とか

 ライブオンDS

 買ったんですよ、実家に帰省してた時に。
 元々アニメ版見てた時に、実際にカードゲームはするつもりはないけれど(今凄く後悔しているが)、DS版でとりあえずゲームが体験出来るなら買うか、と思ってたんですが。
 一つ問題があって。
 このライブオンDS、ゲーム制作がアクワイアなんですよ。
 好きな人は好きだし、実際に名作珍作を産んでいるメーカで、人によって評価は割れますが。
 俺は駄目な人なんですアクワイア、ゲームの凄い適当な作りがどーも苦手で。
 もうちょっと頑張ればもっと面白いのが出来るのに、とも思いますけど。
 しかも、このライブオンDSは、発売当時も酷い評判だったため。
 結局手を出さないまま、存在を忘れるくらいの年月が経ってしまったわけです。
 最近はTCG熱が上がってるんで、それを踏まえて購入。

 で。
 覚悟はしてたのですが、ゲーム部分の出来がやはり酷い。
 インターフェイスとレスポンスの悪さが凄い気になる…テンポが悪い。
 その上、ゲームを開始して出来ることがマップを移動する、モブとカードバトルをする、しかないので一体どうすれば先に進むのか分からないし、ゲームの目的すらも説明されない有様。
 もうちょっと物語性とか、プレイヤキャラに感情移入出来る演出とか、出来ないかなぁ。
 それから、実際のカードゲームのように、パックを購入してカードを集めるのですが。
 1パック5枚入り、ゲーム内通過で150Pで購入可。
 1度のモブキャラとのバトルで手に入るPが、大体120Pちょいくらい。
 で、上記したようにレスポンスが悪いので、1度のバトルに結構な時間がかかるため…
 数時間延々とバトルして、手に入る新しいカードが10数枚とか、そんなレベル。
 当然、欲しいカードが手に入るわけでもないし。
 欲しい属性のカードすら、手に入らないかもしれない。
 なので、開始時に渡されたスターターデッキで、延々とバトルすることになる。
 新しいカードと、それによるデッキの強化が醍醐味の一つなのに、同じデッキをしばらく使い続けなければならないというのは苦痛だ。当然、簡単にカードが手に入っても駄目なのだが…
 そのバランスが大切だよな。
 カードヒーローくらいしっかりしてれば良かったんだが、任天堂と比べたら駄目か。

 TCGとしてのライブオン、は面白いんですけどね。
 トルクのシステムが面白いので、手札と場にいるモンスターを考慮してアレコレと戦略を練るのは楽しい。何でもかんでも殴りにいくわけにもいかないし、ライブにも制限あるし。
 デッキの枚数=ライフ、なのでドロー能力が決して強いワケではない、とか。
 転じて、相手のライフ(デッキ)を0にするのはたやすいことではないので、むしろ直接ダメージを与えるよりもモンスターを殲滅することの方が重要とか。戦術やデッキにもよるが。
 色々と発展性と拡張性もあるシステムなんだよなぁ。
 難点と言えば、戦闘時でのスキルの使用による干渉と効果の発動/打ち消しのタイミングが凄い複雑ってことか、ギャザみたいに単純なインスタントタイミングで割り込みなら楽なんだが。
 まぁ、そんな感じ。

 ちょっとゲーム部分の出来が悪すぎて、DSはやり続けるか分からないが…
 現状、ライブオンをプレイするにはこれしか方法がないので、少しずつやっていくか。
 ちなみに、リアルでは有志のファンが定期的に非公式大会を開催したり。
 話によると、韓国だかどっかでの展開が開始されたとかで。
 爆丸バトルブローラーズよろしく、復権の可能性も0というワケでもない、らしい。
 …爆丸は特殊中の特殊な一例だけども。
 他。
 TCGと言えばですね、今牙-KIBA-がやりたいんですよ。
 アニメ化もされてたね、朝から凄い重苦しい内容見せられたんで飛び飛びでしか見てないが。
 で、牙もTCGだったんですが、当然1年で展開は終了。
 何せアニメ版が実際のゲームをガン無視した内容だったので、どんなゲームだったのかすら分からないという現状。その上、ネット上では満足な情報もないし、とても気になっている。
 そもそも、ブースターもスターターも見たこと無いぞ、俺。
 …そんな、存在すらも知られることなく消えたTCGとかも多いんだろうなぁ。
 アニメ化されただけでも恵まれている方なのか。

 ライブオンはレンタルDVDしか出てないのだが、安くソフト販売とかされんかなー
 アニメ版は普通にホビーアニメとして大変良い出来だった…あとアイちゃん可愛い。
 踏んでくれないかな。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

波多緒理樹

Author:波多緒理樹
アニメ見たりゲームやったり
同人描いたり酒飲んだりする
どこにでもいるような人間

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる