スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

心は飴色

 海賊戦隊ゴーカイジャー 28話

 ついにジェットマン回。
 本放送は小学校低学年の頃、そろそろ特撮を卒業する時期だったものの、毎週楽しんでた。
 そういう意味では、子供の頃好きだった特撮ヒーロー、ではないけれども。
 幼いながらも、純粋に面白い、とか格好いい、と思って見てた作品なんだろう。
 全体的に漂う、子供番組にはない大人っぽさが好きではあった。
 トレンディ、と言われると、もう古臭いようなノリだけども。
 それに何より、結城凱が好きだった。
 アニメとかだと結局二次元なので、どんな好きなキャラでも格好いい、で終わるんだけど。
 実写だからねぇ、男としての格好良さ、を意識したのは凱が初めてだった。
 とにかく、戦隊で一番好きなジェットマン。
 ゴーカイではどういう扱いをされるのか、は期待したいところ。

 内容はかなり満足なものだった。
 今までのレジェンド回と比較しても、出来が良い方なんじゃないだろうか。
 凱のキャラクタは崩れることなく、というか壮年になった若松さんが演じると、渋さが加わってさらに格好良い。画面に登場しただけで、凱だ、って分かる凄い存在感。イカス。
 ジェットマンという作品のイメージや、特に最終回を壊すこと無く、上手いことレジェンド戦隊として活躍させてくれたと思う。スタッフも神経使っただろうなぁ。
 その上で、ちゃんとゴーカイの連中にも花を持たせる。
 脚本はジェットマンでも担当した井上俊樹、良いモノを仕上げてくれたと思う。
 作中での小ネタや、リスペクトも小技が効いてたしねー
 アコちゃんヌードルとか、あの1カットのためにわざわざ用意したのかよ!とか。
 凱が最後に消えて行くのも、ベンチでとか、泣けるじゃないか。
 普通の生活を送っている4人を守るために戦ってるとかさ、もう。
 くそぅ、格好良過ぎる…!
 ゴーカイジャー、として見たらちょっと異質感がある雰囲気だったかもしれないが、今の子供達がこの回でジェットマンに興味を持ってくれれば有難いかな。
 …今だと、ちょっと刺激が強いシーンもあると思うけど。
 トランザの最後とか、今放送出来ないでしょアレ。

 ホント、満足ですわ。
 ジェットマンの続編とか新作として、凱が復活するのには抵抗あるけども。
 ゴーカイジャーというお祭作品で、こういう風に扱ってくれるのは大歓迎。
 界隈でも結構評判良いみたいやね。
 でも、ジョーが変身したマッシヴなブルースワローは少し気持ちが悪かった、こういう時オリジナルと性別が違うと色々と戸惑うわよね。ルカのイエローオウルはエロかったけどさ!
 ゴーカイも折り返しを越えてたけど、まだまだレジェンド回には期待できそう。
 …ただその反面、レジェンドを重視し過ぎて、ゴーカイジャーとしての話があんま進んでないな、と思うことはある。ゴーカイのキャラ自体は立ってて面白いんだけどもね。
 その辺の両立は難しいだろうしねぇ。
 以降、レジェンドとして出演が確定しているのはライブマンの西村さんかしら。
 うーん、楽しみだ、ライブマンも好きだったなぁ。
 中田譲治さんも出てくんないかな、声だけでいいからさ。

 仮面ライダーフォーゼ 1話

 平成仮面ライダーシリーズ最新作、仮面ライダー生誕40周年記念作品でもあるらしい。
 キョーダインのスカイゼルを彷彿とさせるデザイン、Wとオーズに続いて4つになるベルトのアイテム 主人公の前時代的なヤンキースタイル、そしてライダー初の学園モノ。
 等々、何やら前評判だとここ数年のライダーの中では低い方じゃなかっただろうか。
 Wやオーズは、デザインとかは格好良かったしね。
 さて、そんな新ライダーの一話。
 作品の世界設定や、ライダーのことやら敵となるゾディアーツのことやら説明不足なのは否めないのだが、それを帳消しにするキャラクタの濃さとノリがあったと思う。
 面白ければ細けぇことはいいんだよ!的なものだろうか。
 主人公が単純、良い意味で二昔前くらいの学園モノ主人公みたいな性格/ビジュアルなので、逆にある意味斬新。言動や格好に対して親御さんからクレーム来なければいいけど。
 肝心のフォーゼも動けば格好良い、ちょっとマヌケではあるけれど。
 今回の販促商品になるアストロスイッチは、個別に差し替え、フォーゼの武器として手早く使用することが出来るので、テンポよく戦法がコロコロ変えることが出来て楽しい。
 オーズだとメダルを変えるごとにスキャニングしないといけなかったんで、これは良い。
 いやぁ。
 面白いじゃないか。
 オーズはライダーのギミック自体は好きだったんだけど、肝心の内容がどうにも話が全く進まないことにヤキモキして、途中から全く見なくなってしまったんで…
 今年はしばらくついていくことにしよう。



 ヴァンガード話

 ファイトパックVol.3の収録カード、全て効果が判明した模様のようで。
 公式では魔界王決定戦は5日から、となっていたけど、一部先日から開催してる店もあったようだ。
 うーん、羨ましい。

 ダクイレのナレッジ・ドランカー G2/8000
 アタックヒット時に、Vがダクイレなら手札から一枚ソウルに入れることにより、1枚ドロー。
 ダクイレには有難いドロー能力持ちだけど、結局手札の数は変えられないのがネックか。要らないカードを交換出来るのは有難いけど、ダクイレにそんな余裕あるんだろうか。
 ロイパラのホーリーディザスター・ドラゴン G3/10000
 アタック時に手札のロイパラを捨てることで+5000、V/R両方可、というのは有難い。
 使いどころは難しそうだけど、後衛に5000置くだけで20kなんだよな。ばーくがるがいれば活躍はあったかもしれないが…デッキによっては採用の価値はあるかもしれない。
 たちかぜ、砲撃竜スレッジアンキロ G0/5000
 たちかぜの初PRカードはドロートリガー、能力はロイパラのまぁるがると完全に同じ。
 ソウルを活用するスキルがないたちかぜにはアレだが、手軽にユニットを+3000出来ること、特性上手札/場が安定することを考慮すれば導入するのも有りかも。
 オラクルのブルースケイル・ディアー G2/8000
 アタックヒット時、VがオラクルならSB2で1ドロー。ライブラの簡易SB版といったところか。
 使用するのはソウルなので、ココ軸に採用するのも有り。G1/7000が増えた今のオラクルなら十分だろう、相手にガードを誘うことも出来るしね。俺これは欲しいわー

 Vol.3は豊作ねー、2の残念ぶりが嘘のようだ。
 考えれば使いどころがある、くらいの能力に上手くまとめてある感じ。ジャイロとパープルは必須過ぎてPRとしてはアレだ、という批判の声もいくつか聞こえるが…
 でも、全く使えないPRばかりだと、それでも文句言うんだよな、そういう連中って。
 …流石にコレは極端かもしれんけど。
 ともかく、少なくともコレで大会に行く気が上がったのは確かだ。
 使いどころがありそうなので、どれが当たってもいいかな。
 パープルは最低でも3枚は集めたい…あと出来ればディアーも。

 アニメの方
 今回はキャラクタも多くて、何か最近の鬱々した内容を晴らすかのようで面白い
 櫂君が料理得意ってのも分かったしな、料理の出来る男は良い。
 こんなもんか、と言いながらご満悦の表情の櫂君は格好良いというか可愛いな、うん。
 そして、いよいよアニメでも実践的なデッキとプレイングが展開される予感。
 アイチのデッキは、好きなユニットを集めました、という感があったのは否めないので…次回で、どういう戦術をベースにしてデッキ構築するのか、楽しみではある。
 ばーくがるもFV禁止になったし、その辺も気になるねー
 来週はいよいよ水着回…なんだろうか、予告ではカムイ君と森川しか脱いでなかったが。
 今回からの新OPはちょっと微妙な感じ。
 前期OPが王道だった分、パンチが弱いかなー、とも思う。
 アニメーションも使い回し多かったしなぁ…少し残念だがスルメ曲っぽいし、いいか。
 このCDにもPRカード付いてくるんだろうか。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

波多緒理樹

Author:波多緒理樹
アニメ見たりゲームやったり
同人描いたり酒飲んだりする
どこにでもいるような人間

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。