スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

食い合せ

 ヒーローズプレイスメント話

 先日21日に秋葉原で開催された、一日中体験会、に参加してきた。
 最初期に一度体験会には参加したことはあるものの、その時は使用したカードはプロキシな上、ルールの方もまだ未整理な部分もやや残る、むしろ公開βテストみたいなものだった。
 だが、今は製品版のカードを使ったものになる。
 その上、参加特典として、体験会用デッキが丸々一つ貰えるという太っ腹っぷり。
 これは、とりあえず参加するだけの価値はあるだろう。

 ルールなどに大きな変更箇所は無かった印象。
 適度な運要素、ルールの理解しやすさ、そこまで難しくはないものの、中々頭を悩ませるプレイングなど、非常にミドル層向けなゲームデザインが大変よろしい。割りと好みなゲームだ。
 美少女TCGなので、その辺で好き好きが大きく分かれそうだが。
 で。
 実物のカードを手に入れたのだが、紙質はそこそこ良い感じ。
 ラストクロニクルと同じくらいかな。
 デザインもスッキリしてるし、裏面は白を基調にして煩くない。テキストボックス…というか、テキストが簡素過ぎてイマイチ効果がわかりにくいという印象は多少ある。
 一番特徴的なのがフレーバーで、まるでイラストの煽り文のようである。
 ピンナップ的というか…これはちょっと新しい。

 発売を来月に控え、プロモーション的にも大きく動いているようなヒロプレだが。
 正直なところ、そもそも美少女系のTCG、自体にあまり集客力はないように思える。
 美少女モノってのは大体のメディア媒体にはあるけど、TCGとはユーザ層的に上手く噛み合わないんだろうな。ゲームのプレイそのものと、美少女を全面に出すのが相反してるというか。
 美少女を愛でたいなら、それこそ適当にアニメやら美少女ゲームに手を出せばいいし。
 美少女だけを求める人には、TCGのゲーム要素がむしろ邪魔なんじゃないかねぇ。
 TCGのキャラクタとして美少女がいる、ならそれはともかくとして。
 この辺、もうちょっと上手い売り方があれば化けると思うのだけども…難しいかしらね。

 コロッサスオーダー話

 公式大会以来の大会(公認)に出てきた。
 使用するのはロスゼルド(魔神)デッキ。
 先日の公式大阪大会もギガンザス祭だったそうですけど、こんだけギガンザスが流行ってれば、逆にメタもしやすくなるってもんです。
 ロスさんもギガンザスほど安定はしてないけど、攻撃3以上のフォロアーも増えたんでそこまで手札に困ることもないし、ジェムコン対策に闇の衝動も問題なく入れられるしね。
 ジェイドさんは入れないので、ロスゼルドの仕事がドローするだけマシーンなのがアレだが。
 キャプジェム破棄でソア得たりパンプしたりする2コスの魔神とか出ねーかなー

 大会には俺しかいなかったんだけどね。
 仕方ないので店員さんと対戦、何か最近店員さんとばかり対戦してる気がする。
 結果としては勝てたのだけど、割りとギリギリだったので、色々と改良しよう。
 2.3コスト帯で攻撃力3あるフォロアーがもう少し欲しいんだよね、現状闇に憑かれし者と魔窟くらい?低コストにインプとか蠱惑とか優秀なフォロアーが多いのは助かるんだけどさ。
 ロスゼルドの効果はユニークだと使用出来ないので、もうちょっと気軽にサクれればと思うが、流石にそれは高望み過ぎるか。他のコロッサスの現状を見る限り。
 三弾の石面の魔将がなぁ、コロッサス能力で破棄しても手札に戻ればなぁ。
 あと、ジェイドさんのパンプいらないから、2コスで3/1だったら良かったのに。
プロフィール

波多緒理樹

Author:波多緒理樹
アニメ見たりゲームやったり
同人描いたり酒飲んだりする
どこにでもいるような人間

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。