スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

気合カード

 ガンダムウォーネグザ

 をプレイした。
 ヴァンガードをしによく行くショップで、GWNの体験用貸デッキがあるというので。
 何でも、そのショップによる企画ではなく、純粋にバンダイの企画なようで…ショップに普及のために、こういう手軽にプレイ出来る構築済みのデッキを貸し出しているらしい。
 こういうのは有難い。
 TCGというのは、まずプレイするまでの敷居が高い。
 特に初心者からは、ゲームの複雑さや構築の難しさが不鮮明に感じられるだろうし、プレイしようとしてもデッキがないと始まらない上、構築済みデッキをわざわざ買うのも躊躇われる。
 とにかく、ゲームに触れてもらう、知ってもらうことが大切。
 そのため、新規TCGなんかは体験会などを開催しているのも多いのだが。
 長く作品が続いている作品は、そういう企画がし難い上、新規も入ってこれなくなるので。
 こういう、手軽にお試しプレイが出来る企画は良いと思う。

 貸デッキを使い、早速プレイする。
 …が、肝心のルールブックが無い…
 幸いにも、近くで別のゲームをプレイしてたプレイヤの方が経験者らしく、簡単にゲームの流れをレクチャーしてもらった。流れ的にはギャザに似てるので、大体は理解出来たのだが。
 やはり最初はよく分からん。
 コストやカードの効果など、正しいか正しくないのかが全く分からん。
 が、一応ゲームにはなっているので、アレコレ試行錯誤しながら何度か対戦する。
 こういう、新しいゲームを手探りでプレイしてる時って楽しいよな。

 その内、店員さんが店舗用?のルールブックを探してきてくれて、大体ゲームは理解した。
 コストは手札から好きな一枚をコスト用のカードに出来るタイプで、カードに準じたコストを1つ発生。そこからコストを管理しつつ、MSなどのユニットやパイロットを駆使して戦う。
 確かに、基本的なシステムや流れはギャザと同じなので、飲み込むのは早かった。
 当然、特殊なシステムや、能力も多いのでそこは戸惑ったけれども。
 で、このGWNで面白いと思ったのはコスト(GWNでは国力という)管理と発生の仕方。
 例えば、場に出るために必要なコストが5/2のMSがある。
 この場合、必要になるのはコストを現在発生できる、アンタップ状態の国力が5枚あり、その内の2枚をタップすることにより場に出ることが出来る。と、いうものだ。
 国力用カードは、特別な場合が無い限り、1ターンに1枚しか出せない。
 ので、4/1や5/1など、純粋なコストは軽い癖に、総合コストが多く必要なため早々に出せない。など、使い所や使い勝手などに頭を悩ませるものが多く、強力だが初手にあっても使えないから、早々に国力にした方が…という状況も多い。
 うーん、中々面白い。
 ここ1年くらい…というか、ヴァンガードで久しぶりにTCGに復帰したものの、システム上頭を使う部分がそれほど多くないので、頭を使うTCGを実に数年ぶりにプレイした感じ。
 個人的には、もうちょっと単純でもいいのだが。
 丁度良い塩梅のTCGは無いもんかな。



 スマイルプリキュア!

 見た、良かった、これで向こう一年ウルトラハッピーになれる。
 スイートは第一話のアバンで物凄いグダグダしちゃったので、その反省もあってか、スマイルは開始2分で妖精登場、そのままジェットコースター的に話が進んで気持ちよかった。
 凄い強引ではあるのだけど、主要キャラが分かりやすい性格しているし、ノリと勢いと可愛らしさで押しきれるのは、幼女番組としては極めて正しい姿だと思う。
 主要キャラが5人ってのもあるけど、雰囲気はやっぱ5に近い印象。
 5が一番好きなのでこういう路線は有難いが、5は学年が違うとかそういう縛りのせいで世界が狭くなっていたところもあったので、スマイルはまた違う感じでいって欲しいもんだ。
 他、今回はキャラクタの絵柄が従来のものとは随分違う感じ。
 大友向け…というと短絡的だが、雰囲気としてはジュエルペットに近いような?
 女児向けコンテンツとしては長期に渡って売れている作品なので、多少は意識でもしてるんかしらね。それに、スポンサーがバンダイだから、露骨に他社コンテンツは潰すだろうし。
 まぁ、邪推だろうが。
 で、今回は緑が良いカンジ。
 伝統的に青が好きなのだけど、今年は緑かな…スイートはブッチギリで響だったが。
 OPの、大家族で兄弟の世話や家の手伝いをしてるシーンがたまらない、姉御肌で番長的な性格らしいが、家や兄弟のことでポロっと弱さを吐き出す話もあるんだろうなぁ…
 抱き締めたい。
 1話の段階ではまだ全員のキャラが良く分からないので、今後も期待か。
 何だかんだで青も気になるし、自分のことビューティーって言っちゃう辺りが。
 話も童話、絵本を元にしているので、色々と幅広い展開が出来そう。何だか月光条例とかリルぷりっみたいな感じではあるのだけども。
 今年も楽しめそうだな。
 春先には恒例のオールスターズもあるし、このまま10年目もいって欲しいものだ。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

波多緒理樹

Author:波多緒理樹
アニメ見たりゲームやったり
同人描いたり酒飲んだりする
どこにでもいるような人間

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。