遅すぎた季節

 ラブライブ話

 今日は4枚めのデュオトリオCD、Soldier Game発売日。
 …だが、相変わらず入手は出来ず。
 生活範囲内にあるアニメイトは役に立たないので、週末にでも都心に出るしかないのだが、このデュオトリオCDには特定の店で購入すると、イベント応募券が一枚につき一口付いてくるのだ。
 つまり、CDを買えば買うほど応募券を手に入れることが出来るので。
 どうしてもイベントに参加したければ、CDを沢山買うしかない、というワケだ。
 清々しいくらいのAKB商法なのだが、このおかげで都内の店舗でも店頭からここ最近はすぐに姿を消す始末。ただでさえ流通量少ないのに勘弁して下さいよー
 俺はCD一枚あれば十分なのに、そりゃ出来ればイベントにも参加はしたいが。
 今回は、折角のエリチカ南條のイベントなのに…
 現物があれば、うっかり10枚くらいは買ってしまっていたかもしれん。
 それはそれで。
 しかし、一枚買って一枚応募したところでイベントに当選する気が全くしないので、もう店頭購入は素直に諦めて通販で済ますのも一つの手かもしれない。
 何かもう、しっかりしてくれ近所のアニメイト。
 あと、ラブライバーもCDを20枚も40枚も買わんでくれ、俺のために。

 アニメロサマーライブ2012
 に、μ'sが参戦決定ですよ。
 毎年夏に開催されている、アニソンやらその辺のアーティストがこぞって集結するデカイライブ。会場はさいたまスーパーアリーナで、二日間に分けて行われる。
 で、今年の二日目に急遽参戦ですって。
 おのれ。
 そういうことは、もっと早く告知してくれないと困る。
 この手の複数のアーティストが参加するライブというのは、大体が徐々に参加アーティストを後悔していく、という形をとっている。スケジュールの確保とかもあるんだろう。
 そのため、最初は興味の無かったライブでも、突然お気に入りのアーティストが参加することになって、慌ててチケットを取らざるを得ないという状況になることも多々ある。
 この間のブシロードライブもそうだったわね。
 あれはμ's来てなかったら行かなかったし。
 そんなワケで、今からアニメロサマーライブのチケットを取ることになるのだが…
 このアニメロ、ごく早い段階で一度チケットを販売しちゃうんだよね。
 今からだと、第二次の販売になるのだが、当然その一次よりも当選確率は落ちるだろうし、取れても席がアレだったりするんじゃないかと、ちょっとゲンナリなワケだ。
 とりあえず、二次の追加販売には登録しておいたけど。
 どうなるかしらね。
 毎年アニメロに行ってる身内が言うには、まずチケットが取れないことはない、らしいけど。
 …この身内にも、一次の時にアニメロ行くかと誘われてたんだよな、断ったけど。μ's来るなら何よりも優先して行くに決まってるってのに、全く勘弁して欲しいものだ。
 いや、参加してくれるのは嬉しいけど。
 スケジュール確保に手間取ったんかなぁ、あと同日にミルキィホームズも参加なので、三森徳井との兼ね合いとか。ブシロライブでも不安になるくらい頑張ってたけども。
 とにかく、無事チケット取れることを願っていよう。
 開催は8/25,26、μ'sは二日目の26日参加。
 同日にはミルホやらごらく部やら、割と俺好みが参加していて有難い。
 さいたまスーパーアリーナもけいおんライブ以来か、あそこでっけぇんだよなぁ。



 Z/X -ゼクス-

 何だかんだで今週発売、早いな。
 フリーカードでプレイし始めた時は、二ヶ月とか凄い先立ったのにな。おお怖い怖い。
 さて。
 製品版が完成したとのことで、公式で1BOX丸ごと開封する動画が上がっている。
 これは中々良い企画、TCGプレイヤというのは開封とどんなカードが入っているか、に大変興奮するので見るだけで楽しいし、何より気になる全体のソートも公開出来るからだ。
 Z/Xは1BOX20パック。
 で、1パック7枚入りでC4UC2R1という内訳。
 それに加えて、Cの1枠をとってSRとパラレルが収録される。
 SRとパラレルがRの枠を取らないのが優秀、何も気負うこと無くパックを開封出来る。
 その上、パラレルは今回収録される100種のカード全てに存在する。つまり、場合によっては、UCが3枚だったり、Rが2枚だったりする可能性も少なからずあるということだ。
 SRにもパラレルが存在するので、単純にSRの確率も上がっているという素敵仕様。
 よくやったブロッコリー。
 しかも、これだけではなく。
 1BOX20パックの内、SRとパラレルの収録枚数がそれぞれ5枚ずつ、という大放出っぷり。
 単純に考えると、2パック買えばSRかパラレルが当たる、という確率である。
 流石にコレは予想していなかった、精々1BOXにSR3とパラレル1が妥当か、と思っていたトコロなのに。嬉しい不意打ちでもあり、これこそブロッコリーの本気っぷりが伝わるものだ。
 特に、これだけ高レアリティのカードが当たりやすいと、シングルよりパック剥いた方が良い。
 こうなると、パックの売り上げが単純に上がるので、ショップにとっても嬉しい。
 流石にSRのパラレルだとシングル価格も高くなりそうだが、全体的にシングル価格が低めで、パックに手が出しやすいという作品は、純粋にユーザも手を出しやすいのだ。
 これは素直に凄いな。
 TCGでここまで思い切ったソートを組んだのって、珍しいんじゃないかね。
 SRの当てやすさを考慮して、2BOXくらい買ってしまいそうだ…
 しかし。
 問題は、どこで買うか、ってこともある。
 TCGは、取扱店がかなり限定されている。専門店でも置いていないゲームがあるくらいだし。
 大体は公式サイトで取扱店を紹介しているのだけど、このZ/X、発売間近だというのに取扱店を全く紹介してくれないという落ち度っぷり。これには失笑するしかない。
 そもそも、ブロッコリー作品自体が取扱店少ないのに。
 一体どこで買えと言うのか。
 一応、目ぼしいチェーンショップでは特典などを付けて取り扱いを始める、等の宣伝をしているのだが、公式がそういうのをフォローしないとアカンだろう、と。
 それに、近場に大きいショップ無いしなー
 発売は週末、金曜日。
 週末だし秋葉原付近うろつけば手に入るかな…完売とか無いよね?

 三国TCG

 魏の規制は延期、延期です!
 うーん、少なくとも枚数制限くらいはして欲しかったかしら。
 無双連撃が出来ない、もしくは困難、ってだけでも抑制になると思うんだが。
 特に淵チャン。
 で、呉はお休みして改めて蜀デッキ組んだんですよ。ほぼR以下で。
 メインアタッカーは張飛と魏延って感じで、槍兵で固めて槍術訓練やら剛槍でガリガリ削っていく脳筋タイプのデッキ。まぁ蜀は連撃前提なデザイン多いしね…
 これで身内の魏デッキと割と良い勝負するようになった。
 勝率は若干低いが勝てないこともない、呉よりは随分安定するようになった印象。
 …そもそも蜀が魏メタではあるのだが。
 特に槍術が良い仕事をしてくれる、タイミングさえ合えば連撃で相手陣営を一気に崩壊させることも可能、劉備さまさまである。
 もうちょっと改良したら、久しぶりに大会にでも出よう。
 三国の大会はガチ勢ばかりで疲れるからな…
 というより、このゲーム自体プレイするのが凄く疲れるんですよ、もう歳かな。
 一日に3ゲームくらいが限界、ヴァンガード程度の気楽さが丁度いいんだろうな。

 Force of Will

 ただでさえ混沌としているTCG業界に、またしても新規作品が参加。
 その名もForce of Will
 …何だか青のカウンターを思い出させるタイトルだが、わざとやってるんだろうか。
 で、このFOW、開発と販売メーカはTCG業界そのものに初参戦らしく、色んな意味でどうなるか注目したい。新規タイトルの上、新参メーカとか胸が踊る組み合わせである。
 ゲームシステムは、まだ詳細が明らかになってはいないのだが。
 場に存在することで、自フィールドに特定の影響を与える能力…エンチャント場みたいなもんだろうか、それを所持するユニットをゲーム開始時に予め配置出来るとか。
 特定の条件を満たすことで、そのカードを裏返し強力なユニットに変更出来るとか…これはつまり、裏表に能力が表記されるカードが存在するってことなのかな?
 戦略性と運要素を上手く合わせ、ライトからディープ層まで楽しめるゲームにする。
 とのこと。
 PV見る限りでは結構面白そう、な気はするけども。
 残念なのは、このゲーム、神々の世界を舞台にしたファンタジーで、プレイヤはそれらを使役して覇権を争う。で、カードは5つの属性によって分けられている。
 …うん、いくらなんでも使い古されてるというか。
 流石にもうファンタジーでドラゴンで、とかは飽和してると思うんだけどなぁ。
 ゲーム部分の面白さは勿論だけど、もっと設定やビジュアルで尖ったTCGがあってもいいと思うんだよね。尖り過ぎても、ユーザがついてこないってのもあるけども。
 例えば、ラノベみたいな学園バトルもの、な設定だとか。
 硝煙と砂塵が渦巻くハードなロボット戦争モノとか、カオスギアみたいなの。
 そういうTCGがあったっていい…
 作るか。
 とにかく、9月から体験会やるみたいなので、それには参加してみよう。
 10月には3種のスターターが発売し、12月には本製品版である第一弾のブースターが発売される。一気に200枚のカードってことで、初っ端から構築で遊べそうではある。

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

[雑記]《ベルベイの門/Belbe’s Portal》/「Z/X」第1弾『異世界との邂逅』

 戦いは、新しい戦場でまだまだ続くだろう。 最新情報|『Z/X -ゼクス-』ブロッコリー 新作トレーディングカードゲーム Z/X -Zillions of enemy X- 第1弾「異世界との邂逅」発売 田園補完計画

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

波多緒理樹

Author:波多緒理樹
アニメ見たりゲームやったり
同人描いたり酒飲んだりする
どこにでもいるような人間

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる