スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

崩壊

 けいおん!の新連載が大学生編と在校生編と聞いて。
 きららが必死になるのは分かるけども、何だかなぁ、という感じ。
 連載中と連載終了後じゃ、売上が数倍違ったんだっけ?
 そりゃ、どんな手を使っても離したくはないわなぁ。

 在学生編は素直に嬉しいが。
 少なくとも、これで原作ではサブキャラ扱いだった憂が前面に、あと何より俺の純ちゃんがレギュラー昇格…純ちゃんの時代がやっと来たな!
 多分ね。
 恐らく三人で場を回すことは出来ないだろうし、後輩の新キャラを出して、また違った雰囲気の軽音部を描くことは出来るだろう。
 その後の話、続編としてはいいやり方だよね。
 キャラクタを追うのではなく、作品を場として描く。
 有名所だとキャプテンとかがそんな感じかね、流石に例えが古いか…
 で、大学生編。
 らきすたという貴重な失敗例が目と鼻の先に存在するのに、けいおんは絶対に失敗しない!と言い切れてしまう編集部の頭を疑ってしまう。
 何で、この作品は特別、他と違う、って思えるんだろう。
 俺には分からん。
 そもそもこの手の作品は、日常を閉鎖的なファンタジーとして描くことによって魅力を得られるので、その日常という場と、キャラクタが上手い具合に絡まると相乗効果が生まれるワケだ。
 それに今んところ一番適した空間が、女子校という場なのね。
 何しろ女子高というのはファンタジーの塊なのだ、リアルはともかくとして、大多数の読者でもある男性陣にとっては未知の領域でもある。
 そこに、介入する隙がある。
 だからこそ、ファンタジーとして、理想の空間として、描けるだけの土俵があるわけだ。マリみてが男性に受けたのもこういうロジックだよね。
 同様に、女性向けとしての男子校も似たようなもん。
 男からしたらありえないことだらけだが、やはりそこはファンタジーとして機能する。そういう機能が、女子校男子校には存在するのだ。
 で。
 大学生となるとそうはいかない、例えそれが女子大だとしても。
 ファンタジーは幻想であって、嘘ではない。もしかしらそうかも?という期待と、空想が入り交じった、ifの世界でもある。
 しかし、大学という場の中で、今までのけいおんのノリを大学生の四人にやらせたら、それはもうファンタジーの範疇を超えてしまう。
 つまり、嘘になる。
 大学という場には、あのファンタジーを受け止められるだけの土壌がないのだ。
 じゃぁどうすればいいか、となると、嘘を描きつづけるか、大学の土壌に見合ったファンタジーに内容を合わせるくらいしか出来ない。
 これは、どちらにしても痛いところ。
 女子大生になった四人に、高校生のノリと展開をさせると、やっぱり大学生としてありえないような内容になってしまうだろうし。
 だからと言って、大学生らしいことをさせてしまえば、やっぱりそれはもうけいおんじゃないよね、となってしまうだろうし。
 …勿論、どんなのを描くのかは分からんけども。
 上手い具合にちゃんと大学生の場にシフト出来たらいいな、とは思う。
 けど、ファンタジーはファンタジーのまま世界を閉じるべきだったな。
 高校を卒業したその先、はファンが時折空想する程度で良かったのだ。
 それを原作として描いちゃったらなぁ、余計だし、蛇足だろう。
 いや、うん、コンテンツとして終わらせたくない作品だというのは分かっているから、商業的には仕方のないことだとは思うのだけど。
 死期を早めるだけだわね。
 12月の映画まで持てばいい、だけなんだろう。
 続けたいのなら、在校生編をキャラクタを毎年少しづつ変えながら延々やっていくだけの方がよっぽど現実的だよなぁ。
 無理矢理続けないことが一番だけれども。



 アイドルマスターブレイク! 四巻限定版

 買ってきた。
 今回が最終巻になる、もう少しくらい続くと思ってたけども。
 界隈では色々言われているけれども、アイマスを少年漫画向けにチューニングし、試行錯誤されているブレイクは個人的には結構好きだ。
 作家が苦心しているのも画面から分かるしね。
 何せ10人以上のキャラクタを漫画として並列処理するのはエライ大変なのだ、おまけにブレイクは特定のヒロインを持たないので、誰か一人のアイドルを中心にして世界を回すということが出来ない。
 そこにオリジナルの主人公を読者の目線にあわせて、且つアイドルの魅力も引き立て、且つ話も面白くしないといけない。
 少年誌向けのアイドルもの、ってだけでも大変なのに。
 クリアしないといけないハードルが客観的に見ても高過ぎる、ブレイクは。
 なので、最後までよく頑張ったなぁ、って感じ。
 ちゃんと大団円だったしね。
 とは言え、確かにそういう背景踏まえた上でブレイクは好き、ですが少年漫画としては盛り上がりも山場も見せ方もへったくれもなく、淡々としていて決して面白くはなかった。
 …でも、仕方ないんだ、コレは。
 誰がやったって無茶だと思うもの、ブレイクに課せられた要素って。
 ストーリーの土台があるDS漫画とかは、三つとも面白いんだけどね。
 アイマス漫画は、コンプエースでやってたのが一番好きかな。
 そいや、何かこの間のG'sでもアイマス漫画が新連載だったような…G'sはそんなことよりも、以前告知したラブライブのコミカライズをさっさと始めなさい。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

波多緒理樹

Author:波多緒理樹
アニメ見たりゲームやったり
同人描いたり酒飲んだりする
どこにでもいるような人間

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。