スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

幻覚セレナーデ

 ヴァンガード話

 ケロケロA3月号
 出てましたね、今回は3月発売の歌姫の饗宴を先行でいくつか紹介。
 バミューダの主な特徴はバウンス、場に登場時効果を発揮するユニットを手札に戻して、さらに効果を使いまわすことが出来る。多分その内サクヤ互換ユニットとか出るんじゃないだろうか。
 動きとしては面白いし、相手ユニットへのヒット時に効果が発動するものが多いので、ガードの強要か通すかの選択を強いることが出来る、ってのは強いとは思う。
 うーむ、使いたい。
 けど、改めて見るまでもないんだが、ユニットのイラストがキツイわー
 カオスとかやってるんじゃないんだからさ、もうちょっと控えめにして欲しいわー
 そんなワケで、例え能力が魅力的でも、俺は使わん…
 と、言いたいところなんだけども。
 このバミューダの能力、フローレスで大体分かってたんだが、ヴァンガードを参照にしない上にコストがSBなのが多いのよね。つまり、ココ軸に仕込ませるって意味合いではとても魅力的。
 そういう意味ではいくつか欲しい。
 シングルで揃えるか…
 アイドル達に前座を任せるココチャンはまさにオラクルのアイドル、問題はオラクルに居場所がないってことぐらいだが。仕方ないので俺が使う。

 単行本3巻
 これも発売、まだ買ってないけども。
 封入されているデスアンカーは俺は要らないので、身内がカード抜いた本だけ引き取る予定。
 デスアンカーはどうなんだろうね、ハエよりはいいだろうけど、ダクイレの救世主になるか。
 理想としては、Vデスアンカー、Rにデーモンイーターチャン並べて、フルブラストの圧力をかけていくってのが出来ればいいんだけど…それは相手も分かってるからなぁ。
 ダクイレ相手にダメージを5与えることはしないわな、4止めか、チャンスを待つか。
 今まで異常に厄介になったのは確かだけども。
 ウチのダクイレはVイーターチャンでドリーンチャン使った圧殺デッキなのだけど、結局力押ししか出来ないので、ダクイレはもっとRで活躍出来るG3を入れた方がいいと思うます。
 基本10kで、SCしたら+2000とかでいいからさ、強過ぎかしら?



 ラブライブ話

 ほんのり穂乃果色…はまだ買ってない。
 俺の生活範囲にあるアニメ系ショップには、売ってねぇんだよラブライブのCDは。
 ちくしょう、あのアニメイト使えねぇ。
 仕方ないので、週末にでも探しに行く予定。予約しろって話だけども。
 しかし、前回のことりCDは予約しないで週末買いに行ったらどこにも売ってなくて物凄く苦労した記憶が…新宿の店渡り歩いて、やっとどっかで見つけたような、そんな感じ。
 流通そんなしてないんだろうなぁ、もしくは、需要と供給がズレてるのか…

 μ's First LoveLive
 当日の物販アイテムが発表されてた。
 基本的に俺はこの手のグッズには興味がない人なので、買っても数品くらいだろう。
 タオルかTシャツは欲しいかな…
 流石にサイリウムとか、消耗品を全種類購入する度量は無ぇ。
 他、やはり目玉はメモリアルBOXか。
 ソロCD出した3人以外、6人の今までの楽曲のソロVerが収録された全6枚のCD-BOX…ついでにソロCD分3枚、合計9枚のCDが収納できるという機能付き。これがライブ専売。
 おのれ、アイマスのマスターボックスみたいな真似しやがって!
 価格は¥12000と流石にお高いが、今までの楽曲全てのソロVerが6人分、となるとむしろ良心的というか普通なお値段か。それぞれの専用曲があればもっと良かったんだが…
 でもなぁ、2月は欲しいもの沢山出るしなぁ。
 これ買うとエスカフローネのBD-BOXが買えるかどうか…
 悩む。

 あと、何か色々と企画が増えてるみたい。
 秋葉原を舞台にしたスタンプラリー的なものとか、ラブライブカフェ2回目とか。
 春先からはデュオ、トリオでのDCが4枚出るとか。
 大して人気があるわけでも盛り上がってるわけでもない作品なのに、相変わらず見てるコッチが不安になってくるプッシュっぷりである。宣伝や営業は大切だが、本当に大丈夫なのだろうか。
 いや、俺は嬉しいけど。
 ラブライブの弱点というか欠点は、他者に作品を薦めようにも、一つのメディアとして明確なカタチになっている独立した単一作品が存在しない、ということだろう。
 ゲーム作品ならそのゲームを薦めればいいし。
 アニメ作品ならそのアニメを見てもらえばいい。
 しかし、読者企画というのは、まず本誌を購入した上で、こちらから作品に対してアプローチしないといけない、という作品に向きあうまでに二つのハードルを越える必要がある。
 頼みの綱は、CDとPVといったところだが。
 それだけでは、純粋に「一体どういう作品なのか」という明確な情報をユーザに与えることが出来ない。楽曲とPVの出来は大変良いのだが、そこから先に行かせる集客力があるかは疑問である。
 いかんせん、まだキャラクタや中の人だけ、で売れる地盤が無いので。
 今は地に足の着いた作品的なベースを築くのが需要…と、俺は思うのだが。
 もしくは、中の人及びキャラクタにアイドル的な売り方をさせたいのなら、もっと企画にライブ感のあるものを出すべきだとも思うのだけど、公式的にはどうもそういうのはお嫌いらしい。
 ラブライブは、もっと生っぽさを重視した方が良いと思うんだがなぁ。
 我武者羅にキャラクタと作品をプッシュするだけの企画や営業じゃ、新規ユーザは付いてこないだろうな。とは言っても、入り口の大きな企画になにがあるかと言うと、それも難しいのだが…
 やっぱアニメ化かゲーム化かなぁ。
 こんなところで何度もボヤいても仕方ないんだけどさ。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

波多緒理樹

Author:波多緒理樹
アニメ見たりゲームやったり
同人描いたり酒飲んだりする
どこにでもいるような人間

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。