スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

生中

 ブシロードカードゲームライブ2012

 週末行ってきた、ODSのだけど。
 昼間スクライド見た後、ブラブラして開演時間まで待機。
 会場はシネマート新宿、ちょっと離れたところにあるこじんまりとした映画館な印象。貼り出されているポスターは、いかにもミニシアター系なものが並んべいて、好感が持てる。
 場内の客整数や大きさはそこそこで、半分くらいは埋まっていただろうか。
 案外人いないんだな、というのが素直な印象。
 もうちょっとくらいいると思った。

 ODS
 ライブ会場を直接生中継し、全国各地の劇場でそのまま配信する、というシステムらしい。
 ライブや演劇、コンサートなどに使われるシステムで、会場まで足を運べない人も楽しめる。
 当然、劇場ではあるがライブと同じくスタンディングや声援、サイリウムも使用可能。
 会場と同じように楽しんでくれ、という配慮でもある。
 で、今回のODSは嬉しかった。
 だって、μ'sが参戦決定って、ライブの10日前に発表するんだぜ?
 予め告知してくれたら行ってたよ、名古屋まで。
 多分。

 このブシロライブは、ブシロ社製品のカードゲームに参戦している作品関連のアーティスト達が集まり、歌ったりトークしたりのステージイベントである。
 去年もやってたらしい。
 全体的に見る限り、メインはミルキィホームズ、D.C、ヴァンガードという感じ。
 ミルホはある程度は曲知ってたので盛り上がれた。
 あと、ライブ会場と違い、カメラでの配信になるのだが、そのアングルが下から舐めるようにステージを映すので、三森すずこの生足ばかりずーっと見ることになった。
 何かもう、ODSの方がいいんじゃないかと思うくらいに。
 ヴァンガはJAM Projectとかその辺、二期OPを先行で歌ってくれたのはありがたい。
 しかし、最大のサプライズはウルトラレアの初ステージか。
 CDすら出てないのにな、ウルトラレア。
 スイコの中の人でもある、寺川愛美が一昔前のアイドルっぽくてヤケに可愛かった。

 で、目的のμ'sですよ。
 ヴィクトリースパークからの参戦ということ、それから他作品と比較するとどーしても知名度的に劣るので、作品の概要や自己紹介をやってくれたのは嬉しい。
 紹介の度に劇場で奇声上げてリウムぶん回してたのは俺です。
 歌ったのは僕LIVE君LIFEと、もぎゅっとの二曲。
 1stと最新シングルだから、無難なトコロ。
 衣装はこの間のライブと同じで、配列も同じだったかな。とにかく、ダンスに関しては他のアーティストよりも動いてたし、メンバーも多いんで目立ってたと思う。
 来場者の印象にも残った…と、思いたい。
 願わくば、少しくらいは興味もってくれた人がいますよーに。
 俺はこの二曲で燃え尽きたので、あとは他のアーティストとステージをまったり楽しむ。

 開演17:30、終了が21:00過ぎといったところ。
 色々と盛り沢山なイベントだったと思う、知らん曲多かったけど楽しかったし。
 来場記念のお土産も貰ったしな。
 バミューダデッキケースは素直に使わせて貰おう、中身はメガコロになるが。
 他、三森すずこと南條愛乃が多作品に出過ぎて一体何のナニ役やら状態。
 最後のアーティスト全員集合時に、μ's3人少なかったしな!
 …まぁ、流石にミルキィホームズを2人にするワケにはいくまい、ブシ作品でもあるし。
 あと、ライブは来年もやるそうで。
 会場は大阪。
 大阪は…流石に遠いな。



 ヴァンガード話

 アニメの方。
 あーちゃん負けた、ミサキさん買った。
 でも、オラクルでペイルに負けるのは恥なので、これが普通。
 というかパープルちゃん入れた上でガン回りして、やっと他クランに食いつける程度なのに、パープルちゃん無しでツクヨミアマテに勝てる道理が無い。
 前回はなんでミサキさんはあーちゃんに負けたんだろうね。
 あ、ココちゃん入れてたからか…仕方ないな。

 バミューダ⊿
 歌姫の饗宴は俺は買わなかったが、身内で買ったのがいたので、余りでデッキ組み対戦。
 バウンスや手札増強、ヒット時効果、安定性、速攻やRでの火力も申し分ないという、特性/基本能力としても平均以上の化物クランである。この性悪女どもめ!
 コモンとレアだけでも結構強いの組めるぞ、コレ。
 というか、レインディアとキャリンが強過ぎる、G3に要らない娘いないんじゃないかな。
 軸や組み合わせでも面白いことが出来そうね、混色は少し難しそうだが。
 実際使ってて面白いけど、このクランは俺は我慢しよう。
 その代わり、エンジェルフェザーは組もうかな。
 そのためにエミちゃんスリーブ買ってきたし。
 アクアちゃんスリーブも買ったけど、これはメガコロデッキに使った。
 魚に食われる虫…もしくは、怪人に襲われるアイドル達…良いイメージだ。

 あと、相変わらずバミューダ、エロ画像、とかで検索して来る人が多過ぎて辟易する。
 特にパックが発売された週末辺りは、でもここにはそんなものは無いよ。
 とっとと小屋におかえり、この豚どもめ。

 三国志大戦TCG
 日曜は大会に出ようと思ったのだが、人と会う用が出来たので先送り。
 その代わり、2デッキ使って初めて対人戦を行う。
 未だにルールがイマイチ分からないのだが、結論としては、お互いに地味ーなゲームであるという感想で一致した。システムが旧世代というのもいけない。
 アーケードの三国志大戦は、ACにおけるカードゲームの先駆者でもある。
 そしてその人気は、独自性と、唯物性に魅力があったからだ。
 …三国志というテーマ自体に、ある一定層の人気があるというのもあるが。
 しかし、このTCGには唯物性がない。
 三国志大戦TCGじゃないと味わえないような戦略、システムがない、ということ。
 これは流行らないよなぁ。
 どうせなら、もっとボードゲーム風にしたら良かったんじゃないかな。
 武将で部隊を組み、盤面のブロック分けされた戦場を移動/戦闘し合い、相手本陣に攻撃を仕掛ければ勝ち、というような。なんかモンコレみたいだけれども。
 コストの重い武将は1人2人くらいでしか部隊を編成出来ないけど、コスト軽い武将を数人でまとめ、相手の強い武将を質量で攻略するとか、熱いじゃない。
 弓兵なら離れたブロックへ攻撃出来たり。
 騎兵は戦場の移動が早かったり、槍兵は武将単体ではなく部隊に貫通ダメージとか。
 そういう、折角の大軍対大軍、という三国志のイメージをTCGへ落とし込むなら、大きな戦場を舞台に大軍勢が凌ぎを削っている、という演出が欲しかった。
 現在のだと、何かちまちま攻撃を打ち合ってるような感じだし。
 普通のTCGならそれでもいいけど、三国志だからなぁ。
 ちょっと勿体無いような気もするし、デザインがあまりSEGAっぽくない気もする。
 もっとピーキーなシステムで良かったのに。
 …まぁ、文句は言いつつも、一度くらいは大会に出る予定ではあるが。



 今週のスマプリ

 早速なおちゃんが空気になってた。
 みゆきちゃんはともかく、やよいちゃんはあざといしあかねちゃんはツッコミ役だし、れいかさんは説明役で活躍してるのに、なおちゃんやることがない。
 今回、セリフも出番もバッドエンド側よりも少なかったんじゃないだろうか。
 もっと…何か良い立ち位置を早く確立してくれないと俺が困る。
 でも、残ってるのは汚れ役か、ネタ枠くらいしかないけれど。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

波多緒理樹

Author:波多緒理樹
アニメ見たりゲームやったり
同人描いたり酒飲んだりする
どこにでもいるような人間

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。