スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

バック・トゥ・ザ・フューチャー

 バック・トゥ・ザ・フューチャー
 監督/ロバート・ゼメキス

 午前十時の映画祭
 時間作って見てきました。
 今更説明も要らない、SF映画の傑作。もうヤバイくらい好き。
 とは言え、TVでの放送を何度も見たり、ソフトを購入したりと、映像としてはもう穴が開くほど見たのですが、年代的なこともあってスクリーンでは見たこと無かったんですわ。
 で、今回のコレです。
 こりゃ見に行かないと、というワケだったとさ。

 やっぱり劇場の設備、雰囲気は良いもんです。
 相変わらず最高だった、展開も全部分かってるのに面白いとかどういうことなんだろう。
 発想、キャラクタ、キャスティング、映像、脚本、音楽、完璧過ぎる。
 伏線の張り方と回収が絶妙だよね、それを上手く利用したユーモラスな台詞回しと演出も良いし、細かい突っ込みドコロもあるんだろうけど、全く気にならない展開。
 テーマが普遍的だから、内容も20年以上経った今でもそんな古臭くないし。
 小難しい単語も特に無く、分かりやすいし鑑賞する状況を選ばないのも良い。
 今回も、時間が時間なのに観客席がかなり埋まっててちょっとビックリしたさ。
 年齢層も、ご年配の方から若い人まで。
 人気のある証拠なんだろうなぁ。
 こういう、タイムトラベル、タイムリープものって実際名作多いよね。
 一定の年数の度に、ブームが起きてる印象。
 SFの定番ネタではあるけども。

 BTTFは、PART1.2.3とあるけれど。
 個人的には2が一番好き。
 2は続編として盛り込まれたギミックが凄すぎる、これでもかとてんこ盛りされた小ネタ、前作とのリンクには美しさすら感じる。これで面白くないワケがない。
 …問題点と言えば、1を見ていないと魅力が半減するってところだろうか。
 純粋な続編、だからなぁ。
 そんなBTTF、やっぱり良い作品だなー、と再確認。
 普段は吹き替えで見てることが多いので、久々に字幕版見れて新鮮だったし、大満足。
 BD-BOX持ってるから、いつでも見れるといえばそうなんだが。

 さて、午前十時の映画祭。
 そろそろラストスパート、でも近所でやるのではもう見たいのが無いかなぁ…
 このまま、来年第三回もやって欲しいものよね。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

波多緒理樹

Author:波多緒理樹
アニメ見たりゲームやったり
同人描いたり酒飲んだりする
どこにでもいるような人間

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。