スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

劇場版スイートプリキュア

 映画 スイートプリキュア♪ とりもどせ!心がつなぐ奇跡のメロディ♪
 監督/池田洋子

 見てきた。
 毎度お馴染み、プリキュアの劇場版。
 公開初日に見るのが習わし、本当は舞台挨拶が見たかったけど…チケット即完売ですよ。
 なので、初日午後の回でゆったりと。
 当然と言えば当然なのだが、新宿の映画館だというのに親子連れで満員。プリキュアくらいのタイトルなら、わざわざ都心に出なくでも、地方のシネコンで良いだろうに…
 さて。
 本作で注目したいのは、監督が池田洋子、ということだろうか。
 過去には東映での他作品でシリーズディレクターも務めた実力ある方なのだが、プリキュアではスイート初参加。そして、当然プリキュアの劇場版では初監督である。
 うーん、相当信頼されてるんだろうか。
 何にせよ、スイート自体は好きなので、期待することにする。

 突如、加音町にハウリング音が響き渡り、音楽が消失してしまう事態が起こる。
 メイジャーランドに連絡を取る響達だったが、反応が無く…不安に思った一行はメイジャーランドに向かうが、そこには音楽が消え果て、変わり果てた姿だけがあった。
 そこで、アコの友人である少女・すずに出会うのだが、彼女はアコを拒絶し、メイジャーランドをこんな風にしたのは、女王であるアフロディテだと告げたのだった。

 そんな内容。
 プリキュアの劇場版は、伝統として劇場版用の別の世界、国に行くのだが。
 今回はそうではなく、TV本編でも重要な位置にあるメイジャーランドを舞台にして、危機を救うことになる。こういう舞台になったのは、様々な事情があったみたいね。
 そして、劇場版の内容がTVとリンクしている、というのもある。
 TV版36話、37話の間に起こった話、として作られており、中盤のクライマックスを描くと共に、ラストへと向かっていく序章的なものになっている。
 で、感想ですけど、個人的には良くも悪くも普通な感じでした。
 全体的に地味で、どうにもパッとしない。
 キャラクタの掛け合いや表現などは、スイートらしさがとても出ていて満足なのだけども、脚本や展開には不満が残る。簡潔に言ってしまうと、劇場版らしくないと言うか。
 上述したように、この劇場版はTV版とリンクしている、のだが。
 それが逆に仇になっている感じで、つまりTVでやればいいことを、わざわざ映画としてやっている感がある。つまり、劇場版!というような、派手さと特別さが無い、のだ。
 それはそれで、いつものスイート、を楽しめるとは言えるのだが…
 やはり、ここは劇場版、が見たいのだ。
 特に残念と感じたのはここかな、劇場で見るようなものじゃない感が凄かった。

 脚本は、分かりやすく王道。これは女児向けとしては非常に正しい。
 ただ、メフィストがアコの好きな歌、を如何にして思い出したのかという下りが曖昧だったり…結局すずはアコに謝っておらず、それまでの話の流れがブツ切れてたり。
 ミューズ変身して吹っ飛ばされただけ、とか、何か腑に落ちない箇所がいくつか。
 メイジャースリーとか、どうやって、何のために出てきたのかよく分かんないし。
 映像としては演出が良かったのが幸いだったけど、ストーリーを形成する要素に、小さなほころびがいくつかある感じがして…最後まで違和感が拭えなかった。
 いいんだよ細けぇことは!と言ってしまうことは出来るのだが。
 その細かいこと、を気にさせないだけの他の要素、が特に無かったのがね。

 とは言え。
 アクションは最高、スイートはTVでもあまり動かないのだが、動きまくり。
 変身や必殺技がバンクなのはちょっと寂しかったが…
 あと、メフィストが凄い活躍。特にTVでは今まで悪の大ボス、だったワケなので…幼女へのアピールを考慮してなのか、ギャグ要員としても、脚本の軸としても目立ってた。
 アコと父娘の絆を描く、という側面もあり、親御さんへの見所でもあるのだろう。
 アフロディテとイチャイチャもしてくれたしな!
 そして、当然キャラクター達はとても活き活きとしていた。これは、むしろ劇場版ではなく、TVの延長っぽい、ってのが上手く作用しているのだと思う。
 よそ行きというか、小洒落た感じはなく、いつものスイート。
 ここは良し悪しが難しいところだね。

 そんな感じ。
 やはり、良くも悪くもいつものスイートプリキュア、って感じでした。
 別に期待外れ、というわけではないのだけど、スイート劇場版!ってのを期待していた身分としては、やはり物足りないなーと思うところが多々あります。
 でも、これは好き好きだとは思います。
 女児向けとしては妥当な内容だし、キャラクタは相変わらず魅力的だし、別段奇を衒ったような内容でもないので、安心して見れる作品という点では、良いのかもしれない。
 悪く言えば、無難という言葉に落ち着いてしまいますが…

 で。
 映画のラストで、プリキュアオールスターズの新作のCMが出て大興奮ですよ。
 オールスターズは、去年のDX3がラスト宣言がスタッフからされていたので、もう無いのかと思ってたけど…そりゃ、いくらなんでもプリキュア増え過ぎだもんなぁ。
 次回オールスターズは、新しい展開、を用意したものになるとのこと。
 多分、戦隊やライダーのように、前年度/新年度のVSかな、と思います。
 いやぁ、スゲェ楽しみですな。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

波多緒理樹

Author:波多緒理樹
アニメ見たりゲームやったり
同人描いたり酒飲んだりする
どこにでもいるような人間

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。