スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

イメージでファイト

 今更だけど。
 俺の屍を越えてゆけ、のリメイクが公式に発表されたようで。
 今までも続編だーの、リメイクだーのはずーっと囁かれてたというか、企画自体はあるとかいう話が水面下でポコポコ出てはいたんですけども。
 こうして、公式に掲げられると俄然高まってくる。
 次世代機以降のRPG、じゃ一番プレイした作品だしね。
 それこそ、10年以上遊べる作品ってなもんだ。
 PSPアーカイブス版も買ってプレイはしてたんだけども…コッチは音声が容量の問題?で削除されまくってて萎えてしまい、途中で放置してあるが。
 まぁとにかく。
 リメイクのテスト版は完成してるらしいので、早ければ来年の頭くらいには発売されるだろうかな?って感じ、ハードがPS3かNGPならそれも買わないと…
 多分PSPだろうけど。
 リメイクの他、続編の方も動きがあるみたいだし。
 いい流れだ。
 アーカイブス版、再開しよーかねー



 カードファイト ヴァンガード

 にハマってる。
 アニメの方も、そんでカードゲームの方も。
 ブシロードの低年齢層向けカードゲームだが、かなり頑張っている。
 このジャンルには元々遊戯王が王者として君臨しているが、デュエルマスターズやバトルスピリッツ等、新規参入でも成功している作品は多いみたいだ。
 消えていって作品の方が多いけどね!
 俺のライブオン今すぐ返せよ!
 ともかく、このヴァンガード、最初はアニメから入ったがこれが面白い。
 何せ凄く地味。
 アニメ的表現というなら、他の作品は実際にモンスターを召喚したり、ビジョンとして空間に投影したり、カードに伝説があったり、こう派手目な演出/設定があるもんだが。
 ヴァンガードにはそういうの一切無し。
 純粋なカードゲームを、登場人物達が遊び、戦うだけ。
 一応カードのキャラクターが視覚的に分かりやすい用、戦う場面もあることにはあるのだが…それはプレイヤーの、あくまでも「イメージ」の世界でしかない。
 実際の卓上では、ただカードが並べられているだけ。
 この割り切りがいい。
 主人公も最初からある程度の強さを持っているわけでもなく、全くの初心者。おかげで、視聴者と徐々にルールやタクティクスを学ぶことが出来る。
 戦う場も、友人達とのバトルから、ショップ大会など。
 極めて閉鎖的とは言えるけど、現実的な範囲なのもいい。
 その代わり、いかんせん地味である。
 キャラクターが良いので、見てる分には面白いんだけどね。

 肝心のゲームの方も、中々面白い。
 一度お遊びで友人とトライアルデッキを買ったのだが。
 実際対戦してみると、理解していないというのもあるが、かなりルールが複雑で…イマイチどう遊んでいいか分からない部分もあったのだけど。
 ルールブックを熟読し。
 それこそ対戦をイメージして、分かってくると面白い。
 児童向けに簡略化されている部分は当然あるのだが、おかげで限定された能力とフィールドの中での駆け引きが面白い。デッキの回転も早いしね。
 久しぶりに本格的にカードゲームやりたい気分。
 ブシロードらしく、参加イラストレータも豪華だしね!
 …けど、問題は一緒にプレイしてくれるヤツがいないってことだ…
 ヴァイスシュバルツをやってるヤツなら身内周りでも多いんだけどな、同じブシロードだけど流石にコッチまで手を伸ばすとは思えないか。
 子供達に混ざってやるのか…?
 幾ら何でも、恥ずかしいなそれは。



 海賊戦隊ゴーカイジャー 4話

 先週からコッチの、キャラクタ掘り下げ回。
 今回は青、初回から口数が少なくクールガイを装っていたので、何だかパッと見は赤とキャラ被っててインパクト薄いな、と思っていたのだが。
 何だ、ただのツンデレじゃねぇか!
 しかも、初めからある程度デレ期に入ってやがる。
 一度決めたら決して途中で諦めない直向さと、自分一人で突き進む意思もある。それでいて、照れ隠しとは言え仲間にも礼を言える熱いヤツだった。
 今年の青は不器用で可愛いヤツだ。
 それに、周りの連中も良い。手を貸すだけが仲間じゃない、のは関心。
 信じて見守ることも、絆だよなぁ、と。
 そして、そのスタンスを全て肯定することが出来ない桃姫の言動も良い。一枚岩ではないのだけど、根っこではお互いを思ってる描写はたまらんね。
 楽しそうだなコイツら。
 これなら、キャラ負けして過去戦隊に食われることもないかな。
 来週は近年の戦隊では一番好きなデカレン回なので、予告から勃起もの。
 ジャスミン全く変わってねぇ!相変わらずお美しい。
 バンは長髪になってちょっとイメージは変わってる感じ、バン以外の載寧龍二って実写版テニプリの跡部様くらいしか知らんけど、何かワイルドだ。
 いや、楽しみだね、ホント。

 スイートプリキュア 5話

 前回に続いて今回も楽しかった。
 また喧嘩かよ!と一体いつまでこの夫婦喧嘩が続くのかは分からないが、すぐに仲良くなっちゃう二人含めて、スイプリのお約束なのでそこは楽しむべきか。
 しかし、脚本は良かったけど演出がモッサリかな、ってとこ。
 テンポは悪いよね、カットの切り替えがベタってしてる感じ。
 ちょっと勿体無いな…今回的が純粋な悪ではなく、ほとんど嫌がらせレベルの愛されるお馬鹿なので、そこを踏まえてあえてギャグ寄りにした方が映えそう。
 長年シリーズ続けてると、どうしてもマンネリ化ってのは避けられない運命なんだから、そういう割り切りと実験も必要だと思うんだけどな。
 スイプリは実験の土台もあるし、キャラも良いから丁度良いだろうに。
 今回はマイナー側のキャラがさらに立ってて良かった。
 セイレーン可愛い!
 上手くやれば、幼女達に愛される敵役になれるだろうさ、少なくともイースよりは。いやイース好きだけどさ…敵のままでいて欲しかったなぁ…



 拍手レス

>たまには絵の感想など(笑)------------

 NGは比較的割りきって涼と夢子の話にしているところが好印象。
 本誌での連載は終わったようですが、恐らくは原作よりもラブコメ的なオチのつけ方をしたんじゃないかと思います。単品ならそうした方がまとまりもいいですしね。

>スタッフのツイッターで、2の路線はDS製作よりも前から決まってた----------

 続編の企画書、というのは恐らくいくつも提案があったんでしょうけども。
 その中で、DSのような直接の結果を参考にしないで、現在の2の仕様にした、ってのがどうにもイマイチ釈然としない部分はあるんですよね。あまりに馬鹿過ぎて。
 アイマスとしてどうか、という云々じゃなくて。
 ギャルゲーってのはそこそこ歴史がありますから、過去からいくらでも成功/失敗作品の研究が出来るワケで…なんでそれをしなかったのか、がサッパリ分からんですね。
 アイマスが一番参考にしなければならなかった作品。
 自分は、サクラ大戦だと思ってまス。
 少なくとも、続編の仕様、世界の広げ方、商業展開の方式等、似てる部分が多いのでいくらでも研究が出来たと思うんですけどね…なんでそれをしなかったのだろう。
 2の仕様で勝つ自信があった、のならまだいいんですけど。
 ユーザにこづかれて、慌てて体裁を取り繕う程度の自信だもんなぁ。
 そりゃ、公式は指さされて馬鹿にされても仕方がないよなぁ、と。

>総入れ替え云々→やっぱり「DS」が思った以上のヒットじゃなかったから-------------

 どうやら、上述したように特に関連性はないみたいです。
 新規キャラ云々と言えば、それこそ美希貴音響も該当するので、やり方次第では十分完全に新しいアイマスを構築することが出来たハズなんですけどもね。
 それだけのポテンシャルがある作品だし、その恩恵も大きいのに。
 理屈で考えると2はありえない設定なので、多分感情が優先した結果なんでしょうけど。
 うん、まぁ、公式が逃げたとしか言いようがありませんが。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

波多緒理樹

Author:波多緒理樹
アニメ見たりゲームやったり
同人描いたり酒飲んだりする
どこにでもいるような人間

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。