スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大事件

 TCG話

 プレシャスメモリーズ
 を、買った。
 酒に酔った勢いで。
 何か以前もこんなノリでMTGを買ったり、投げ売りされてたF&CTCGをBOXで買ったりとかした気がするのだが、ホラ世の中大切なのはノリと勢いだから。それだけで生きてるから。
 さて。
 プレシャスメモリーズは、ムービックとエンスカイが発売しているTCG
 所謂既存タイトルもののTCGで、同一のゲームシステムをもったTCGというくくりの中で、様々な既存の作品タイトルがポコポコとブースターやらトライアルで「参戦」するというスタイル。
 自分のお気に入りの作品や、好きなキャラクタ達でデッキを組んで遊べる。
 という、ある意味ファンアイテムみたいなゲームである。
 ブシ系列のTCGとコンセプトはほぼ同じということもあって、この二社はお互いユーザ獲得で争っているイメージ。同じ既存作品が、別々のTCGをまたいで参戦とかしているしね。
 その辺は、ユーザにとっては特に考える必要のないところではあるが。
 で。
 自分が購入したのは、「ゆるゆり」のトライアルデッキ。だってゆるゆり大好きだから。
 一緒に酒飲んでたのが購入したのは、「魔法少女まどかマギカ」のトライアルデッキ。
 早速対戦する。

 とりあえず、とんでもなくバランスの悪いゲームであることは理解した。
 特にカードの能力デザインがおかしい、強い弱いの差がいくらなんでも明確過ぎる。
 その上、このゲームはカードの使用コストが所謂土地タップ型、ではなく手札から対応するコスト分のカードを捨て札にすることで使用出来るタイプなので。
 いざとなれば、序盤から強力なカードがガンガン出していける。
 他、コストが手札ドロップということは、手札=パワーと言っても差し支えはないのだが、そのお陰でドローソースに富んだ能力がどれだけ発動したか、が鍵になってくる。
 そうなってくると、如何にドローして、如何にキーカードを拾ってくるかの戦いになり。
 あとは場にユニット並べて、力押しで勝てばいい。
 そんな感じ。
 大味というよりも、ゲームのバランスを取るためにドローとキャラクタのパワーだけで調整しているという印象を受けた。この洗練されて無さ、が逆に面白いかもしれんが。
 他、大して特徴がないシステムなのもマイナス。
 既存のTCGの範疇を出ておらず、純粋にプレイしててあまり面白くはない。
 遊宝洞のゲームは、いつも同じのばかりだなぁ、と思っていたのだが。
 こういうのを見てしまうと、あの運要素が逆にゲームたらしてめてるのか、と感心する。
 褒めてはいないが。
 ちなみに、このゆるゆりデッキ、とどかマギデッキですが、共にトライアルなのだけど、どう考えてもゆるゆりデッキの方が強かったです。
 発売期間に半年ほどの差はありますが、その間でこれくらいのインフレか…
 これ、プレイしたのはトライアルだからまだお互いに遊べたけど。
 至極真面目に、勝つことを考えてデッキを組んだ場合、混色含めて恐ろしいデッキが作れるんじゃないかとは思う。特にデッキ破壊、ドロソと墓地操作が多いんで変なコンボありそう。
 まー、なんだろーなー
 酒の勢いで買ったはいいけど、当然続けるつもりはない。
 将来性無さそうだし…特に好きな作品が他に参加しているワケでもなし。
 あ、でも来月発売するとらドラは欲しいかも。
 しかし何でこのご時世にとらドラなのかしら?

 で。

  120611-01.jpg

 ラブライブスリーブ一弾全五種買いました。
 残りの四人は来月発売、はぁ、早くエリチカスリーブ欲しい。
 でも、こんなにスタンダードサイズのスリーブあってもしょうがない、どうしよう。
 何か新しいTCGでも始めようかねー
 それとも、半端に組んでたVSのラブライブデッキを完成させようかしら。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

波多緒理樹

Author:波多緒理樹
アニメ見たりゲームやったり
同人描いたり酒飲んだりする
どこにでもいるような人間

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。