スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ドラえもん 新・のび太と鉄人兵団

 ドラえもん 新・のび太と鉄人兵団 はばたけ天使たち
 監督/寺本幸代

 見てきた。
 新ドラの劇場映画は、旧作リメイク→新作→リメイクと交互に作られているが、今年の映画は鉄人兵団のリメイクになる。
 ええ、鉄人兵団ですね、名作です。
 元々ドラえもんに思い入れがない俺でも、とても気に入ってる作品。
 子供心にロボットものだから、という理由で見たが、その圧倒的な絶望感と戦闘に高揚し、リルルとの交流に胸を打たれたものである。
 旧ドラ映画の中でも、ヤケに狂信的なファンが多い作品でもある。
 それがリメイクとあれば、そりゃ期待も不安もする。
 …いや。
 情報が徐々に出てくる度に、不安しか感じられなかった。
 まずはそのサブタイトル、はばたけ天使たち、なんて旧作を知っていたらいかにもで安直で、且つ蛇足としか言いようがない。おまけにダサい。
 そして新しい要素として、ピッポの存在の追加。
 ジュドをマスコットにして安易に子供受けを狙うのか、と正直頭を抱えた。こんな余計な要素に尺を割くような余裕は本作には無いはずだ。
 おまけに、このピッポによりリルルの扱いが変更されるのが明白で。
 ついでに、まさかリルルの声がAKBにでもなるんじゃないか、という最悪な事態まで囁かれた…けど、流石にこれは無かった、一安心。
 とにかく。
 旧作好きには、期待できる要素があまりにも少なかった、ワケですよ。

 それで見たワケですが。
 ええ、ものすっご面白かったです。
 周りに子供連れの親御さんとかが多かったので、もう泣くのを必死に堪えながら、最後まで楽しんできました。
 現金なヤツですね全く。
 基本的な話の流れは旧作と同じだが、細かい箇所での変更点がかなり多い、という感じだった。良い意味でも悪い意味でも。
 旧作ではザンダクロスの頭脳として、操られるだけだったジュドがピッポという独立したキャラクタを持つことにより、かなり変わった。
 メカトピアサイドの掘り下げを行うのに、リルルの役割を変更するのではなく、ピッポを用意させたというのが分かる。
 基本は旧作のように口が悪いジュドのままだが、リルルとの関係の変更やのび太達との交流が追加されたため、児童向けとして非常に分かりやすくなっている。
 メカトピアと人間の間で揺れるリルルが印象的な旧作だが、そのリルルと人間の間に、さらにピッポが入ったような感じ、と言うべきだろうか。
 クドくなりそうな構図ではあるのだが、ゴチャゴチャしてる感は無く、リルルとピッポの関係もあってか、かなり強く描写がされた感じだ。
 戦闘シーンもかなり良い。
 純粋に作画の向上というのもあるのだが、ロボットものとして活躍するザンダクロスは単純に格好いい。春発売のロボット魂が欲しくなった。
 全体的なテンポもいいし、旧作への愛もある。
 不安だらけだったけれども、変更した部分含めて良いリメイクだったと思う。

 …とは言え。
 突込みどころというか、?な部分も無いワケではない。
 リルルとピッポが時間軸空間軸を無視してテレパスしてるとか、先発隊として人間体になったリルルが過去回想でも人間体とか、過去回想でジュドを助けた理由がメカトピア思想としておかしいとか、他諸々…
 上手い具合に設定や話と繋がらない描写があったのも事実。
 旧作からの改悪…とまではいかないが、ミクロスの出番がほぼ0など、様々なところで残念な箇所があるのも否めないところだ。
 ただし、それを踏まえた上で楽しかったし、面白いとは思う。
 それは演出の上手さや、ストーリー展開の妙でもあるのだろう、確かにおかしい部分もあるのだが、それを大して気にさせないだけの勢いはあった。
 面白いから細けぇことはいいんだよ!
 まさに、そんな感じである。

 現代的なリメイク、という点では花丸を押せる出来。
 十分です、これだけやってくれたら満足。リルルの魅力も損なわれなかったし、中の人が沢城みゆきで演技もバツグン。ちょっとしたサービスシーンもあるしな!
 細かいところの整合性、矛盾点が気にならない人。
 あと、旧作を神格化し過ぎる人。
 それ以外なら、純粋なエンターテイメントとしても機能しているので、ドラえもんというコンテンツに抵抗が無い方なら見に行っちゃっていいかも。
 周りの子供達も楽しんでたようだし。
 場内からは、すすり泣きも聞こえた。
 お涙頂戴じゃねぇか、という点なら旧作も同じなので、そこは純粋に楽しもう。
 いや、面白かった。
 今度久しぶりに旧版でも見ようかな

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

波多緒理樹

Author:波多緒理樹
アニメ見たりゲームやったり
同人描いたり酒飲んだりする
どこにでもいるような人間

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。