スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

軽薄

 ライトノベル話

 久しぶりにラノベ買ったんですよ、ラノベ。
 先週末、友人達と飲みに行ってたんですけど、その帰りにノリで。
 …こういう風に、酔った勢いでラノベを買う、ということがたまにある。
 正直なところ、自分は今のラノベというものに偏見を持っている。読み手としてはもう遠ざかってしまったので、文章的な面白さは何とも言えないが、少なくともラノベ原作アニメのつまらなさは異常だからだ。
 もうね、テンプレ化した美少女のハーレムものとかお腹いっぱいだし。
 俺はもっと、少年の心をワクワクさせるようなものが欲しいんですよ。
 そんなボクは、ロードスとかスレイヤーズとかオーフェン世代ですが…
 …今の世代ととやかく言う権利は無いかもしれない。
 あ、オーフェン新シリーズ出てたんだった、それも読まなきゃ。

 僕の魔剣が、うるさい件について/宮澤伊織

 というのを買った、読んだ。
 購入した理由の一つは、平積みされていた新刊の中で、結構減りが激しかったから。
 もう一つは、これが続刊ではなく、第一巻だったから。
 分かりやすいですね。
 最近のラノベは巻数も多いのねー、今アニメやってるCキューブとか13巻が新刊フロアに並んでいて少し驚いた。あの内容で、一体どうやって13巻まで続けたのだろうか…
 そういう意味では気になる。
 それはさて置き、この僕魔剣ですよ。
 主人公は、亡くなった祖父の蔵から一本の日本刀を見つけるが、ソイツは他の人には見えないツンデレ美少女で、流されるまま魔剣を巡る戦いに身を投じていく…
 という、とても分かりやすい話だった。
 ホラ、アレですよ。
 今時、何でも擬人化/美少女化するなんて日常茶飯事、刀が女の子になったって普通。
 突然生死をかけた戦いに巻き込まれるとか普通。
 なので、最期まで読みましたけど、始終普通だなぁ、という感覚が抜けない作品でした。
 キャラクタは、最近のラノベにしては癖がなくて落ち着いてる印象。悪く言えば地味、良く言えばくどくないので不快感もなく受け入れられることが出来る。個人的には後者で、そういう点ではとても読みやすかった。
 帯や作品紹介では、主人公が手にした魔剣が、ツンデレで毒舌家…としきりにアピールしているのだが、本編を読むと別段そうでもなく、むしろ可愛げがあるくらいの駄々っ子という印象。
 おかげで、地味にはなっているのだが…
 本質が刀、なのでモノを切りたがる習性なのが特筆するところなのだろうか。
 文章的には、良くも悪くもラノベ。ナニやってるかよく分からん箇所も多いし、構成も余裕がないというか、必要な設定を説明するシーンをブチコミましたという感じで、日常シーン的な遊びがない。
 読んでいて、別段面白いとは思わなかったかな。
 これなら、魔剣は全部擬人化出来て、魔剣の所有者だけはその全てを知覚出来て、もっとキャラ増やして人間と魔剣のドタバタコメディにした方がまだマシだったかもしれない。
 半端にシリアスで、ちゃんと人が死ぬ戦いをやっているから、刀が美少女に!?という要素があんまイイ方向に作用していない感じ。全ての要素がまだ絡み合ってないんだよな、うん。
 物語は、オレタチの戦いはこれからだ!というような感じで終わってるんですが。
 二巻は出るんでしょうかね。
 評判次第でしょうけど…出るかなぁ…
 刀に意思があって、それぞれの刀に特殊能力があるというBLEACH的なノリは嫌いではないし、アニメ映えする設定だなぁ、とは思ったので、このまま地味に続けばいいんじゃないだろうか。
 二巻でたら、その時は買うかも。一巻何か半端に終わってモヤモヤするし。

 で。
 久方ぶりにラノベとか読み漁りたい気分になってきた。
 来期でアニメ化が決定してる作品でも手にとってみようかしら、サクラダ何とかが気になる。
 今流行ってるのって何だろうかね。
 …そういえば禁書目録も半端なところで止まってたんだった、続きでも読むか…

 さて、今日は祝日ですが、週末までちょっとヤボ用でフラフラしてきます。
 うーん、慌ただしい。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

波多緒理樹

Author:波多緒理樹
アニメ見たりゲームやったり
同人描いたり酒飲んだりする
どこにでもいるような人間

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。