スーパーヒーロー大戦

 仮面ライダー×スーパー戦隊 スーパーヒーロー大戦
 監督/金田治

 見てきた。
 毎年、戦隊と仮面ライダーは今年度と前年度の作品同士でVSを行うのが通例になっているが。
 今回は、単独映画としては初の、戦隊とライダーのVS、共演になる。
 メインを務めるのは、互いに過去の作品への変身能力を持つ仮面ライダーディケイドと、海賊戦隊ゴーカイジャー。それに加えて、現役である仮面ライダーフォーゼ、特命戦隊ゴーバスターズ。
 まぁちょっと、東映特撮のお祭ムービーは少々食傷気味ではあるのだが…
 とりあえず、戦隊もライダーも好きなので礼儀として見ておくことにする。

 突如として、互いに戦隊とライダーに敵対するディケイド/士とゴーカイレッド/キャプテンマーベラス。ジョー達が理由を聞くも、答えは戦隊とライダーは共存出来ない、とだけ残していく。
 二人の真意が分からないまま、戦隊とライダーの戦いはその火の粉を広げていくのだった…

 そんな感じ。
 お互いが俺様キャラでもある士とマーベラスが、それぞれ戦隊とライダーの悪の大幹部を引き連れて、我が物顔で潰し合いをしていくという最初からクライマックスな内容。
 それに対し、ジョー達ゴーカイ連中と、海東、それから仮面ライダーオーズより比奈をメインにして話が動いていく。というか比奈チャンは多分映司君よりも出番あるんじゃない?
 そういうワケで、スーパーヒーロー大戦、と銘打って入るけれど。
 流石に、基本的な主軸になる作品/キャラクタは、かなり絞られています。

 個人的には、そこそこってところ。
 界隈ではボロクソに罵られているようですが、そこまででもないと思うし。
 勿論、賞賛は出来ないし、アレなところも多いのですが、それでもお祭ムービーとして最底辺とも言えるレッツゴー仮面ライダーよりかはよっぽど面白かったですし。
 俺、ディケイドもゴーカイも好きですし。
 というのも、そもそも本作はスーパーヒーロー大戦、ではなく。
 むしろディケイドVSゴーカイジャー、と言った方が正しいと思います。
 なので、スーパーヒーローのお祭、を期待して見に行くとかなり残念なことになるだろうし、ディケイドとゴーカイジャーが好きならば少なからず満足出来るのではないかと。
 というよりも、見所というか、褒めるトコロがそこくらいしかない作品なので。

 とにかく、話の作り方が雑。
 それこそ、大ショッカーとレッツゴーでやったようなネタをここでもまた使うのかよ!
 そんな既視感しか無かった、監督と脚本が同じ時点で覚悟はしていたことなのですが。
 ヒーロー入り乱れての大乱闘、としても数が多過ぎて逆に散慢になっているし、これこそもうオールライダーや199ヒーローで見飽きていて、特に興奮しなかった。
 ライダーVS戦隊、というととても胸が高鳴るコラボでもあるんですけど。
 それを引っ張っていけるだけの意外性や魅力、までは無かったって感じですか。
 慣れってのも考えものですね。
 そうなると、結局のところ「やっていることはいつもと同じ」になるワケです。
 だとすれば、そのいつもと同じ事を、ダレがやっているか、が重要になります。
 つまり、これがディケイドとゴーカイジャー好きには楽しめる、という理由になると。
 そんな理屈です。

 さてそれを踏まえた上で。
 士と海東の奇妙な友情?やらジョーのマーベラスへの純粋な思いなど、それこそディケイド/ゴーカイ好きにはある意味たまらない展開は盛り沢山なので。
 楽しめる人は限定されるものの、決して皆無ではないと思う。
 俺は素直にそこそこ楽しかったし。
 もうね、ジョーさんが主人公過ぎてもう、俺の心がキュンキュンしまくりですよ。
 逆に言うと、ライダーVS戦隊のスーパーヒーロー大戦、というタイトルから想像出来るような内容を純粋に求めている人には、それはもうオススメ出来ません。
 ほとんどのヒーローは活躍しませんし、その他大勢の一人にしか過ぎず。
 投げやりな展開にはうんざりし、似たような映画を前に三回くらい見たな、と思うだけ。
 劇場に足を運ぶだけ無駄です。
 そんな作品、ディケイドとゴーカイが好きならどうぞってところ。
 あと、気になったのはいい加減電王贔屓は止めてくれというか、流石にもううんざりするというか、寒いというか、見ているコッチが恥ずかしいというか。
 電王好きだけど、ここまで出しゃばられても困るわなぁ。
プロフィール

波多緒理樹

Author:波多緒理樹
アニメ見たりゲームやったり
同人描いたり酒飲んだりする
どこにでもいるような人間

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる