スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

無視の域

 電撃G'sマガジン 4月号

 買ってきた。
 今月の付録はどかマギのオリジナルポーチ、携帯ゲーム機を入れとくのに便利そう。
 使わないけど。

 さくら荘のペットな彼女ドラマCD化
 あー、ドラマCDかするんかー、その内アニメ化しそうだなー
 原作読んどいて良かった、これでにわか扱い受けなくて済む。
 とは思ったのだが。
 それよりも、コミカライズの方がそもそもG'sマガジンで連載されているのを初めて知った。
 ずっと購読していたのに…
 G'sで連載してる漫画、みんな似たような感じだから全然読んでなかった。
 …今月ですでに連載12回とかなってやがる、一体どこまで進んでいるやら。

 Baby Princess
 誌上ファンページ終了のお知らせ。
 そうか、もう長くはなかったのか…
 小説版とコミカライズは続くらしいが、誌上ページとWeb日記も終了ともなると、企画自体が終わりに向かっているのだろう。G'sオリジナル企画としては、残念なことだが。
 …というか、オリジナル企画よりも既存作品の特集の方が多いよな、G's
 勿体無い。
 ベビプリはなんか、シスプリとかで感じたナチュラルな狂気というより、無理して狂気ぶってる感じが見えてどうにも駄目だった。そして、そこに破綻もあったんだと思う。
 こうしてはみたものの、どうしていいか分からん。
 そんなこと公式も思ってそうな扱い難い企画、というのが正直な印象。
 キャラクタ多くすればいいってもんじゃないしな。

 ラブライブ!
 …は、特に真新しい情報は無し。
 春先からのデュオ&トリオCDと、5thに向けた第四回総選挙くらい。
 しかし、デュオトリオCDは、何かユニット内ユニットがある分新鮮味が無いなぁ。
 9人だから割り切れないってのもアレだし、トリオ組が絵里真姫海未でことり花陽のデュオとか。以前のユニットとあんま変わらないじゃないか、とキャラ分配にも不満が残る。
 5thまでの繋ぎ、ってんなら、3ユニットの2ndでも良かったとも思う。
 変則デュオは、ドラマCDなりオリジナルアルバムなりの新録とかでさ。
 曲が増えること自体は有難いが。
 あとはカップリング云々が想像しやすくなる、って意味でもいいのだけども。

 コミカライズ
 ようやく少しづつ話が進んできた感じ、しかし全員揃うまであと何ヶ月かかるやら。
 先月号にてラブライブの世界は「学校レベルでのアイドルが認知されている」という設定なのが明らかになったが、出来るならその辺をもうちょっと掘り下げて欲しい。
 アイドルをやろう!→ではそのためにどうするの?
 そこの辺りが漠然とし過ぎてて不鮮明なのだ。
 企画モノとしてのラブライブ、なら「彼女たちは学校を盛り上げようとアイドルとして頑張っている」という設定だけで、情報としては機能する。
 彼女達はそういうもの、とそれこそ偶像として存在出来るんだけど。
 そこに物語性をはさむのであれば、また別問題。
 ただμ'sのアイ活と日常風景を見せるだけの漫画ならともかくとして、彼女らがいかにして集まり、いかにしてアイドルとして歩き始めたのか。
 そこを描くのなら、一定以上の説得力は必要だと思うんだよね。
 どう考えても、フリーの個人レベルでアイドルなんて不可能だよ!→実は学校アイドルというのがすでにいる世界なんですよ、というのは凄く上手い設定なので。
 そういう意味でも、ラブライブの世界におけるアイ活、をもっと描いて欲しいな、と。
 衣装は手作りでもいい、曲も、ダンスも自作だっていい。
 自分達をアピールする手段だって、華々しくなくてもいい。
 こう、プロのアイドル、ではない学校アイドルのアイ活…というかプロモーション方法ってのを、独自路線で描いて欲しい、とは思う。
 設定上、PV撮影とか自分達でやってるからな、あれ。
 例えば、そういうのは音ノ木坂学院の映画研究部に手伝ってもらってるとか。
 曲は自分達と軽音楽部とかに手伝ってもらってるとか。
 その辺、学院を立て直す、という彼女らの行動に共感した他の生徒達がバックアップしてる、ような描写とかあれば面白いと思うのだけれども。
 どうだろうね。
 企画的に無理かな。
 でも、9人のμ'sをひたすら偶像として置きたいのなら、こういう内容のコミカライズは避けるはずだから…設定の土台もちゃんとやってくれるかも。
 俺アイドルものとか、芸能界モノ大好きで、色んなの見てきたけど。
 ラブライブはアイドルものなのに設定が特殊過ぎるから、その特殊性を上手いこと活かした設定やら表現、にも凄い期待してるのですよ。
 今までとは違うこと、をするには違うことなりの説得力が必要だもの。
 コミカライズには、本来の企画には特に必要のない設定、をあえて盛り込んだということで、その辺をきちんと描くという意思が感じられて良いと思うし。
 内容は決して派手ではないのだけど、ラブライブとしては次も非常に楽しみだ。

 ブシロードカードゲームLIVE 2012
 μ'sが急遽出演するそうで。
 …愛知は遠いな、こんな突然に行けるワケがねぇ。
 しかし、ODSで一部の劇場においてリアルタイムで同時配信、上映するとのこと。
 よくそんな金があるなブシロード。
 だが、当日はスクライドオルタレイションの後編もあるし、もしかしたらストライクウィッチーズ2の全話上映オールナイトイベントにも行くことになるかもしれんので。
 色々と慌ただしい。
 それに、上映を鑑賞するためのチケットも通常よりお高いんだよなぁ。
 μ'sの、それも映像だけのために払えるかというと少し悩む。
 参加アーティストで他に好きなのは、ミルキィホームズと、南條愛乃と…JAM Projectはそんなに好きでもないが、ヴァンガード絡みを歌うだろうし無問題で。
 …うむ、そこそこ楽しめるかもしれない。
 考えておくか、ハードな一夜になりそうだが。
 それにしても、少なくともミルキィホームズとμ'sが同時出演は無いと思ってたんだがな。
 三森と徳井の体力的に、今回は南條もだけども。
 大丈夫なのかしらねー

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

波多緒理樹

Author:波多緒理樹
アニメ見たりゲームやったり
同人描いたり酒飲んだりする
どこにでもいるような人間

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。