベントのチケット取れなかった。
 何かもう悔しさをバネにして戦ってこよう、ある意味好都合ではあったのだが。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

波多緒理樹

Author:波多緒理樹
アニメ見たりゲームやったり
同人描いたり酒飲んだりする
どこにでもいるような人間

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。