スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

暗黒舞踏

 ゆるゆり ライブイベント 七森中歌合戦

 行ってきた。
 会場は横浜パシフィコで、昼の部/夜の部との二部構成。
 で、俺は夜の部に参加。
 一緒に参加した身内達は訓練され過ぎているので、昼/夜連続参加という修行にも似たスケジュール、昼の部が16:30終了で夜の部が18:00開始とか一息入れる暇も無ぇ。
 というか、むしろ出演者がハードだろコレ。

 イベント自体は結構楽しんできた。
 問題は俺がゆるゆりの関連曲をアニメ本編の主題歌しか知らない、つまりキャラクターソング等を全く知らないということだったのだが、案外何とかなるもんだった。
 それでも、かなり特殊な合いの手の曲が多かったので、そこは苦労したが。
 全体的にセリフっぽい歌詞が入る曲多過ぎ。
 あと、MCや寸劇が驚くほど少なく、閉会までほぼノンストップで歌ばかりなので疲れた。
 これ、昼夜やってんのか、出演者体力あるな。
 キャスト若い子多いのに、むしろだからか。

 印象に残ったこと。
 京子の中の人が可愛かった。
 あかりのキャラソンが大体酷い。
 俺の行くライブには大体三森すずこがいるが、三森はいつも当たり障りのないことを言う。
 竹達彩奈がまた丸くなってた、というかムチムチしてて、コスプレAVみたいだった。
 桃チャンがボクと結婚してくれるそうです。
 次がオールスターならうっちーと後藤沙緒里来てくれないと俺が困る、あと緑川光。

 そんな感じで、約3時間騒いできた。
 二期も来月から始まり、これからが一番盛り上がる時期なんだろうな。
 秋~冬辺りに、もう一度くらいライブもやるだろう。
 その時は、行けるのであればもう少しくらい曲を練習しておこう。
 うん、ほら、俺ゆるゆり大好きだし。
 この作品は、表面的には女子中学生のライトな百合モノと言ってしまえばそうなのだけど。
 実の所、そういう思春期の少女達における発展途上の自己、未熟な感情による他者との繋がりを、分かりやすく百合、というよりもレズごっこ、で表現している作品なので。
 その、むしろ文芸的とも言える内容に惹かれる。
 そのため、彼女らの他者への感情は、つまるところ恋愛感情ではない。自分と他者の関係を認識する過程の中で、それが上手く処理出来ない曖昧さが、百合として表面化してるだけ。
 そのバランスがいいのよね。
 勿論、ギャグ漫画や百合作品という視点から見ても面白いのだけども。
 個人的には、あんま百合百合した要素には興味ないな。
 上述したように、この作品の本質は思春期の少女達のコクーンを描くことであって、まぁ百合要素はそれを分かりやすくするための手段だと思っているので。
 その世界をボーっと眺めてるのが好き。
 いい作品だ、原作読んだことないけど。



 TCG話

 ヴァンガ
 獣王のカードがそこそこ出揃ってきた。
 ペイル使いとしては、是非ともルキエチャンは揃えておきたいところ。
 LBでソウルから最大4枚のカードをRにコール出来るという素敵能力、その上コストはCB3で起動能力。何これ条件付きだとしてもミストレスさん息してないじゃない。
 しかも、ソウルからRへスペコするたびに+2000
 ほぼ一発限りの能力だが、中盤のプレッシャーにもフィニッシャーにもなるカードだ。
 問題はソウルの質なので、ロベールさんあたりでソウルを肥やした後に、再ライドするってのが一番かしらね。7弾には、能動的にソウルに入れられる能力も増えてるし。
 色々と頭がおかしい動きが出来そう、楽しみだ。
 グレートネイチャーも一年経ってようやく組めるからか、のっけからかなり優遇されてる印象。組みたいけど、ケモノはビジュアル的に趣味じゃないのよね…
 引いたらトレード材料にするか。
 今回は主にペイル、後はオラクルとエンフェがあればいいから…三箱と思ってたけど二箱でいいかもしれんな。あとはシングルで揃えるか。

 ZX -ゼクス-
 こっちも製品版のカードがチラホラ出てきたけれど。
 遂に、というか、やっぱりというか、プレイヤーカード参照能力が登場。
 …プレイヤーカードは、プレイヤースクエアの目印的なもので、あってもなくてもいいし、分かるようにしていれば何でもいいよ。って公式で言ってたじゃないですかー
 それとも、それはあくまで現状のフリーカードでは、ってことなのか。
 しかし、これは手痛い。
 でも、こうなるとプレイヤーカードってどういう配布方法になるんかな、一枚あれば十分だし、ブースターに収録されるとかなり嫌なのだけど。
 フリーカード冊子にもついているけど、これもずーっと配布してるわけじゃないしなぁ。
 それとも、新しい冊子版が出る度に、プレイヤーカードはついてくるんかな。
 …それが現実的か。
 あと、このプレイヤーカード参照能力持ちのフィエリテさん、7コスでパワー10500なんですよ。能力度外視にしても、ちょっとパワーインフレし過ぎてません?
 ちなみに、フリーカード版では、7コスだとパワー7500が精一杯。
 どう考えてもフリーカードだけでは製品版のカードに勝てねぇ。
 これが課金の力か。
 フィエリテさんのレアリティはSRなので、それに見合った強さといえばそうなのだが、こうなると高レアリティで固めたデッキが単純に強い、ということになりそうだなぁ。
 うーん、ちょっとヤル気が折れてきた。
 こうなるとなぁ、6コスバニラ10000、とかいないと厳しそうなんだがどうだろう。
 今後のカードに期待するか。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

波多緒理樹

Author:波多緒理樹
アニメ見たりゲームやったり
同人描いたり酒飲んだりする
どこにでもいるような人間

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。