スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マクロスF サヨナラノツバサ

 劇場版 マクロスフロンティア 恋離飛翼 -サヨナラノツバサ-
 監督/河森正治

 見てきた。
 マクロスFの劇場版二弾、及び完結編。
 前作であるイツワリノウタヒメから実に一年以上の間を開けての公開になる、あまりにもその間隔が長かったので、前作の内容をスッカリ忘れてしまったくらいだ。
 とにかく、あまり気にしないで見ることにする。

 結論としては、かなり面白かった。
 いや、面白かったというよりは、楽しかったと言う感じの作品だった。
 前作からこっち、TV版とは違うストーリーで進行しているので、一体どういう風な展開になるのか、一体どういう風にオチを付けるのかと期待と不安があったが…
 個人的には満足です。
 むしろ、オチに関しては良い着地地点だと思う。
 展開に関しては、かなり強引というか、ほとんど話をまとめるための無理矢理感があったのだけど、逆にそれが話をダレさせない要因になっているので○
 もう展開が早い早い、最後まで飽きさせないフルコースのようだった。
 色んな要素をすし詰めにしたような作品なので、様々な視点から楽しめるね。
 それがマクロスの魅力の一つでもあるのだが。
 作画に関してはところどころ劇場版らしからぬ箇所があったのだが、監督が言うには10日前まで作業してたのことなので、細かいところで妥協した部分はあるのだろう。
 ソフト化される際には、色々と修正されそうだ。
 戦闘シーンはもっとサーカス分が欲しかったかな、でも満足。
 新しい機体も格好いいしね。

 そういうことで、どっちかというと理屈よりも純粋なエンターテイメントとして楽しむ映画だった。まぁ元来マクロスは大体そんなノリなのだけども。
 過去作品のオマージュも要所要所にあったし。
 ゲストとは言え、プラスの主人公であるイサム登場はまさにサプライズ。
 フロンティアは若い子のファンが多いけれども、こうして過去作品や昔からのファンへのサービスをちゃんとしてるところは好きだな。過剰にならない程度にね。
 何にせよ、個人的には満足した。
 前作を見ていないと若干厳しいかもしれないが、映像と話の流れ見てるだけで楽しいので、気になるなら劇場まで足を運んでみるも吉。
 マクロス好きなら尚更。

 鑑賞したのは初日、池袋正午の回だったのだが。
 朝方サンシャインでイベントを行っていた監督の一声で、突然、特別に上映後の舞台挨拶が行われた。全くサプライズどころの騒ぎではないな。
 自分は前列の最右席に座っていたのだけど。
 横切っていった河森監督、遠藤綾、中島愛を間近に見れたのは収穫だった。
 舞台挨拶の内容は、ネタバレ含んだ三者のトーク、ってところ。
 いい話を聞けた。
 来年はマクロス30周年ってことで、何か用意しているみたいね。
 一度オールスターみたいなの見てみたいんだけどなぁ、マクロスには合わないかな。
 今の技術で歌うイシュタルが見たいです先輩。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

波多緒理樹

Author:波多緒理樹
アニメ見たりゲームやったり
同人描いたり酒飲んだりする
どこにでもいるような人間

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。